& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

ミュージシャン 森 俊二


November 24, 2017 今月の選曲家 森俊二

November.24 – November.30, 2017

Saturday Morning

&Premium
Title.
Showrooms
Artist.
Sam Prekop
トータス、ジム・オルーク、タウン&カントリー、ザ・シー・アンド・ケイクなどなど、その当時何故か音響派といわれたバンドが多くいた90年代後半のシカゴ。ザ・シー・アンド・ケイクのメンバーのひとりであったサム・プレコップ。彼のソロアルバムをジム・オルークのエンジニアとプロデュースのもと、シカゴのバンドの盟友などがサポートした演奏、歌、録音、ミックス、色々な音楽の要素が詰まった、すべてが素晴らしい決して色褪せる事のないマジックなアルバム。サム・プレコップの声が実に素晴らしい! 夏っぽい感じで紹介される事が多いアルバムだけど、僕は息が白くなるような寒い日の朝の光の中でこそこのアルバムはあっているように思う。
アルバム『Sam Prekop』収録。

Sunday Night

&premium
Title.
Mid Air
Artist.
Paul Buchanan
ポール・ブキャナンのこのアルバムを聴くのは、いつもお風呂の中です。ポール・ブキャナンは80年代にブルー・ナイルというバンドにいました。そのブルー・ナイルの『Hats』というアルバムも素晴らしく夜、車の中で聴くと世界が変わります。彼の哀愁を帯びた旋律というか、ずっと同じ温度を保ちながら進んで行く独特なソングライティング。キャンドルの暖かい灯りのような楽曲。素晴らしいです。この「Mid Air」は、いつ聴いてもポール・ブキャナンの創造したオレンジ色のライトが灯った石畳の街を歩いているような、そんな感じがしてしまいます。このアルバムから数曲『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』という映画のサウンドトラックにも使われていました。日曜日の夜、いつもより早めにバスタブにお湯をためて、キャンドルの灯りのお風呂の中、哀愁を帯びたポール・ブキャナン節を聴いてみてください。
アルバム『Mid Air』収録。

November 18, 2017 今月の選曲家 森俊二

November.17 – November.23, 2017

Saturday Morning

Title.
20 G Zucker
Artist.
Henning Schmiedt
ヘニング・シュミートはドイツ人のピアニスト。今まで友人にプレゼントして一番反応が良かったのがこのアルバム。聴きやすいのかな……。上がり下がりもなく、ほどよい熱がずーっと続いていき、この1曲というよりも、アルバムを通して1曲のような感じがします。鳥の声と一緒に窓から入ってくるそよ風のような、音というより空気のような。寒い朝、毛布の中で2度寝するのに最高です。この曲が収録されているアルバムは妊娠中の奥さんが暑い夏を過ごせるように……という思いから作られたものだそう。
アルバム『Klavierraum』収録。

Sunday Night

Title.
The Homeless Wanderer
Artist.
Emahoy Tsegué-Maryam Guèbrou
エホマイ・ツェゲ・マリアム・ゴブルーという女性は、1927年にエチオピアで生まれたピアニストで、修道女でもあるようです。孤児院のためにレコードを制作していたそう。この不思議なピアノソロのアルバムは彼女の2作をカップリングしたもので、音が流れ出たとたんに、その場の空気を一瞬で変えてしまう、なんともいえない雰囲気を持ったアルバム。エキゾチックな旋律に、独特なテンポ。日曜の夜、何処か知らない場所に突然迷い込んでしまったような……。そんな雰囲気を味わってもみるのもいいのでは。
アルバム『Éthiopiques 21 : Piano Solo』収録。

November 10, 2017 今月の選曲家 森俊二

November.10 – November.16, 2017

Saturday Morning

noname
Title.
Yesterday
Artist.
Noname
ノーネームは何気なく観ていた youtube の Tiny Desk Concerts で知り、CDなど探してみたらどうもリリースされていないようで、彼女の SoundcloudかBandCampで聴けるだけのよう。それからは『Telefone』というアルバムをずーっと毎日のように聴いていました。10月には来日もしていたようです。僕は彼女の声というかラップよりサウンドプロダクションが気に入って新しい何かがあるように感じながら聴いていました。このスタイルの音で聴き流しもできて、場所や時間を選ばず聴いていられるのはなかなかないのでは。個人的に、この感じの音は秋から年末にかけて何となく耳にしたくなってしまうのと、朝から聴くと何故か掃除がはかどります!
アルバム『Telefone』収録。

Sunday Night

unnamed
Title.
Across the Water
Artist.
Vashti Bunyan
森の妖精といわれるヴァシティ・バニアン。震えたような声で歌われる曲は寒い日に暖かいブランケットで包み込んでくれるようです。何年か前に見た品川の教会でのライヴも素晴らしい歌と素朴な演奏で暖かい雰囲気に包まれていました。残念なことにこの曲が収録されている『Heartleap』を最後にもうアルバムは作らないとか。もっと彼女の作品を聴いてみたい。アートワークも素敵で、前作の『Lookaftering』と『Heartleap』ともにヴァシティの娘さんが担当。
アルバム『Heartleap』収録。

November 03, 2017 今月の選曲家 森俊二

November.03 – November.09, 2017

Saturday Morning

ac95-1-f-Jackson_C_Frank-4
Title.
Bluse Run The Game
Artist.
Jackson C. Frank
彼の唯一のアルバムは1965年リリースの『Jackson C. Frank : Blues Runs The Game 』。プロデュースはあのポールサイモン。周りの空気を「ふっ」と変えてしまう、どこで聴いても今聴いている以外の場所に連れていってくれる不思議な曲。ニックドレイクにも通じる雰囲気もあるような……。春でもなく夏でもない、肌寒い秋の朝、もしくはひんやりとした雨の車の中。温かい飲み物と一緒に。必ずそこではない何処かに連れて行ってくれます。
アルバム『Blues Run The Game』収録。

Sunday Night

0001245535
Title.
Somewhere Over The Rainbow
Artist.
Bill Frisell
素晴らしすぎるアレンジと演奏。いつ聴いても輝いてます。ガス・ヴァン・サントの映画『小説家を見つけたら』のサウンドトラック。2000年制作。このサントラはほかにもマイルス・デイヴィスやイズラエル・カマカヴィヴォオレの同曲のカヴァー(このカヴァーも最高です)なども入っていて、サントラの中でも特に気に入っています。映画を観た時、サントラに反応しすぎたのを覚えています。映画そのものも素晴らしいので、映画を観ながらのんびり日曜の夜を過ごすのもよし、この曲を聴きながら秋のひんやりした夜の中を散歩するのもいいかもです。
アルバム『Finding Forrester』収録。

ミュージシャン 森 俊二

1991年、中西俊夫プロデュースによるナチュラル・カラミティとしての1stアルバム『Dawn In The Valley』でデビュー。静かでメランコリックな音楽性がアメリカでドリーミー・サウンドと支持され、ジャック ジョンソンが自身のムービーのサントラに使用するなど定評がある。2000年に結成された森 俊二(Natural Calamity)と石井マサユキ(TICA)によるギターインストゥルメンタルユニット「GABBY & LOPEZ」の5年ぶりのアルバム『SWEET THING』が発売中。ソロプロジェクト 222 でも活動中。http://shunjimori.com