Music

土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/Maika Loubté vol.4May 26, 2023

May.26 – June.01, 2023

Saturday Morning

Title.
OTOGI NATION
Artist.
SUPERCAR
第4回の最終週は、自分の心に雷を落としてそのまま根ざしていった曲について話して終わりたいと思います。中2のときにみた映画『ピンポン』からスーパーカーの『HIGHVISION』というアルバムにたどり着いたことは、その後結果的にすすんでいった音楽人生、ものすごい影響を受けました。それまで聴いたことのなかったエレクトロサウンドの調べと唯一無二な日本語歌詞の節々に鳥肌が乱発、アルバムを何百周したかわかりません。「OTOGI NATION」は、土曜日とか、学校が休みの日の朝に聴く曲でした。もしくは、学校でうまくいかなくて嫌になったとき、家に帰る電車の中イヤホンで癒されるための、感極まり一人涙するための曲。なぐさめと、開放感に通じる曲です。
アルバム『HIGHVISION』収録。

Sunday Night

Title.
When I’m Sixty Four
Artist.
The Beatles
人生、あと何回、日曜日が来るんだろう? あと何回、1週間をループするんだろう。意外にとんでもなくあっという間の事かもしれない。いきなり重めの書き出しになってしまいましたが、音楽好きならたぶん誰もが知る曲。ポール・マッカートニーは、1967年に、多分とても前向きな気持ちでこの歌を書いて、実際、けっこう長生きして、今でも現役。寝る前、私は時々、過去から現在までをつらつらと丁寧に振り返って、そのまま未来を想像したりします。そうしているとだいたい眠れなくなるのですが、未来がくる保証はどこにもなくても、ポールみたいに楽観的に歳とることを想像できれば、成せば成るかも。
アルバム『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』収録。



&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。

もっと読む


シンガーソングライター/プロデューサー/DJ Maika Loubté

幼少期から10代を日本、パリ、香港で過ごす。高校卒業後、ヴィンテージアナログシンセサイザーに出合う。先進的なエレクトロニック・ミュージックを基軸としながら、テクスチャーをはぎ取ったオーセンティックな「歌」そのものを重要視している。国内外のアーティストとのコラボレーションやサウンドプロデュース、CMへの楽曲提供、リミックス、ナレーションなど多岐にわたって活動中。2020年10月リリースの「Show Me How」がマツダの新型車「MAZDA MX-30」のテレビCMのコラボ曲として大々的にフィーチャーされ、自身もCMに出演した。2021年10月20日に最新アルバム『Lucid Dreaming』を発表。2022年1月にはSpotifyのプログラム「SpotifyEQUAL」マンスリーアーティストに選ばれ、New York Times Squareの看板広告を飾った。2023年、ニュービジュアルと共に新作発表予定。

maikaloubte.com

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 125スタンダードと、センス。2024.03.19 — 930円