中村智昭 – MUSICAÄNOSSA / Bar Music Shibuya,Tokyo | & Premium (アンド プレミアム)

MUSICAÄNOSSA / Bar Music Shibuya,Tokyo 中村智昭


January 28, 2022 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/中村智昭 vol.4

January.28 – February.03, 2022

Saturday Morning

ab67616d0000b27328bcf11dd573800e8204c778
Title.
Suite Pra Pular Da Cama (e Ver O Brasil)
Artist.
Orquestra Popular De Câmara
2022年最初の月のセレクターにご指名いただいたので、一年のスタートに相応しい鮮度の高いものをと思い2021年の最新リリースにこだわって選盤してきましたが、最終週の2枚はアウトロ的にオールタイム・フェイバリットを。実は「土曜の朝の音楽」というテーマに対して最初に連想したのが本作で、何しろ邦題がその名も「ベッドから飛び降りてブラジルを見るための組曲」。制作されたのは1998年、僕が日本国内盤で初めて聴いたのは2000年頃。その後しばらくして書いた紹介文に「ブラジリアン・アコースティックのネクスト・レヴェル」という表現を使ったことがあるけれど、時を経て今こうして改めて聴いてもやはり同様の感想を抱いてしまう。ここにあるのは驚くほど高い次元で交錯する技術と想像性、そして培われたリズムの完璧なる融合。ベンジャミン・タウブキン、ホーネン・アウトマン、トニーニョ・フェラグッチら当時の気鋭新世代と、パット・メセニー・グループへの参加などでも知られた伝説のパーカッショニスト、ナナ・ヴァスコンセロス等による奇跡のセッション。トータルは16分27秒。こんなにも壮大で美しく、冒険に満ちた楽曲を僕は他に知らない。
アルバム『Orquestra Popular De Câmara』収録。

Sunday Night

R-7517582-1443126021-8809
Title.
Inside A Silent Tear
Artist.
Blossom Dearie
昨年秋の&Premium 97「静かに過ごす時間が、必要です。」号のブックインブック「週末を静かに過ごすための音楽」に参加させていただいた際に、「ホットワインを飲みながら聴くジャズ・バラードを二枚紹介してください」というオーダーが編集の方からありました。当初は大好きなブロッサム・ディアリーの本ライヴ・アルバムを選ぶつもりだったのですが、調べてみるとiTunesやSpotifyといったサブスクリプションで聴けないことが判明したため、他の作品にすることに。しかしながらこれ以上のレコードもないと未だに思っているので、この機会に紹介させてください。1984年4月、ニューヨークでピアノとヴォーカルのみで実況録音されたもので、小さな会場なのかオーディエンスとの距離感もいい。普段より少し綺麗な服を着て、日曜の夜にこんな親密な雰囲気の彼女の演奏会に出かけられたら、どんなに素敵だろう。中でもB面の4曲目「Inside A Silent Tear」が個人的にはハイライトで、この上なくキュートな歌声の「ラララ」は、演奏が終わっても脳内で何度もリフレインしてしまう。そのクレジットに目を落とすと、自作曲であるという。本当に素晴らしい音楽家だと思う。
アルバム『Et Tu Bruce, Volume VIII』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


January 21, 2022 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/中村智昭 vol.3

January.21 – January.27, 2022

Saturday Morning

Print
Title.
Seasons Change
Artist.
Small Circle of Friends
休日の朝、洗濯機を回しながら部屋の掃除をする。そんな時のBGMにはしっかりしたビート、口ずさめるメロディー、そしてポジティブな歌詞があるといい。クラムボンもカヴァーした1997年の名曲「波よせて」で知られるスモール・サークル・オブ・フレンズによる、最新12thアルバムの一曲目。パンデミックによって日常となってしまった非日常を背景に、彼らは変わらぬ調子でサンプラーを操り歌い紡ぐ。トラックは身震いするほどにクールだ。2021年はホセ・ゴンザレス、キングス・オブ・コンビニエンス、Calm、そしてこのスモール・サークル・オブ・フレンズと、20年越しで聴いているアーティスト達が立て続けに素晴らしい新作を発表した嬉しい年だった。
アルバム『Cell』収録。

Sunday Night

ab67616d0000b2736c1ce9183c073c44829b7b77
Title.
Mercy Mercy Me(The Ecology)
Artist.
The Vernon Spring
僕はあまり独り言を口にすることはないのだけれど、この極限までメランコリックな「Mercy Mercy Me(The Ecology)」を真夜中に初めて聴いたときに、「天才か」と思わず声が漏れた。エイミー・ワインハウス、ハーバート、カインドネス、ブラッド・オレンジらの作品にも参加するマルチ・インスゥトルメンタリストにして作曲家/プロデューサーのサム・ベステによるソロ・プロジェクト、ザ・ヴァーノン・スプリング。1stアルバム『A Plane Over Woods』にも魅了されたばかりだったが、これは聴き慣れたマーヴィン・ゲイのカヴァーだからこそ、より斜め上を行っているように感じる。ジャズなのか、エレクトロニカなのか、ソウルなのか、アンビエントなのか、はたまたそれらの全てなのか。旋律の断片が生まれてはすぐに溶けてゆくのだが、最後は馴染みの場所にしっかりと帰着するような不思議な感覚がここにある。
シングル「Mercy Mercy Me(The Ecology)」収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


January 14, 2022 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/中村智昭 vol.2

January.14 – January.20, 2022

Saturday Morning

600x600bf-60
Title.
I Need You
Artist.
Park Hye Jin
パク・へジンは韓国出身、メルボルンとロンドンを経て現在はLAを拠点にする才女。老舗の名門レーベル〈NINJA TUNE〉リリースによる2021年デビュー・アルバム収録曲で、イントロの超キャッチーなピアノのフレーズは、よく晴れた土曜日の朝にぴったりなイメージだ。一方で歌ともラップとも言えそうな彼女の気だるい声は、少しばかり怠惰な休日の始まりも連想させる。2010年代以降のビート感たっぷりの先鋭的なトラックに乗る「I Need You」というフレーズのリフレインは中毒性に溢れ、思わず何度も繰り返してしまう。
アルバム『Before I Die』収録。

Sunday Night

1008348181
Title.
Reflection Eternal
Artist.
haruka nakamura
日曜の夜、ひとり静寂の時間に故人に思いを馳せることがある。特に2010年に急逝したNujabesは、多くの音楽ファンにとってそうであるように、やはり特別な存在だ。かつて生前のNujabesと制作を共にした haruka nakamuraは、主人を失ったままのスタジオを没後10年の機に訪れ、「Reflection Eternal」をカヴァーした。突如止まってしまった時を少しだけ前に進めるような感覚をもたらしてくれたこの作品には、うまく言えないが、感謝の念さえ抱いている。残された者に何ができるかを僕はDJ、選曲家、または店舗経営者として考え続けてきた。長いパンデミックにある現在、もしNujabesが生きていたら、彼は何を、どうしただろうか。
EP『Reflection Eternal EP』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


January 07, 2022 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/中村智昭 vol.1

January.07 – January.13, 2022

Saturday Morning

600x600bf-60
Title.
Music
Artist.
Cleo Sol
休日の始まりに、「音楽」を聴く。キャロル・キングやサティマ・ビー・ベンジャミンなど、ミュージシャンが自身の曲のタイトルに「Music」を冠する際の気概のようなものに以前から特に惹かれてきたが、UKのフィメールシンガーであるクレオ・ソル2021年新作のそれもやはり素晴らしい。アレンジから一聴して想起したのはミニー・リパートンの1stアルバム『Come To My Garden』の「Les Fleur」だったが、アナログ盤が到着しアルバム全体を繰り返す中でそのイメージは徐々に変化し、むしろミニー・リパートンなら2ndアルバム『Perfect Angel』の「Lovin’ You」を引き合いにすべきだとも思うようになった。リヴィングのソファーでわが子を抱える彼女の表情は、強くも、優しくもあるように見える。間違いなく20年後の土曜日の朝にも聴いているであろう傑作。
アルバム『Mother』収録。

Sunday Night

156978326
Title.
Reverie op.1
Artist.
Eriko Uegaki
横浜を拠点に活動するピアニストである上柿絵梨子が、パンデミック〜緊急事態宣言発出によって混迷を極めた2020年の春にスタートさせた即興演奏のプロジェクト「Rêverie 日曜日の夢の始まり」。毎週日曜日の夜にYouTubeにアップされた彼女の演奏は、皆が穏やかな夜を過ごせるよう祈りながら、ゆっくりと丁寧に編み込まれたソロ・ピアノだった。ここでは形式上冒頭の「Reverie op.1」を紹介するが、収録された「Reverie op.10」までの全編が組曲的に静寂の夜の音楽として相応しい。2021年1月の本CDリリースからちょうど一年が経った。まだ長いトンネルの出口には至らないが、今こうして文章を綴りながらあらためて聴いても、それはやはり微かな希望の光のように感じる。
アルバム『Reverie 日曜日の夢の始まり』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


MUSICAÄNOSSA / Bar Music Shibuya,Tokyo 中村智昭

1977年広島生まれ。DJ/選曲家として「ムジカノッサ」を主宰、渋谷「バー・ミュージック」店主。ユニバーサル/ビクター/インパートメント/キング/コアポート/ディスクユニオンより複数枚のコンピレイションCDをリリース、ディスクガイドの企画・監修も手掛けると共にUSENやFM各局にも選曲を提供。ジョン・コルトレーンのトリビュート・コ ンピレイション『Dear J.C.』(ユニバーサル)、ベニー・シングス『The Best Of Benny Sings』(ビクター)のライナーノーツや、「Latina」誌、HMV発行の「Quiet Corner」、リットーミュージック「Jazz Next Standerd」シリーズへの寄稿など。CALMベスト・アルバム『Mellowdies for Memories』(ラストラム)の選曲とその解説も担当している。また、渋谷「カフェ・アプレミディ」にて1999年のオープンから2009年までの10年間店長も務めた。2010年渋谷に「バー・ミュージック」をオープン。2013年にはレーベル「ムジカノッサ・グリプス」をスタート。近年はスモール・サークル・オブ・フレンズ/STUDIO75とのコラボレーションも活発化している。晩年のテリー・キャリアーのCDオンリー音源から厳選し世界初ヴァイナル化した『Tokyo Moon』や、コンピレーションCD+7”EP『Bar Music』シリーズも好評。最新作は『Bar Music × CORE PORT Promising Time for 24:00 Later』(コアポート)。


Latest Issue花を飾る、緑と暮らす。2022.04.20 — 880円