Music

December 09, 2022 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/さらさ vol.2

December.09 – December.15, 2022

Saturday Morning

600x600bf-60
Title.
白昼夢
Artist.
Glim Spanky
よく晴れた朝、暖かい太陽の下を歩きながら駅に向かう中で聴く「白昼夢」はもう、おまじないのようです。現実が完璧に見えてくるおまじないです。ギターの音色、シンプルながらハイセンスでドリーミーな歌詞、松尾レミさんの唯一無二の歌声。どこをとっても幸福で、小説を読んでいるときの穏やかな興奮に似たものを感じます。私が特に好きなのは、Aメロの歌詞。どこか懐かしい言い回しと、夢をみているような温かさに心躍ります。
アルバム『Bizarre Carnival』収録。

Sunday Night

600x600bf-60-2
Title.
(She’s) Just a Phase
Artist.
Puma Blue
私は海のある街の出身で、実家に帰ると夕方の海を散歩するのがお決まりのコース。夕日が沈みかけて空がピンク色に変わる時間をたくさんの音楽と共に過ごしてきました。あの切なくて美しい時間に一番気持ちよくシンクロしてくれるのがピューマ・ブルーの楽曲です。夕日が沈む前、本当に真っ暗になる直前のキラリと光るご褒美のような時間と、「(She’s) Just a Phase」の暗闇に包まれてしまいそうな脱力感の中に感じる輝きの相性は、何ものにも代え難い魅力があります。皆様も日曜の夜の始まりをピューマ・ブルーの楽曲と過ごしてみてはいかがでしょうか。
EP『Swum Boy』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


シンガーソングライター さらさ

湘南の“海風”を受け自由な発想とユニークな視点を持つシンガーソングライター。SOUL、R&B、ROCKなどあらゆるジャンルを内包し、ジャジーでオルタナティブ、どこかアンニュイなメロディと憂いを帯びた歌声で観るものを虜に。高校3年の時に制服のまま出向いた元SOIL&"PIMP”SESSIONS 元晴、勢喜 遊 (King Gnu)、MELRAWらが主催するセッションにてMVPを獲得。本格的にシンガーを目指す。 2022年4月に1st EP『ネイルの島』をリリース。鞘師里保、Michael Kanekoへの歌詞提供をはじめ、さかいゆう、清 竜人、s**t kingz、碧海祐人、gatoなどの楽曲に参加。 悲しみや落ち込みから生まれた音楽のジャンル“ブルース”に影響を受け、自身の造語「ブルージーに生きろ」をテーマに、ネガティブな感情や事象をクリエイティブへと転換。音楽活動だけに留まらず美術作家、アパレルブランドのバイヤー、フラダンサーなど、マルチに活動の場を広げている。12月14日(水)に1stアルバム『Inner Ocean』をリリース。
Latest Issue楽しく部屋を、整える。2023.01.20 — 920円