旬を取り寄せて、贈る。 手みやげ12か月。

ライターP (ぴい) さんが選ぶ11月のお取り寄せ。「りんごのタルト」と「鶏の水炊き」と「みかん・媛まどんな」November 18, 2023

本誌連載「&food」でもおなじみ、フードライターのP(ぴい)さんこと渡辺紀子さんが、四季折々の気分に寄り添う、お取り寄せできるおすすめ手みやげをセレクト。大切な誰かへのプレゼントにはもちろんのこと、自分へのご褒美にも嬉しい、季節のおいしいものがずらり。その月のおすすめを、毎月18日に紹介していきます。贈り物の年間計画は、これでばっちり。

のま果樹園 博多水炊き専門 橙 ナンポルトクワ ライターP (ぴい) さんが選ぶ11月のお取り寄せ。「りんごのタルト」と「鶏の水炊き」と「みかん・媛まどんな」 旬を取り寄せて、贈る。手みやげ12か月。

鍋で体の芯から温まり、 充実のお食後で心も温める。
選と文/ P (ぴい)

 ぐっと冷え込んだ夜は鍋を囲みたくなりますよね。福岡・大濠公園そばの『博多水炊き専門 橙』は通し営業なので、そんなことはあるかどうかは知らんけど、飛行機に乗る前に急に水炊きが食べたくなっても、ここ知ってると安心。スープは白濁してなくて黄金色。これが旨いのです。よく運動してるなと思える鶏さんの肉は、歯ごたえ十分。そして、つくねはコリッふわっの食感。橙のぽん酢でいただきます。橙を使った本物のぽん酢がまたおいしい。

 京都・錦市場のそばにある『ナンポルトクワ』は笑顔の素敵なご主人と美人の奥様が営むパティスリーだ。焼き菓子も生菓子も何を食べてもおいしいが、この時季、一度は味わいたいのがりんごのタルト。かつて『オ・グルニエ・ドール』を率いた父・西原金蔵シェフの味を受け継ぐ。酸味と甘味のバランスのよさよ、素材のよさよ。心に残る。おいしい紅茶と味わいたい。

 愛媛出身ゆえ、冬に限らず、柑橘類は半端なくいただく。なかでも、実家近くの『のま果樹園』の媛まどんな(紅まどんな)はリピート率高し。南香と天草を掛け合わせて誕生したものというが、果肉はまるでゼリー。際限なく食べちゃいそう。シャインマスカットともども、人に差し上げるとものすごく喜ばれる、わが家の鉄板贈答品である。

『のま果樹園』のみかん・媛まどんな

愛媛のみかんを全国に出荷する『乃万青果』の産直ブランド。その時々のおいしいみかんを中心に、旬のフルーツや加工品を全国へ届けている。この時季に期間限定で予約受付を開始する「媛まどんな」は皮が薄く果肉も果汁も溢れんばかりに詰まっており、ゼリーのような食感が特徴。愛媛県オリジナルの品種で、この名前は同ブランドの登録商標となっている。媛まどんな Aセット(5~8個前後) ¥4,400。▷注文はオンラインショップから。https://www.kajuen.co.jp/mikanshop/

『ナンポルトクワ』のりんごのタルト

京都・錦市場そばで小さな洋菓子店を営む西原裕勝シェフは、2018年に惜しまれながら閉店した京都の名店『オ・グルニエ・ドール』の西原金蔵シェフを父に持つ。その父の味を受け継いだのが看板商品のタルトだ。りんごの品種は時季によって変わり、しっかりと焼き込まれていながら、素材そのものの味も感じられる。ハーフサイズのみの販売なので、1 ホール分購入したい際には2 セットのオーダーを。ハーフサイズ¥3,180。▷注文はオンラインショップから。https://nimportequoi.base.shop
『ナンポルトクワ』のりんごのタルト

京都・錦市場そばで小さな洋菓子店を営む西原裕勝シェフは、2018年に惜しまれながら閉店した京都の名店『オ・グルニエ・ドール』の西原金蔵シェフを父に持つ。その父の味を受け継いだのが看板商品のタルトだ。りんごの品種は時季によって変わり、しっかりと焼き込まれていながら、素材そのものの味も感じられる。ハーフサイズのみの販売なので、1 ホール分購入したい際には2 セットのオーダーを。ハーフサイズ¥3,180。▷注文はオンラインショップから。https://nimportequoi.base.shop

『ナンポルトクワ』のりんごのタルト

京都・錦市場そばで小さな洋菓子店を営む西原裕勝シェフは、2018年に惜しまれながら閉店した京都の名店『オ・グルニエ・ドール』の西原金蔵シェフを父に持つ。その父の味を受け継いだのが看板商品のタルトだ。りんごの品種は時季によって変わり、しっかりと焼き込まれていながら、素材そのものの味も感じられる。ハーフサイズのみの販売なので、1 ホール分購入したい際には2 セットのオーダーを。ハーフサイズ¥3,180。▷注文はオンラインショップから。https://nimportequoi.base.shop
『ナンポルトクワ』のりんごのタルト

京都・錦市場そばで小さな洋菓子店を営む西原裕勝シェフは、2018年に惜しまれながら閉店した京都の名店『オ・グルニエ・ドール』の西原金蔵シェフを父に持つ。その父の味を受け継いだのが看板商品のタルトだ。りんごの品種は時季によって変わり、しっかりと焼き込まれていながら、素材そのものの味も感じられる。ハーフサイズのみの販売なので、1 ホール分購入したい際には2 セットのオーダーを。ハーフサイズ¥3,180。▷注文はオンラインショップから。https://nimportequoi.base.shop

『博多水炊き専門 橙』の鶏の水炊き

隣接する焼き鳥屋『焼とり 鳥次』が手がける水炊き専門店。食鳥処理の免許を持つ職人が一羽丸ごと捌き、新鮮で最もおいしい状態で提供される。お取り寄せのセットには骨なしもあるが、本場の味を求めるならやはり骨付き。冷凍便で届くので、自然解凍してから調理をスタート。本格派 水炊きセット 骨付き(2~3人分/スープ600㎖ 2袋、骨付き鶏肉400g、ミンチ200g、橙ポン酢160㎖、鶏油、塩)¥4,580。▷注文はオンラインショップから。https://hakatadaidai.shop-pro.jp
『博多水炊き専門 橙』の鶏の水炊き

隣接する焼き鳥屋『焼とり 鳥次』が手がける水炊き専門店。食鳥処理の免許を持つ職人が一羽丸ごと捌き、新鮮で最もおいしい状態で提供される。お取り寄せのセットには骨なしもあるが、本場の味を求めるならやはり骨付き。冷凍便で届くので、自然解凍してから調理をスタート。本格派 水炊きセット 骨付き(2~3人分/スープ600㎖ 2袋、骨付き鶏肉400g、ミンチ200g、橙ポン酢160㎖、鶏油、塩)¥4,580。▷注文はオンラインショップから。https://hakatadaidai.shop-pro.jp

『博多水炊き専門 橙』の鶏の水炊き

隣接する焼き鳥屋『焼とり 鳥次』が手がける水炊き専門店。食鳥処理の免許を持つ職人が一羽丸ごと捌き、新鮮で最もおいしい状態で提供される。お取り寄せのセットには骨なしもあるが、本場の味を求めるならやはり骨付き。冷凍便で届くので、自然解凍してから調理をスタート。本格派 水炊きセット 骨付き(2~3人分/スープ600㎖ 2袋、骨付き鶏肉400g、ミンチ200g、橙ポン酢160㎖、鶏油、塩)¥4,580。▷注文はオンラインショップから。https://hakatadaidai.shop-pro.jp
『博多水炊き専門 橙』の鶏の水炊き

隣接する焼き鳥屋『焼とり 鳥次』が手がける水炊き専門店。食鳥処理の免許を持つ職人が一羽丸ごと捌き、新鮮で最もおいしい状態で提供される。お取り寄せのセットには骨なしもあるが、本場の味を求めるならやはり骨付き。冷凍便で届くので、自然解凍してから調理をスタート。本格派 水炊きセット 骨付き(2~3人分/スープ600㎖ 2袋、骨付き鶏肉400g、ミンチ200g、橙ポン酢160㎖、鶏油、塩)¥4,580。▷注文はオンラインショップから。https://hakatadaidai.shop-pro.jp

『のま果樹園』のみかん・媛まどんな

愛媛のみかんを全国に出荷する『乃万青果』の産直ブランド。その時々のおいしいみかんを中心に、旬のフルーツや加工品を全国へ届けている。この時季に期間限定で予約受付を開始する「媛まどんな」は皮が薄く果肉も果汁も溢れんばかりに詰まっており、ゼリーのような食感が特徴。愛媛県オリジナルの品種で、この名前は同ブランドの登録商標となっている。媛まどんな Aセット(5~8個前後) ¥4,400。▷注文はオンラインショップから。https://www.kajuen.co.jp/mikanshop/
『のま果樹園』のみかん・媛まどんな

愛媛のみかんを全国に出荷する『乃万青果』の産直ブランド。その時々のおいしいみかんを中心に、旬のフルーツや加工品を全国へ届けている。この時季に期間限定で予約受付を開始する「媛まどんな」は皮が薄く果肉も果汁も溢れんばかりに詰まっており、ゼリーのような食感が特徴。愛媛県オリジナルの品種で、この名前は同ブランドの登録商標となっている。媛まどんな Aセット(5~8個前後) ¥4,400。▷注文はオンラインショップから。https://www.kajuen.co.jp/mikanshop/

『のま果樹園』のみかん・媛まどんな

愛媛のみかんを全国に出荷する『乃万青果』の産直ブランド。その時々のおいしいみかんを中心に、旬のフルーツや加工品を全国へ届けている。この時季に期間限定で予約受付を開始する「媛まどんな」は皮が薄く果肉も果汁も溢れんばかりに詰まっており、ゼリーのような食感が特徴。愛媛県オリジナルの品種で、この名前は同ブランドの登録商標となっている。媛まどんな Aセット(5~8個前後) ¥4,400。▷注文はオンラインショップから。https://www.kajuen.co.jp/mikanshop/
『のま果樹園』のみかん・媛まどんな

愛媛のみかんを全国に出荷する『乃万青果』の産直ブランド。その時々のおいしいみかんを中心に、旬のフルーツや加工品を全国へ届けている。この時季に期間限定で予約受付を開始する「媛まどんな」は皮が薄く果肉も果汁も溢れんばかりに詰まっており、ゼリーのような食感が特徴。愛媛県オリジナルの品種で、この名前は同ブランドの登録商標となっている。媛まどんな Aセット(5~8個前後) ¥4,400。▷注文はオンラインショップから。https://www.kajuen.co.jp/mikanshop/

Illustlation : Mame Ikeda text(data) : Yukiko Daigo
*2022年12月20日発売の本誌特集『真似をしたくなる、お取り寄せ』に掲載されたものです。一部の商品は2022年に発売した情報を紹介しており、2023年は内容変更の可能性もあります。


ライター 渡辺 紀子

皆からの呼び名は、P(ぴい)。「食べるものなら、おいしくてもおいしくなくても愛おしい」を口上に、『&Premium』創刊時から食の連載「&food」を担当。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 127すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。2024.05.20 — 930円