旬を取り寄せて、贈る。 手みやげ12か月。

ライターP (ぴい) さんが選ぶ10月のお取り寄せ。「モンブラン」と「天然本まぐろ重」と「チーズクッキー缶」October 18, 2023

本誌連載「&food」でもおなじみ、フードライターのP(ぴい)さんこと渡辺紀子さんが、四季折々の気分に寄り添う、お取り寄せできるおすすめ手みやげをセレクト。大切な誰かへのプレゼントにはもちろんのこと、自分へのご褒美にも嬉しい、季節のおいしいものがずらり。その月のおすすめを、毎月18日に紹介していきます。贈り物の年間計画は、これでばっちり。

つきじ鈴富 小布施堂 チージィーポッシュ ライターP (ぴい) さんが選ぶ10月のお取り寄せ。<「モンブラン」と「天然本まぐろ重」と「チーズクッキー缶」 旬を取り寄せて、贈る。手みやげ12か月。

食いしん坊にとっての 盆と正月が一緒に来たぞ。
選と文/ P (ぴい)

 いよいよ栗本番(そんな言葉あるかな)。栗といえば、すぐに思い出すのが今はなき西八王寺のパティスリー『ア・ポワン』。和栗を使うようになったのも、注文を受けてからクリームを絞るスタイルも先駆けだった。栗の名産地の一つ、小布施には『小布施堂』の大迫力「栗の点心 朱雀」がある。残念ながら取り寄せ不可だが、その片鱗を感じられる、栗あんを使った和モンブランが取り寄せ可能だ。栗ってこんなに香り高かったかと改めて知る。

 豊洲のまぐろ卸問屋『鈴富』は、天然まぐろがメインの天然鮮魚の仲卸。毎日、夜明け前から競り場で選りすぐったまぐろを、鮮度を損なわない特別な冷凍技術を用い、新鮮な状態で届けてくれる。その天然本まぐろ重がよくできている。解凍すれば、今作ったばかりという状態になる。ちょっと贅沢なお昼の差し入れにも。

 菓子研究家の福田里香さんがレシピ監修をされた『チージィーポッシュ』のチーズクッキー缶は、販売当初から即完売してしまう人気ぶり。ぺコリーノ・ロマーノの入った生地を、焦げたチーズの旨味を味わう2段絞りと、生のペコリーノの風味を大切にした3段絞りという2種類の焼き加減で楽しむ。焼き込んだクッキーのおいしさもだが、缶の美しさにもしびれます。ブルーの夏カンも素敵。

『小布施堂』のモンブラン

長野県小布施町の栗菓子屋。栗鹿ノ子や栗羊羹など日持ちするものだけでなく、冷凍技術によりモンブランや栗大福などもお取り寄せ可能に。モンブランは同店の代表銘菓にも使われている栗あんに、生クリームやスポンジを合わせたシンプルな仕立て。冷凍便で到着し、冷蔵庫で3 時間ほど解凍すれば食べ頃に。6個入り¥4,320。新栗の季節に本店のみで味わえる「栗の点心朱雀」の味わいにより近い「朱雀モンブラン」の扱いも。▷注文はオンラインショップから。https://obusedo.com
『小布施堂』のモンブラン

長野県小布施町の栗菓子屋。栗鹿ノ子や栗羊羹など日持ちするものだけでなく、冷凍技術によりモンブランや栗大福などもお取り寄せ可能に。モンブランは同店の代表銘菓にも使われている栗あんに、生クリームやスポンジを合わせたシンプルな仕立て。冷凍便で到着し、冷蔵庫で3 時間ほど解凍すれば食べ頃に。6個入り¥4,320。新栗の季節に本店のみで味わえる「栗の点心朱雀」の味わいにより近い「朱雀モンブラン」の扱いも。▷注文はオンラインショップから。https://obusedo.com

『小布施堂』のモンブラン

長野県小布施町の栗菓子屋。栗鹿ノ子や栗羊羹など日持ちするものだけでなく、冷凍技術によりモンブランや栗大福などもお取り寄せ可能に。モンブランは同店の代表銘菓にも使われている栗あんに、生クリームやスポンジを合わせたシンプルな仕立て。冷凍便で到着し、冷蔵庫で3 時間ほど解凍すれば食べ頃に。6個入り¥4,320。新栗の季節に本店のみで味わえる「栗の点心朱雀」の味わいにより近い「朱雀モンブラン」の扱いも。▷注文はオンラインショップから。https://obusedo.com
『小布施堂』のモンブラン

長野県小布施町の栗菓子屋。栗鹿ノ子や栗羊羹など日持ちするものだけでなく、冷凍技術によりモンブランや栗大福などもお取り寄せ可能に。モンブランは同店の代表銘菓にも使われている栗あんに、生クリームやスポンジを合わせたシンプルな仕立て。冷凍便で到着し、冷蔵庫で3 時間ほど解凍すれば食べ頃に。6個入り¥4,320。新栗の季節に本店のみで味わえる「栗の点心朱雀」の味わいにより近い「朱雀モンブラン」の扱いも。▷注文はオンラインショップから。https://obusedo.com

『つきじ鈴富』の天然本まぐろ重

昭和38年創業の、天然まぐろを専門とする仲卸『鈴富』直営の江戸前鮨店。ECサイトでは天然の本まぐろの柵や切り身はもちろん、金目鯛の煮付けや西京漬けなども取り寄せることができる。天然本まぐろ重には、大トロ、中トロ、赤身がたっぷり。冷凍便で届くので、ネタは冷蔵庫で8 時間を目安にゆっくり解凍、別容器のシャリは電子レンジで加熱した後、人肌程度に冷ましてからネタの盛り付けを。1 人分¥3,564。▷注文はオンラインショップから。https://www.tsukiji-suzutomi.com/
『つきじ鈴富』の天然本まぐろ重

昭和38年創業の、天然まぐろを専門とする仲卸『鈴富』直営の江戸前鮨店。ECサイトでは天然の本まぐろの柵や切り身はもちろん、金目鯛の煮付けや西京漬けなども取り寄せることができる。天然本まぐろ重には、大トロ、中トロ、赤身がたっぷり。冷凍便で届くので、ネタは冷蔵庫で8 時間を目安にゆっくり解凍、別容器のシャリは電子レンジで加熱した後、人肌程度に冷ましてからネタの盛り付けを。1 人分¥3,564。▷注文はオンラインショップから。https://www.tsukiji-suzutomi.com/

『つきじ鈴富』の天然本まぐろ重

昭和38年創業の、天然まぐろを専門とする仲卸『鈴富』直営の江戸前鮨店。ECサイトでは天然の本まぐろの柵や切り身はもちろん、金目鯛の煮付けや西京漬けなども取り寄せることができる。天然本まぐろ重には、大トロ、中トロ、赤身がたっぷり。冷凍便で届くので、ネタは冷蔵庫で8 時間を目安にゆっくり解凍、別容器のシャリは電子レンジで加熱した後、人肌程度に冷ましてからネタの盛り付けを。1 人分¥3,564。▷注文はオンラインショップから。https://www.tsukiji-suzutomi.com/
『つきじ鈴富』の天然本まぐろ重

昭和38年創業の、天然まぐろを専門とする仲卸『鈴富』直営の江戸前鮨店。ECサイトでは天然の本まぐろの柵や切り身はもちろん、金目鯛の煮付けや西京漬けなども取り寄せることができる。天然本まぐろ重には、大トロ、中トロ、赤身がたっぷり。冷凍便で届くので、ネタは冷蔵庫で8 時間を目安にゆっくり解凍、別容器のシャリは電子レンジで加熱した後、人肌程度に冷ましてからネタの盛り付けを。1 人分¥3,564。▷注文はオンラインショップから。https://www.tsukiji-suzutomi.com/

『チージィーポッシュ』のチーズクッキー缶

菓子研究家の福田里香がクリエイティブスタジオ「KIGI」と出会い生まれたチーズクッキー缶。厳選の素材とシンプルな製法を用い、富山の洋菓子専門工房「ZAXFOX」で作られる。イベントなどでの販売を除き、毎週日曜と火曜の午前10時から公式オンラインショップのみで販売。2021年に発売されるやいなや人気者となり、すぐに売り切れてしまうので、確実に購入したければアラームをセットして。チージィーポッシュ¥3,600。▷注文はオンラインショップから。https://cheesysweets.jp
『チージィーポッシュ』のチーズクッキー缶

菓子研究家の福田里香がクリエイティブスタジオ「KIGI」と出会い生まれたチーズクッキー缶。厳選の素材とシンプルな製法を用い、富山の洋菓子専門工房「ZAXFOX」で作られる。イベントなどでの販売を除き、毎週日曜と火曜の午前10時から公式オンラインショップのみで販売。2021年に発売されるやいなや人気者となり、すぐに売り切れてしまうので、確実に購入したければアラームをセットして。チージィーポッシュ¥3,600。▷注文はオンラインショップから。https://cheesysweets.jp

『チージィーポッシュ』のチーズクッキー缶

菓子研究家の福田里香がクリエイティブスタジオ「KIGI」と出会い生まれたチーズクッキー缶。厳選の素材とシンプルな製法を用い、富山の洋菓子専門工房「ZAXFOX」で作られる。イベントなどでの販売を除き、毎週日曜と火曜の午前10時から公式オンラインショップのみで販売。2021年に発売されるやいなや人気者となり、すぐに売り切れてしまうので、確実に購入したければアラームをセットして。チージィーポッシュ¥3,600。▷注文はオンラインショップから。https://cheesysweets.jp
『チージィーポッシュ』のチーズクッキー缶

菓子研究家の福田里香がクリエイティブスタジオ「KIGI」と出会い生まれたチーズクッキー缶。厳選の素材とシンプルな製法を用い、富山の洋菓子専門工房「ZAXFOX」で作られる。イベントなどでの販売を除き、毎週日曜と火曜の午前10時から公式オンラインショップのみで販売。2021年に発売されるやいなや人気者となり、すぐに売り切れてしまうので、確実に購入したければアラームをセットして。チージィーポッシュ¥3,600。▷注文はオンラインショップから。https://cheesysweets.jp

Illustlation : Mame Ikeda text(data) : Yukiko Daigo
*2022年12月20日発売の本誌特集『真似をしたくなる、お取り寄せ』に掲載されたものです。一部の商品は2022年に発売した情報を紹介しており、2023年は内容変更の可能性もあります。


ライター 渡辺 紀子

皆からの呼び名は、P(ぴい)。「食べるものなら、おいしくてもおいしくなくても愛おしい」を口上に、『&Premium』創刊時から食の連載「&food」を担当。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円