今月の選曲家 クニモンド瀧口 | Article | & Premium (アンド プレミアム)

Music

June 23, 2017 今月の選曲家 クニモンド瀧口

June.23 – June.29, 2017

Saturday Morning

saturday4
Title.
Come Saturday Morning
Artist.
Chet Baker
ライザ・ミネリが主演した映画『くちづけ』の挿入歌として、サンドパイパーズによって歌われ、当時ヒットチャートを賑やかしていた曲。たくさんのカバーもリリースされて、その中でも異色なのがチェット・ベイカーによるものです。ジャズトランペット、ボーカルのイメージがある彼ですが、アルペジオのギターに乗せて歌い、イージー・リスニング感溢れる曲になっていて妙にハマっています。どことなく影がありそうで、何とも爽やかに歌うスタイルは、タイトル通り土曜の朝のテーマソングとしてちょうど良い感じです。
アルバム『Blood, Chet And Tears』収録。

Sunday Night

sunday4
Title.
The Meaning of Love
Artist.
Steve Kuhn
ECM盤などで知られるジャズ・ピアニスト、スティーヴ・キューン。気怠くメランコリックな歌は、彼自身によるもの。哲学的な歌詞もグっときます。ECMレーベルにハマっていた時期があって、そこから知ったのがこのアルバムでした。ノルウェイのシンガー、カーリン・クローグと共演しているバージョンも素晴らしいのですが、僕はこのアンニュイな声と雰囲気が好きで、こちらを良く聴いてしまいます。シンプルな演奏にそっと寄り添うストリングスは、ゲイリー・マクファーランドによるアレンジ。日曜の夜、ちょうど良い曲です。
アルバム『Steve Kuhn』収録。

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら

流線形 クニモンド 瀧口

個人プロジェクト流線形で3枚のアルバムをリリース。音楽プロデュース、楽曲提供、選曲などで活動。代表作品一十三十一『CityDive』。2017/7/5発売ナツ・サマー『Hello,future day』プロデュース。

cunimondo.com

Latest Issueさっと作れる、あの人の手料理。2021.07.19 — 880円