Music

ミュージシャン・Lil Summer さんが選ぶ土曜の朝と日曜の夜の音楽。vol.4July 28, 2023

July.28 – August.03, 2023

Saturday Morning

Title.
Amor Em Paz
Artist.
Morelenbaum2, Ryuichi Sakamoto
まだ夜の涼しさが仄かに感じられる夏の朝に聴きたい、とても美しい曲です。この曲が収録されている『Casa』というアルバムは、ボサノバの巨匠、Antonio Carlos Jobimが作曲を手がけた作品たちを、教授(坂本龍一)が演奏したものです。Jobimが紡ぐロマンチックで切ない旋律と、教授が奏でる耽美でありつつも少し絶望を感じるピアノは、完璧過ぎる組み合わせではないでしょうか。更にMorelenbaum2の優しい歌声がその切なさや絶望感から救ってくれているような気がします。
タイトルは英語にすると「Love in peace」。日本語だと「平和な愛」、もしくは「静かな愛」などと訳せると思います。歌詞も素晴らしいので気になったら是非調べてみて欲しいのですが、ポルトガル語の柔らかい響きや美しい演奏をシンプルに楽しむのも良いと思います。
アルバム『Casa』収録。

Sunday Night

Title.
De Delphine à Lancien
Artist.
Michel Legrand
『Les Demoiselles de Rochefort (邦題 : ロシュフォールの恋人たち)』は、高校生の頃かなりの厭世家だった私に希望を与えてくれた、バイブルのような映画です。人生と真面目に向き合い過ぎず、軽やかに、ある種 「テキトー」に、人生を祝福しながら生きるという選択肢があることを教えてくれました。映画全体を通してMichel Legrandが楽曲を手がけているのですが、全曲本当に素晴らしく、DVDもレコードも買って愛聴しています。何十回も観たので、曲を聴くだけでそれぞれの場面が明確に思い浮かびます。この曲も大好きな場面で流れるものです。その状況で何故そんなに軽やかなの!?とツッコミを入れたくもなりますが、そういうところが好きです。
登場人物は皆、具体的過ぎる夢や変なこだわりなどに執着していたり、ふわふわと夢見ながら生きていたり、まさに自由でクスッと笑えます。私は何というか、「そんな感じでいいんだ…!」と衝撃を受けました。高校生の私は真面目だったが故に、世界に対して絶望ばかりしていました。そんな時にこの映画に出会えたことは幸運だったと思います。
日曜の夜はどうしても悲しい気持ちになりがちですが、あえて能動的に映画や音楽などで気分を変えて、人生を祝福することを提案したいです。人生はお祭りです。折角のお祭りですから、精一杯楽しみましょう。
アルバム『Le Demoiselles De Rochefort』収録。



&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。

もっと読む


シンガーソングライター 、 DJ Lil Summer

福岡県出身のシンガーソングライター / DJ 。Aaliyah、Erykah Badu、J Dillaなどのアーティストに影響を受け、Alternative R&BやNeo Soulなどのジャンルを中心に作曲、選曲している。2023年3月にはファーストEP『Rojo』をリリース。

instagram.com/_lilsummer_

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 127すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。2024.05.20 — 930円