野宮 真貴 – ミュージシャン/エッセイスト | & Premium (アンド プレミアム)

ミュージシャン/エッセイスト 野宮 真貴


April 30, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/野宮 真貴 vol.5

April.30 – May.06, 2021

Saturday Morning

1200x1200bf-60
Title.
Saturday In The Park
Artist.
Chicago
春風が心地よく新緑が美しい一番素敵な季節がやってきた♪ とはいえ、まだまだ不安定な状況も続いていて、楽しいはずのGWもステイホームの日々になりそう。でも時々はお気に入りのTシャツを着て近所の公園で太陽の日差しを浴びたいなぁ。
そんな時に脳内に流れるのがこの曲。もうタイトル通り。
この曲がリリースされた’72年といえば、ベトナム戦争停戦への道を歩みはじめた頃。アメリカ独立記念日7月4日土曜日の公園では、人々が語らい、歌い、ダンスし、笑い声が聴こえる、そんな何でもない光景こそが何より人々が望んでいることだと歌っている。
今、世界の人々が願うことも同じだ。一日も早くこの歌のような平和な日常を取り戻せますように。
アルバム『Chicago V』収録。

Sunday Night

1200x1200bf-60-2
Title.
Stardust
Artist.
Nat King Cole
歌手になることを夢見ていた子供の頃の私にとって、日曜日の夜といえばこの曲。ナット・キング・コールをはじめ様々な歌手によって歌い継がれてきたジャズのスタンダード・ナンバーだが、私にとっては50年前の音楽バラエティー番組「シャボン玉ホリデー」のエンディングで、ザ・ピーナッツが歌う「スターダスト」が一番思い出深い。クレージーキャッツが繰り広げる贅沢な音楽バラエティーショー。私は、双子姉妹ザ・ピーナッツの歌と踊り、そして彼女達が纏う’50sのドレスに夢見ていた。
日曜の夜というのは一週間のうちで一番静かな時間。いろいろな思いに耽って、それを弄ぶのが不思議と心地よい。そして明日からまた仕事が始まると、ふと憂鬱になったら「月曜日は日曜の続き」と唱えてみよう。人生は案外悪くない。
アルバム『Love Songs』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


April 23, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/野宮 真貴 vol.4

April.23 – April.29, 2021

Saturday Morning

1200x1200bf-60
Title.

All I Want
Artist.
Joni Mitchell
あまりにも有名な傑作アルバム『Blue』だが、私はこのアルバムの「All I want」というラブソングがとても好きだ。恋愛に嫉妬や束縛はつきものだけど、そんなことを超えて、お互いに自由であるために恋をしたいと願う、強くてチャーミングな女性のラブソングだ。
ジョニ・ミッチェルが創る曲は楽しい曲も悲しい曲も、いつも率直で力強い。彼女の曲を聴くと希望みたいなものが沸き起こってくるから不思議だ。
この曲が生まれた’71年といえば、ヒッピームーブメントの真っ只中。素足にフォークロアのドレスをまとい、ひなぎくの花を飾ったロングヘアの女性が私のイメージ。春は恋する季節! 少し気が早いけど、素足にサンダルを履いてささやかな自由を味わってみたくなる。
アルバム『Blue』収録。

Sunday Night

41B9SPACRSL._AC_
Title.
Moon River
Artist.
Audrey Hepburn
一番好きな映画はと訊かれれば、真っ先に『ティファニーで朝食を』と答えるが、実は映画そのものよりもホリー・ゴライトリーを演じるオードリー・ヘップバーンが完璧で大好きだから。彼女のファッション、身のこなし、表情が本当に素晴らしい。そしてギターを爪弾きながら歌う「ムーン・リバー」。子供時代の想い出を綴ったこの歌は、まだ誰でもなかった頃、これから広がる遠い未来に想いを馳せるという歌詞がなんとも切ない。2020年の私の還暦ライブに、生まれた年の曲が歌いたくて「ムーン・リバー」を選んだ。幼い頃に歌手になりたいと思って夢を見続けてきた私と、この映画のヘップバーンが一瞬交差したような気がした。今夜はティファニーのアクセでもつけてみようか。
『Music From The Films Of Audrey Hepburn』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


April 16, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/野宮 真貴 vol.3

April.16 – April.22, 2021

Saturday Morning

R-8494738-1462734153-7538.jpeg
Title.

太陽の真下で
Artist.
Anna Karina
1966年アンナ・カリーナ主演のミュージカル映画『ANNA』のためにセルジュ・ゲンズブールが書いた曲。この映画のアンナは、天真爛漫で時に残酷、でも圧倒的にチャーミングで可愛い。男性ならこんな女性が目の前に現れたら、熱烈に恋をしてしまうか、その魅力に負けて退散するかどちらかね。映画ではこの曲を北フランスのドーヴィルの海岸で歌うのだけれど、“太陽の真下”というのに薄曇りでモノトーンな世界。そしてアンナしか持ちえないあの魅力的な眼差しと真っ赤なスカーフが印象に残る。3年前の来日時に念願叶って共演した時も、彼女は赤いスカーフをしていた。そして同じ眼差しも。それを見た時に思わず心の中で「ANNAだ!」と叫んでしまった。それ以来、私は赤いスカーフをする時いつも彼女を想い出す。
アルバム『Anna』(Bande Originale De La Comédie Musicale)収録。

Sunday Night

600x600bf-60
Title.
想い出のロックン・ローラー
Artist.
Jane Birkin
1978年リリースのゲンズブール作詞作曲による名曲。「あなたのアイドルたちに私も恋してた」と自分の恋人が愛する60年代の偉大なロックン・ローラーの名前を連呼するラブソング。ジェーン・バーキンのアンニュイで英語訛りのフランス語ヴォーカルが素敵だし、この歌詞に登場するロックン・ローラーは私自身も大好きだから、ノスタルジックな気持ちにさせてくれる曲。「あなたが好きなものを私も愛する」という偏愛的な歌詞はさすがゲンズブール。
ジェーン・バーキンと言えば、永遠のファッション・アイコンの一人。エルメスに彼女の名前のバッグを作らせてしまうほどだが、私はむしろ彼女のシャツの着こなしに憧れる。第3ボタンまで開け、痩せっぽちの薄い胸をセクシーに見せる着こなしは見事。この春は、真っ白なシャツを新調しようと思う。
アルバム『想い出のロックン・ローラー』(原題: Ex Fan Des Sixties)収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


April 09, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/野宮 真貴 vol.2

April.09 – April.15, 2021

Saturday Morning

600x600bf-60
Title.

Living By Numbers
Artist.
New Musik
“渋谷系”以前にニュー・ウェーブ、テクノポップの洗礼をどっぷり受けている私にとって、爽やかな土曜の朝は時にこんな曲で始まる。
80年代の幕開けと共に登場したNew Musik。アコースティック・ギターとシンセサイザーの音色が織りなすポップなメロディーは、私にとって最も新しくてロマンティックな音楽だった。今あらためてこの曲を聴くと、「新しい何か」を探していた当時のスピリットを感じられて、胸がキュンとする。
そう言えば、ここ数年ファッションの世界も80sを思わせるオーバーサイズが主流になっているけれど、80sテイストを取り入れるならいつものワードローブに蛍光色を差し色で取り入れるくらいが今の私にはちょうどいい。 
よく晴れた春の土曜の朝に、ちょっと奇抜なおしゃれをして颯爽と街を歩いてみたい。
アルバム『From A To B』収録。

Sunday Night

600x600bf-60-2
Title.
Femme Fatale
Artist.
Tracey Thorn
定番の白x黒ボーダーTを着るなら、フレンチカジュアル派?それともパンク派?元祖渋谷系とも称される私としてはフレンチカジュアル派と言いたいところだが、実はパンク派。ヘアはベリーショートで、ホワイトデニムよりブラックデニムをあわせたい。お手本はトレーシー・ソーン。
この曲は、エヴリシング・バット・ザ・ガール以前に残した彼女のソロアルバムから、ベルベット・アンダーグラウンドのカヴァー。トレーシーのぶっきらぼうなのに優しく味わいのあるヴォーカルとチューニングも微妙なギターになぜか心が落ち着く。原曲を超えるカヴァーの名曲の一つ。
ボーダーの着こなしもそうだけど、トレーシーのヴォーカルが持つニュアンスや抜け感は唯一無二のものだと思っている。日曜の夜の眠りに誘う心地よい一曲。
アルバム『A Distant Shore』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


April 02, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/野宮 真貴 vol.1

April.01 – April.08, 2021

Saturday Morning

スクリーンショット 2021-04-01 17.33.59
Title.
地球はメリー・ゴーランド
Artist.
ガロ
久しぶりに70年代に流行ったブーツカットのデニムがリバイバルする兆しがあるとか。ファッションには世相が反映されるというけれど、大きな変化を迎えている2021年の今と、混沌としていた70年代という時代がリンクするのかも知れない。そういえば、最近また当時のフォークソングを聴きたくなっている自分もいるし。 
私のお気に入りのフォークソングはガロのこの1曲。美しいメロディにのせたシンプルな歌詞が心を少し軽くしてくれる。ブーツカット・デニムを三人三様おしゃれに着こなしていたガロのメンバー達を思い出しながら曲を聴いている。当時は「ベルボトムのGパン」と呼んでいたけどね。
アルバム『GARO』収録。

Sunday Night

600x600bf-60
Title.
What The World Need Is Love
Artist.
Jackie De Shannon
4月になって、桜が咲いてすっかり春だわと浮かれていると、“花冷え”と言って急に寒くなることがあるので油断は禁物。それが日曜の夜だったりしたら、おとなしく部屋でカシミアの毛布にくるまってワイン片手にレコードに針を落として過ごすのもいい。
「私たちはもうすべてを持っているのだから、何かを欲しがる必要なんてない。大切なのは愛し合う心を持つこと」。
渋谷系大ルーツの最強コンビ、バート・バカラック&ハル・デイヴィッドのこの曲こそ、今本当に必要な一曲。“愛”はカシミアの毛布より温かいから。
ちなみに、私も小西康陽さんの素敵な日本語詞でカヴァーしています。
アルバム『What The World Needs Now Is Love』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


ミュージシャン/エッセイスト 野宮 真貴

ピチカート・ファイヴ3代目ヴォーカリストとして、90年代に一世を風靡した「渋谷系」ムーブメントを国内外で巻き起こし、音楽・ファッションアイコンとなる。現在は“渋谷系とそのルーツの名曲を歌い継ぐ”音楽プロジェクト「野宮真貴、渋谷系を歌う。」を行うなど、ソロアーティストとして活動。2020年は還暦イヤーを迎え、音楽、ファッションやヘルス&ビューティーのプロデュース、エッセイストなど多方面で活躍している。
ベストセラー・エッセイ『赤い口紅があればいい』『おしゃれはほどほどでいい』(幻冬舎)
ソロベストアルバム『野宮真貴 渋谷系ソングブック』、ピチカート・ファイヴベストアルバム『The Band Of 20th Century: Nippon Columbia Years 1991-2001』が好評発売中。2020年秋に還暦にして初となるモバイルファンクラブ「おしゃれ御殿」をオープンした。

「おしゃれ御殿」
オフィシャルサイト
インスタグラム
野宮真貴アルバム
PIZZICATO FIVEアルバム
野宮真貴エッセイ

Latest Issue暮らしの中の、大人のスタンダード。2021.09.18 — 880円