土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/野宮 真貴 vol.1 | Music | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

April 02, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/野宮 真貴 vol.1

April.01 – April.08, 2021

Saturday Morning

スクリーンショット 2021-04-01 17.33.59
Title.
地球はメリー・ゴーランド
Artist.
ガロ
久しぶりに70年代に流行ったブーツカットのデニムがリバイバルする兆しがあるとか。ファッションには世相が反映されるというけれど、大きな変化を迎えている2021年の今と、混沌としていた70年代という時代がリンクするのかも知れない。そういえば、最近また当時のフォークソングを聴きたくなっている自分もいるし。 
私のお気に入りのフォークソングはガロのこの1曲。美しいメロディにのせたシンプルな歌詞が心を少し軽くしてくれる。ブーツカット・デニムを三人三様おしゃれに着こなしていたガロのメンバー達を思い出しながら曲を聴いている。当時は「ベルボトムのGパン」と呼んでいたけどね。
アルバム『GARO』収録。

Sunday Night

600x600bf-60
Title.
What The World Need Is Love
Artist.
Jackie De Shannon
4月になって、桜が咲いてすっかり春だわと浮かれていると、“花冷え”と言って急に寒くなることがあるので油断は禁物。それが日曜の夜だったりしたら、おとなしく部屋でカシミアの毛布にくるまってワイン片手にレコードに針を落として過ごすのもいい。
「私たちはもうすべてを持っているのだから、何かを欲しがる必要なんてない。大切なのは愛し合う心を持つこと」。
渋谷系大ルーツの最強コンビ、バート・バカラック&ハル・デイヴィッドのこの曲こそ、今本当に必要な一曲。“愛”はカシミアの毛布より温かいから。
ちなみに、私も小西康陽さんの素敵な日本語詞でカヴァーしています。
アルバム『What The World Needs Now Is Love』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


ミュージシャン/エッセイスト 野宮 真貴

ピチカート・ファイヴ3代目ヴォーカリストとして、90年代に一世を風靡した「渋谷系」ムーブメントを国内外で巻き起こし、音楽・ファッションアイコンとなる。現在は“渋谷系とそのルーツの名曲を歌い継ぐ”音楽プロジェクト「野宮真貴、渋谷系を歌う。」を行うなど、ソロアーティストとして活動。2020年は還暦イヤーを迎え、音楽、ファッションやヘルス&ビューティーのプロデュース、エッセイストなど多方面で活躍している。 ベストセラー・エッセイ『赤い口紅があればいい』『おしゃれはほどほどでいい』(幻冬舎) ソロベストアルバム『野宮真貴 渋谷系ソングブック』、ピチカート・ファイヴベストアルバム『The Band Of 20th Century: Nippon Columbia Years 1991-2001』が好評発売中。2020年秋に還暦にして初となるモバイルファンクラブ「おしゃれ御殿」をオープンした。 「おしゃれ御殿」 オフィシャルサイトインスタグラム 野宮真貴アルバム PIZZICATO FIVEアルバム 野宮真貴エッセイ