土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/林正樹 vol.5 | Music | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

January 29, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/林正樹 vol.5

January.29 – February.04, 2021

Saturday Morning

image.php
Title.
Clapperclowe
Artist.
Peter Erskine,Palle Danielsson,John Taylor
冷たい空気も肺に心地よい朝は、ジョギングからスタートして少しアクティブな一日にしようかな。そんな時のお供にこの一曲。Peter Erskine Trioでフィーチャリングされているピアニストは、気品溢れる硬派な美しいピアノを演奏するJohn Taylor。その素晴らしい音色の秘密を体感したのは2012年にジャズトリオ、meadowでの来日の時。PAを使うのが一般的であろう少し広めのライブハウスにも関わらず、モニターはもちろんのこと、PAも一切使わない完全生音の繊細なライブだった。音が小さいと思った人もおそらく多かったかもしれないが、自分自身も生音にこだわったアンサンブル”間を奏でる”を結成した直後であったので、美しい音色で音楽を作るにはどうすればいいのか、この体験は大いなる試金石になった。天国にいるジョン・テイラーに改めて感謝したい。
アルバム『You Never Know』収録。

Sunday Night

image.php-2
Title.
Spiegel Im Spiegel
Artist.
Arvo Pärt
慌ただしかった一週間の終わりに、キャンドルに火を灯し揺らめく炎を見ながら鼻腔の奥に仄かに感じる煤けた匂いが心を落ち着かせてくれる。エストニアを代表する作曲家Arvo Pärtが辿り着いた独自の静謐な音の世界と同化していく。極限までに要素が削ぎ落とされ必要最小限の音で構成されるこの楽曲は、雑踏を抜け自然の音に耳をすますと、そこに長三和音の普遍的な美しさが存在することを教えてくれるかのようだ。深い闇に吸い込まれて行くようでいて光が差し込んでくるような、無機質なのにエモーショナルな、何かが終わっていくようでいてここから始まるような。そんな時空が歪むような10分間の体験は、自らと対峙し無意識に散乱してしまっている自己の意識、感情を、正しい位置にそっと引き戻してくれるかのような感覚を覚える。世界がどう変わっていこうとも自分はここにいるんだ。
アルバム『ALINA』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


ピアニスト 、作曲家 林 正樹

自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」などのプロジェクトの他に、小野リサ、渡辺貞夫、菊地成孔、徳澤青弦など様々な音楽家とアコースティックな演奏活動を行なっている。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。2021年2月公開予定の映画『すばらしき世界』(監督:西川美和)の音楽を担当。