& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

シンガーソングライター アン・サリー


January 25, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/アン・サリー vol.4

January.25 – January.31, 2019

Saturday Morning

Title.
秋の手紙
Artist.
Ann Sally
毎日刻々と過ぎていく時間の中繰り返すルーチン。一歩外に出ると社会人として求められる常識ある振る舞い。追われるように慌しく過ぎる日々の中で、ふと本当の意味で生きるとはどんなだろうと考える。自分が本当にしたいこと、行きたいところ、本当に歌いたいはうたとは……。ある日、そんなことを考えながらピナ・バウシュの踊る映像を観ていた時、背景に流れる音楽に耳を奪われた。澄んだギターの音色と、朴訥としながらも心の震えを映した低い歌声。かつて韓国のとても難しい時代背景の、美しく寂しい秋の情景を歌った、何とも言えない寂寥感に胸が締め付けられた。そして、言葉と国境を越えた普遍的なメッセージを身体全体で表現するピナの美しい姿に、問うていた答えを見た気がした。
アルバム『Bon Temps』収録。

Sunday Night

Title.
Bridge Over Troubled Water
Artist.
Roberta Flack
どうしてもあれこれ考えが渦巻いて眠れない夜がある。昨日の後悔や明日の不安が堂々巡りして、考えても答えが出ず、考えることを止めようとするほどにぐるぐるは加速していく。リラクゼーション法や呼吸法などあれこれ試しても何の効果もない。仕方がないからそんな時には全て諦めて、一層ぐるぐるに身を任せることにしてしまう。そして深夜のラジオ番組を聴く。端正な語り口がとても好きだ。暗闇の中で聞く深淵なテーマのインタビューに涙する。これは夜を徹することになるのかなと思った時に、この曲がかかった。数多あるカバーの中で元々一番好きだったけれども、白みかけた部屋の中で眠れずに聴いたこの日ほど胸に突き刺さるような感慨は無い。世界中のあらゆる眠れぬ者のために、こんな美しい音楽があることに心から救われる想いがした。
アルバム『Quiet Fire』収録。

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら

January 18, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/アン・サリー vol.3

January.18 – January.24, 2019

Saturday Morning

A1QJN1Vj5fL._SL1500_
Title.
Green Aphrodisiac
Artist.
Corinne Bailey Rae
やっと辿り着いた土曜朝の静寂。この時を手に入れるために平日を駆け抜けてきたのだ。澄み切った朝の無音を破るのは、幸福感に溢れる音楽であってほしい。朝の空腹に何を入れるかが身体にとって大切なように、眠りで空っぽに乾いた感性のグラスを最初に満たすものだから。コリーヌの、かつて愛する人を亡くし、失意の澱に漂うようだったセピア色の心象風景は、こうして色彩を取り戻し、生きる方向へと力強く回復の兆しを見せていることに心から安堵する。立ち上がれないほどの深い傷も、いつかは癒える日が来ると信じさせてくれる。そうして、傷の経験は、同じく傷を負った者への慈しみの眼差しへと昇華していくのだろう。
アルバム『The Heart Speaks in Whispers』収録。

Sunday Night

Title.
(There Is) No Greater Love
Artist.
Amy Winehouse
歌をうたう者は、自らの発する声に少なからず中毒しているからこそ、歌うことで得られる悦楽のボタンを飽くことなく押し続けるという側面があると思う。さらに現実の中の不安、孤独、悲しみが深ければ深いほど、我を忘れて声を発することで得られる麻酔の効果はより大きくなる。だが、時にあまりに深すぎる孤独は音楽への心酔だけでは癒えず、男、薬、酒への依存にも及び、破滅をもたらす程に際限なく自らを傷つけてしまう。このアルバムの時期には、まだ歌うことの原初的喜びがその倍音豊かな声に溢れていて、そのためにその後の転帰の闇もより深く感じられる。でもその深い陰影こそがまた、聴く者を強く惹きつけ中毒させるのだ。
アルバム『Frank』収録。

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら

January 11, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/アン・サリー vol.2

January.11 – January.17, 2019

Saturday Morning

Title.
Deep Within the Corners of My Mind(Live)
Artist.
Melody Gardot
舞台に上がり大勢の聴衆を前に歌うとき、
人の身体は自然な反応として、
血圧、脈拍、呼吸は増え、筋はこわばり、
冷汗、動悸、不安を自覚する。
これは動物に備わった身を守るための
本能的機能であって、
欠くべからざるものである。
その生理的現象をむしろ対極へコントロールし、
落ち着き払い、筋を弛緩させ、
目に見えぬ音の粒に集中する。
その無防備さはまるで、
聴衆を前に素裸で立つようなものだ。
まして、心の奥深くに潜むものを
声に乗せ赤裸々に吐露するのだから、
それはまさに内臓までさらすような行為なのである。
だからこそ、その告白が真なればなるほど、
聴くものは深く心震わされ、それは忘れられない経験となる。
アルバム『Live In Europe』収録。

Sunday Night

Title.
Mary Don’t You Weep(Piano & a Microphone 1983 Version)
Artist.
Prince
夜更けに独り、ピアノを前に灯りを落とし、
身体の中から自然にあらわれる音に身を委ねる。
習慣や癖、街中に溢れる雑音に
惑わされることなく、
心の奥深くから立ちのぼる音だけを
注意深く選び取り、
声として発する。
その音は、彫像が木の塊の中から
掘り出されるのを待つように、
前の音がその因果として次の音を導き、
その連続がメロディーという軌道を描く。
晴ればかりは続かないが、
同時に降りやまぬ雨がないように、
メロディーはごく自然に転結を誘い込む。
そうして紡がれる物語に身を浸す
日曜の夜の至福。
アルバム『Piano & a Microphone 1983』収録。

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら

January 04, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/アン・サリー vol.1

January.04 – January.10, 2019

Saturday Morning

Title.
Jazz Festival
Artist.
Victory
ニューオリンズに住んでいた頃、17、8歳の少年らで組まれたバンドがあって、やや粗削りな感じはあっても、ものすごい才能を感じる者の集まりだった。そのうちの一人、ジョナサン・バティースはその後にょきにょき頭角を現し、今ではアメリカのテレビ番組の音楽監督となり、このアルバムのプロデューサーとしてもその名を目にすることになった。ジャズフェスティバルという曲に、かの地の初夏にして既に湿気多く、熱に浮かれたような音楽漬けのフェスの享楽が甦ってくるようだ。
アルバム『The Broken Instrument』収録。

Sunday Night

Title.
Hallelujah
Artist.
Silvia Perez Cruz
休日の終わり、明日から新しい週がはじまるという夜だから、できるだけ純度の高いものを選んで身体に取り入れたいと思う。優しくて、強くて、儚い、心の機微を映し出す繊細な歌声に身を浸し、独特な節回しや重なるストリングスのハーモニーに、まだ訪れたことのない遠いカタルーニャの景色を想像する。実際に会った彼女はとっても柔らかくてチャーミングな人でありながら、全身で真摯に音に向き合う様に、声で表現する者としての理想の姿を見た。
アルバム『Vestida De Nit』収録。

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら

シンガーソングライター アン・サリー

2001年『Voyage』でアルバムデビュー。2003年『Day Dream』『Moon Dance』のロングセラー以後、待望の最新CD『Bon Temps』を含む、多数アルバムを発表。また数々のCMや映画の主題歌を歌唱し、日本全国、アジア地域で演奏活動を広げるシンガー&ドクター。暮らしの中で緩やかに芽吹いた日々の想いは、ほころぶ花のように芳醇な歌声と、花蜜の抽出された名曲群へと昇華され、幅広い層に届けられている。