真似をしたくなる、サンドイッチ

March 05, 2022 ランチタイムだけに現れる!
バターこんがり、自家製パンのサンドイッチ。
真似をしたくなる、サンドイッチ Vol.14

サンドイッチをこよなく愛するパリ在住の文筆家、川村明子さん。『&Premium』本誌の連載「パリのサンドイッチ調査隊」では、パリ中のサンドイッチを紹介しています。
ここでは、本誌で語り切れなかった連載のこぼれ話をお届けします。
今回は、本誌No100に登場した『ブロークン・ビスケッツ』で惜しくも紹介できなかったサンドイッチの話を。

具材を分析した精巧なスケッチを毎回ご紹介。今回紹介するのは、肉サンドとベジサンド。
具材を分析した精巧なスケッチを毎回ご紹介。今回紹介するのは、肉サンドとベジサンド。

ランチタイムだけに現れる、魅惑のそれ。

 

友人が、「行き止まりの小さな通りにコーヒーショップを見つけて、そこのシュークリームがおいしい!」と教えてくれたのは、5年前のこと。お酒が大好きな彼女が、妊娠を機に甘いものに目覚め、色々と試しているうちに出合ったらしかった。行ってみると、スツールが4つしかない本当に小さな店で、その日はキャロットケーキを食べた。それが「パリでこんなにおいしいキャロットケーキは食べたことない!」と興奮する、好みの味だった。

2日後に再訪して、今度はサンドイッチを食べることにした。チキンに、たっぷりのルッコラと赤パプリカ、そしてアーモンドをパン・オ・ルヴァンで挟んだサンドイッチは、キャロットケーキを上回る興奮を私にもたらした。思わず笑いがこみ上げるおいしさに、これはちょっとやられたなぁ、と一人でニヤニヤしてしまったことを覚えている。

 
左端がキャロットケーキ。2cmくらいの長さのキャロット・ラペ(おろしニンジン)が加えられて、スパイスも効いている。右に見えるピーナッツバター入りブラウニーも、大好物です。
左端がキャロットケーキ。2cmくらいの長さのキャロット・ラペ(おろしニンジン)が加えられて、スパイスも効いている。右に見えるピーナッツバター入りブラウニーも、大好物です。
ホームメイドのジャムやグラノーラが並ぶエピスリーコーナー。店で扱うコーヒーも売っている。
ホームメイドのジャムやグラノーラが並ぶエピスリーコーナー。店で扱うコーヒーも売っている。
こちらが2店舗目。店内は18席ほどで、暖かい季節にはテラス席も出る。これまで2店舗でホットサンドを出していたが、今後はページ最後に掲載の1店舗目のみになる予定。
こちらが2店舗目。店内は18席ほどで、暖かい季節にはテラス席も出る。これまで2店舗でホットサンドを出していたが、今後はページ最後に掲載の1店舗目のみになる予定。
 

それから少ししてその小さなコーヒーショップ『ブロークン・ビスケッツ』は、店から近い大通りに2店舗目をオープンし、私は、もっぱらそちらに立ち寄るようになった。サンドイッチはバリエーションが増え、以前は仕入れていたパンも自家製になり、朝ごはん向けのバンズで作るものも登場した。

温かいサンドイッチを出していると知ったのは、最近になってのことだ。厨房とショップ部分の境目の壁に、小さなホワイトボードが掛かっていて、肉バージョンと野菜バージョンの2つが書かれていた。それらはランチタイムだけの提供で、15時近くなると、ホワイトボード自体が取り外されることもわかった。私は、買いに寄るのはおやつの時間帯がほとんどだから、見逃していたことにも納得した。

早速食べに行くと、その日の肉サンドはパストラミとシュークルートが具で、その組み合わせにも惹かれたけれど、ベジサンドの具材に名を連ねていたポロネギに、興味をそそられた。
ポロネギがメインの具のサンドイッチを、これまでに食べたことはあるだろうか。記憶になかった。パストラドサンドはまた食べに来ればいいや、と思って、その日はポロネギ入りのベジサンドを注文した。出てきたベジサンドは、思っていた以上に、ポロネギが主役だった。とろっとしたポロネギにヤギ乳のチーズが絡み、時折ハーブのペーストがそこに加わって、見事な調和を見せた。表面に満遍なく焼き色のついたパンがまたおいしかった。初めての味なのに、どこか懐かしかった。

 
ポロネギが主役のサンドイッチ。こんなに美味しいポロネギの食べ方があったんだ!と目からウロコだった。華やかな味を演出するのは、バジルとパセリに、くるみと松の実を加えたペースト。
ポロネギが主役のサンドイッチ。こんなに美味しいポロネギの食べ方があったんだ!と目からウロコだった。華やかな味を演出するのは、バジルとパセリに、くるみと松の実を加えたペースト。
とろとろの2色のパプリカに、極薄スライスの生のズッキーニの組み合わせ。ヤギ乳のチーズとエメンタールチーズで挟んで、コクもしっかり。
とろとろの2色のパプリカに、極薄スライスの生のズッキーニの組み合わせ。ヤギ乳のチーズとエメンタールチーズで挟んで、コクもしっかり。
 

実家にはホットサンド器があった。電気製品ではなく、火にかけて使うタイプのものだ。たまに登場するそれで作られるホットサンドは、ピーマン、玉ねぎ、マッシュルーム、ハム、とろけるチーズが具だった。喫茶店で出てくるような味のそれが私はとても好きだった。焼きたても美味しいけれど、塾用のお弁当に母が用意してくれて、アルミホイルで包み熱でぺショッとした、すでに冷めたものを食べるのも大好きだった。

『ブロークン・ビスケッツ』のサンドイッチは、その、母のホットサンドを思い出させた。チーズがとろけ出る熱々の状態で食べたけれど、冷めてもおいしいだろうと思った。翌日、今度はパストラミサンドを目当てに出かけたら、すでに売り切れで、またベジサンドを食べることになった。ところが、すでに具材は変わっていた。この日はパプリカが主役で、たっぷり入ったマスタードシードが全体の味に膨らみをもたらしている、これまた魅力的な味わいだった。

 

念願叶って、ついに肉サンドを。

ランチタイムだけに現れる! バターこんがり、自家製パンのサンドイッチ。
 

翌週、3度目の正直でパストラミサンドを期待して行ったら、その日の肉サンドの具はハムだった。合わせる材料は、カンタルチーズ、自家製キュウリのピクルス、赤タマネギにサラダホウレンソウ。それらを頭の中で組み合わせて、味を想像しながら、出来上がりを待った。

すると、目の前に現れたハムサンドは、いともあっさりと私の予想を裏切った。思いがけず、キュウリがたくさん入っている。それもただのキュウリではない、ピクルスだ。途端に、どんな味だろう? と思った。

フランスで口にする小ぶりなキュウリのピクルスは、キリッと酸味の効いたものと、甘みがしっかりのロシアンタイプに2分される。『ブロークン・ビスケッツ』のピクルスはそのどちらでもなく、酸味と甘み、両方が程よく、バランスのとれたものだった。ハムとピクルスのボリュームが絶妙で、ハムは、先頭に立つタイプではない、みんなを後ろからサポートするタイプの主役に思えた。そして何口目かに、メニューには書かれていないハッとさせる香りが顔を出した。タラゴンだ。途端に、日常から非日常の味にワープした。私にとって、タラゴンの芳香は、外国の味の扉を開くものなのだ。そういえば、この店はいつも、思わずにやけてしまったり、はたまた、うっとりしてしまうようなハーブの使い方をするなぁと思う。具材だってオーソドックスなのに、出されるものは、唸りたくなる変化球のような、自分には発想のないアプローチで、だから次回食べに行くのが楽しみで仕方ない。

 
本誌で紹介したベジサンド。マッシュルームを主役に、カンタルとラクレットというフランスの冬の山の風景を思い起こさせるチーズ2種で挟んだもの。
本誌で紹介したベジサンド。マッシュルームを主役に、カンタルとラクレットというフランスの冬の山の風景を思い起こさせるチーズ2種で挟んだもの。
ランチ営業も終盤に差し掛かった頃に焼きあがった、パン・ド・ミ。
ランチ営業も終盤に差し掛かった頃に焼きあがった、パン・ド・ミ。
クリスティーヌとクリストファーの2人でパティスリーとサンドイッチ、全てを作っている。
クリスティーヌとクリストファーの2人でパティスリーとサンドイッチ、全てを作っている。

『Broken Biscuits』

10 passage Rochebrune 75011 ☎️ なし 9:00〜17:00 土日 10:00〜17:00 月火休 今はテイクアウトのみ。野菜サンドの具は毎日替わる。お菓子もおいしいのでぜひお試しを。
10 passage Rochebrune 75011 ☎️ なし 9:00〜17:00 土日 10:00〜17:00 月火休 今はテイクアウトのみ。野菜サンドの具は毎日替わる。お菓子もおいしいのでぜひお試しを。


文筆家 川村 明子

パリ在住。本誌にて「パリのサンドイッチ調査隊」連載中。サンドイッチ探求はもはやライフワーク。著書に『パリのパン屋さん』(新潮社)、『日曜日は、プーレ・ロティ』(CCCメディアハウス)などがある。Instagramは@mlleakikoYoutubeも始めました。
Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円