手みやげのネタ帖

『豆半』の凸凸【手みやげのネタ帖】July 13, 2022

本誌連載「&food」担当、ライターP(ぴぃ)さんが毎月こっそり教えてくれる、おいしい手みやげメモ。

手渡すひと言「ほろり、甘〜い」

P 手みやげ ネタ帖 「凸凸」抹茶味、黄奈粉味 各70g 各702円。
「凸凸」抹茶味、黄奈粉味 各70g 各702円。

 金沢きっての和菓子店『吉はし』。お茶席の注文菓子が中心で、数日前までに予約が必要。なかなかにハードルが高い店だ。それが店頭で気軽に買えるフルーツ大福やどらやきなどの別ブランド『豆半』を立ち上げ、吉はしの店内で購入できる。少し日もちのするものは取り寄せも可能だ。凸凸(とつとつ)はクルミ菓子。香りよく煎ったクルミに奄美大島産黒糖を絡め、抹茶やきな粉などをまぶしたものだ。ポイッと口に放り込むタイプだが、何ともまぁ、お品がよくて感動するはず。

豆半(吉はし)

​石川県金沢市東山2-2-2 9:30~17:30 不定休 ☎076-252-2634 

『豆半(吉はし)』

写真・文/P(ぴい)


ライター 渡辺 紀子

皆からの呼び名は、P(ぴい)。「食べるものなら、おいしくてもおいしくなくても愛おしい」を口上に、『&Premium』創刊時から食の連載「&food」を担当。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円