Music

シンガーソングライター、映画音楽作曲家 世武裕子さんが選ぶ土曜の朝と日曜の夜の音楽。vol.5December 29, 2023

December.29 – January.04, 2023

Saturday Morning

Title.
スーパーヒロイン
Artist.
平成フラミンゴ
2023年12月最後の土曜日は、今年の終わりの2日前。なんだか結局、あっという間の一年だった。この連載をやらせてもらうようになってから、ふと目に留まったアーティスト、街で聴こえてきた誰かの曲のサビ、YouTubeでたまたま流れてきた曲を、改めてプラットフォームで聴いてみるようになった。
「あ、これなんかいいかも。紹介しよっかな。今日って何曜日だっけ」なんて考える日々は、音楽家という自負から自分を遠くしてくれて、すごく居心地がよかったな。土曜日の朝と、日曜日の夜の音楽日記。みんなやってみたらいいかも! さて、本題に戻すと、YouTuber 平成フラミンゴさんのこの曲。なんと初々しく、素直で、可愛いらしいのでしょうか。
音楽的にも、ポップスの教科書を勉強して真面目に頑張って作りました! という感じが本当に愛おしく、こういう一生懸命さを忘れたくないと思った。基本的にカラオケに全く興味のない私が、こういうのなら友達と歌うのも良いなって思うほど(よっぽどです)。
シングル「スーパーヒロイン」収録。

Sunday Night

Title.
The Flower Duet (From “Lakmé”)
Artist.
Katherine Jenkins
そして2023年最後の夜、除夜の鐘のような曲をご紹介して、この連載を締めたいと思う。人生の苦楽がこんなにも完全完璧に表現されている曲には滅多に出会えない。
目を瞑り、十分に深く呼吸をする。あらゆる階層に美しく配置される音に分け入ると、観たことないはずの広大な世界を、確かに観ているということに気づく。自分のちっぽけな人生が森羅万象の音の海に重なって、衣の裾を長く、美しく泳ぐような、そういう豊かさ。この景色を、体験を、言葉で表現しきれないのが何とももどかしい!
自分を受け入れること、人を許すこと。来年の私たち全員が、今年よりも少しだけ多く、やさしく生きられますように。
アルバム『The Ultimate Collection / Standard Edition』収録。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。

もっと読む


シンガーソングライター、映画音楽作曲家 世武裕子

東京都葛飾区生まれ、広島在住。 Ecole Normale de Musique de Paris 映画音楽作曲学科を首席で卒業。在仏中には、Acte 1やCours Florent といった俳優学校で映画演技も学んだ。パリ、東京にて短編映画制作に携わったのち、『家族X』(吉田光希監督)で長編デビュー。2024年1月12日全国公開予定『カラオケ行こ!』(山下敦弘監督)、5月公開予定『湖の女たち』(大森立嗣監督)、Prime Videoにて配信中のアニメシリーズ『ミギとダリ』、『日日是好日』(大森立嗣監督)『星の子』(大森立嗣)『Arcアーク』(石川慶監督)『空白』(吉田恵輔監督)など毎年数多くのサウンドトラックを手がけている。その他のソロワーク:『WONDERLAND』『L/GB』『Raw Scaramanga』(エレクトロバンド3部作)『あなたの生きている世界』(弾き語りアルバム) ピアノ演奏・編曲・プロデュース参加:森山直太朗、Mr.Children、いきものがかり、HIROBA など。

sebuhiroko.com

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円