Music

September 17, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/松尾潔 vol.3

September.17 – September.23, 2021

Saturday Morning

R-1576962-1326062149.jpeg
Title.
Aiming At Your Heart
Artist.
The Temptations
今年2月に初めての長編小説『永遠の仮眠』を上梓しました。主人公を音楽プロデューサーと設定したせいで、「自伝的小説」と紹介されることが多いのですが、あくまで物語はフィクションです。とはいえフィクションにはリアリティを与えたい。虚実ないまぜというのかな。そのために、ひとつまみの事実をまぶしたりはしています。たとえば、主人公が妻とランチを食べる場面で流れるBGMのプレイリストは、物語の舞台となる2011年当時、ぼくが実際に自宅で愛聴していたものです。これはその1曲。テンプテーションズは、ソウルミュージック界の王様的なグループ。代表曲「My Girl」は、プレティーンの少年少女を主役に据えた映画のタイトルにも引用されました。ソウルは概して夜のイメージが圧倒的につよいですが、この曲はいつもやわらかな陽だまりを思い起こさせます。プロデュースを手がけているのがトム・ベルというのが、その最大の理由でしょう。フィラデルフィアのソウルシーンきってのスタイリストです。
アルバム『The Temptations』収録。

Sunday Night

600x600bf-60
Title.
Breaking Us In Two
Artist.
Joe Jackson
1983年の冬、高校受験が終わったその足で試験会場からタワーレコードに直行、この曲が収められたアルバムを買ったことをよく憶えています。ヒットシングルの「Steppin’ Out」目当てでしたが、歳を重ねるにつれ、この曲によりつよく惹かれるようになりました。とりわけ「いつも何かがぼくたちふたりを引き裂こうとしてる」というフレーズの連呼にただならぬ現実味を感じます。若いころは多少の危険を冒してでも目指す場所に飛び込んでいくことがつよさだと思っていたけれど、大人になったいまは、斥力に抗うことの大切さを日々痛感しているからでしょう。ところで、この曲はLPのB面Day Sideの1曲目。でも購入時から夜の印象なのはずっと変わりません。先日フードライターの白央篤司さんが「朝っぽい味噌汁と夜っぽい味噌汁、あるよね」とつぶやかれていたのを思い出します。「ぽさ」はおそらく自分のなかにある。
アルバム『Night And Day』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


音楽プロデューサー、作詞家、作曲家 松尾潔

1968(昭和43)年、福岡市生まれ。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。その後、プロデューサー、ソングライターとして、久保田利伸、平井堅、CHEMISTRY、SMAP、東方神起、JUJU等に作品を提供。楽曲の累計セールス枚数は3000万枚を超す。日本レコード大賞「大賞」(EXILE「Ti Amo」)など受賞歴多数。『松尾潔のメロウな夜』(NHK-FM)、『関ジャム完全燃SHOW』(テレビ朝日)などに出演中。今年2月、初の長編小説『永遠の仮眠』(新潮社)を上梓した。 Twitter Instagram『永遠の仮眠』(新潮社) 「松尾潔のメロウな夜」(NHK-FM)
Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円