Music

土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/mei ehara vol.2October 09, 2020

October.09 – October.15, 2020

Saturday Morning

Title.

Young Americans
Artist.
David Bowie
一週間の疲れを背負った朝、どんより寝ぼけ眼で椅子に腰掛け、二度寝と目覚めの攻防を続けているあなたの周りに小さいボウイとバンドが現れて、「オーイ、今日は何しちゃう?」と元気を与えてくれる。
アルバム『Young Americans』収録。

Sunday Night

Title.
Chew
Artist.
Acetone
ベッドに入って目を閉じたらすぐに月曜日だ。嫌だなあ……。土曜日の外出は楽しかったなあとか、あそこのお店が美味しかったなあとか思い出しながら、明日からのことが頭にちらつく! そんな時はぐにゃぐにゃと体を揺らして、自分で笑ってしまうような、人には見せられない表情で踊ろう。
アルバム『1992-2001』収録。



&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。

もっと読む


シンガーソングライター mei ehara

1991年愛知県出身のシンガーソングライター。学生時代に宅録を開始する。2017年にキセルの辻村豪文プロデュースによる1stアルバム『Sway』を発表し〈カクバリズム〉からデビュー。翌2018年に「FUJI ROCK FESTIVAL」に出演を果たした。2020年4月に7inchアナログ「昼間から夜」、5月にセルフプロデュースした2ndアルバム『Ampersands』をCDと12inchアナログでリリース。また音楽活動の傍ら文藝誌『園』の主宰を務めており、王舟、藤森純(The Buffettment Group / 東京スプラウト法律事務所)と立ち上げたインタビュープロジェクト「DONCAMATIQ」や、他アーティストの写真撮影やデザイン制作などにも携わる。

eharamei.com

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円