今月の選曲家 森俊二 | Article | & Premium (アンド プレミアム)

Music

November 10, 2017 今月の選曲家 森俊二

November.10 – November.16, 2017

Saturday Morning

noname
Title.
Yesterday
Artist.
Noname
ノーネームは何気なく観ていた youtube の Tiny Desk Concerts で知り、CDなど探してみたらどうもリリースされていないようで、彼女の SoundcloudかBandCampで聴けるだけのよう。それからは『Telefone』というアルバムをずーっと毎日のように聴いていました。10月には来日もしていたようです。僕は彼女の声というかラップよりサウンドプロダクションが気に入って新しい何かがあるように感じながら聴いていました。このスタイルの音で聴き流しもできて、場所や時間を選ばず聴いていられるのはなかなかないのでは。個人的に、この感じの音は秋から年末にかけて何となく耳にしたくなってしまうのと、朝から聴くと何故か掃除がはかどります!
アルバム『Telefone』収録。

Sunday Night

unnamed
Title.
Across the Water
Artist.
Vashti Bunyan
森の妖精といわれるヴァシティ・バニアン。震えたような声で歌われる曲は寒い日に暖かいブランケットで包み込んでくれるようです。何年か前に見た品川の教会でのライヴも素晴らしい歌と素朴な演奏で暖かい雰囲気に包まれていました。残念なことにこの曲が収録されている『Heartleap』を最後にもうアルバムは作らないとか。もっと彼女の作品を聴いてみたい。アートワークも素敵で、前作の『Lookaftering』と『Heartleap』ともにヴァシティの娘さんが担当。
アルバム『Heartleap』収録。

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら

ミュージシャン 森 俊二

1991年、中西俊夫プロデュースによるナチュラル・カラミティとしての1stアルバム『Dawn In The Valley』でデビュー。静かでメランコリックな音楽性がアメリカでドリーミー・サウンドと支持され、ジャック ジョンソンが自身のムービーのサントラに使用するなど定評がある。2000年に結成された森 俊二(Natural Calamity)と石井マサユキ(TICA)によるギターインストゥルメンタルユニット「GABBY & LOPEZ」の5年ぶりのアルバム『SWEET THING』が発売中。ソロプロジェクト 222 でも活動中。

shunjimori.com

Latest Issueやっぱり、台所は大切です。2021.05.20 — 880円