vol.14 タイムのパン・デ・ロー。 — Herbal Sweets | 長田佳子の季節のハーブを愉しむお菓子。 | & Premium (アンド プレミアム)

長田佳子の季節のハーブを愉しむお菓子。

Herbal Sweets / May 21, 2021 vol.14 タイムのパン・デ・ロー。

自然からのいただきものであるハーブの力を取り入れて、心と体に優しく寄り添う「レメディ」のようなお菓子を作る〈foodremedies〉として活動する菓子研究家の長田佳子さん。砂糖にはない甘さやほのかに感じる苦味、鼻をくすぐるいい香り——。ハーブはそのときの心と体の状態によって、五感で感じ取るものが繊細に変化する奥深さを秘めた暮らしに役立つ植物です。そんな季節のハーブを使った長田さんオリジナルのお菓子のレシピを紹介するこの連載。第14回は「タイムのパン・デ・ロー」をお届けします。

 

This Month's Herbal Sweets

「タイムのパン・デ・ロー」

タイムのパン・デ・ロー
タイムのパン・デ・ロー
 

手で食べたくなる、フレンドリーなポルトガルのカステラ。

しとしとと静かにゆっくりと空から降り続く五月雨。まっすぐに伸びる雨のライン、小さな葉っぱについたまんまるのしずく、雨に濡れた花——。そして、時折訪れる梅雨晴れの真っ青な空のブルー。天気の移ろいや風情を繊細に感じられる季節に呼応して、自然と内省的な時間が増える気がします。そんな瞬間に、ふと去来するのは「サウダージ」というポルトガル語のフィーリング。ノスタルジアや甘苦い懐かしさを表現した、ポルトガル語で歌われる「ボサノヴァ」が耳に心地よく響きます。5月はそんな音楽を聴きながら、ポルトガル生まれのお菓子を作るという、ちょっとした“遊び”を楽しんでみるのはいかがでしょう。日本で食べられるカステラのルーツともいわれる、「パン・デ・ロー」は、ボサノヴァのスタンダードナンバーのように、ポルトガルの“ホームメイド・ケーキ”のクラシックとして長く愛されてきたお菓子です。20分あったら完成する手軽さにも心躍ります。卵が味の輪郭になるので、平飼いでのびのびと育った鶏の新鮮な卵を使うのがおすすめ。味のひとひねりとして、タイムをすりつぶして、爽やかな風味づけをしてみましょう。口の中に広がる気品ある香りと、ふわふわとした生地の食感は、どこか郷愁に駆られる味わいでクセになりそうです。

タイム/シソ科の植物。原産地は地中海沿岸。タイムの品種は草丈が20㎝程度の立性と草丈が10㎝程度の横に這うように広がる匍匐性などがある。歴史的に古くから嗜まれていたハーブで、古代ギリシャ時代では神殿で焚く香に用いられ、古代エジプトではミイラを作る際の防腐剤として利用されてきました。また、西洋料理ではスープや煮込み料理、ソテーなどにも幅広く利用されるなど、キッチンハーブとしても重宝します。タイムが持つ成分には、抗菌作用や喉の痛みを和らげる作用があるといわれています。
タイム/シソ科の植物。原産地は地中海沿岸。タイムの品種は草丈が20㎝程度の立性と草丈が10㎝程度の横に這うように広がる匍匐性などがある。歴史的に古くから嗜まれていたハーブで、古代ギリシャ時代では神殿で焚く香に用いられ、古代エジプトではミイラを作る際の防腐剤として利用されてきました。また、西洋料理ではスープや煮込み料理、ソテーなどにも幅広く利用されるなど、キッチンハーブとしても重宝します。タイムが持つ成分には、抗菌作用や喉の痛みを和らげる作用があるといわれています。
 

レシピ 1個(15cm)分 

・全卵1 個
・卵黄3個
・きび砂糖40g
・薄力粉30g
・タイムふた枝分 
・ブランデー5ml

 

How to cook

1.	タイムをすりつぶす。
1. タイムをすりつぶす。
2. 全卵と卵黄ときび砂糖をボウルに入れ、ハンドミキサーで3倍
量になるまで(生地を持ち上げたときにもったりとするまで)泡立てる。
2. 全卵と卵黄ときび砂糖をボウルに入れ、ハンドミキサーで3倍 量になるまで(生地を持ち上げたときにもったりとするまで)泡立てる。
3. 「2」に薄力粉をふるいながら入れ、タイムを加えゴムベラで大きく
混ぜ、ブランデーを入れて少し混ぜてなじませる。
3. 「2」に薄力粉をふるいながら入れ、タイムを加えゴムベラで大きく 混ぜ、ブランデーを入れて少し混ぜてなじませる。
4.クッキングシートを敷いた型に「3」を流し入れ、220℃のオーブンで10分を目安に焼く。
4.クッキングシートを敷いた型に「3」を流し入れ、220℃のオーブンで10分を目安に焼く。
_DSC6396
_DSC6396

photo: Hiroko Matsubara edit & text : Seika Yajima
ハーブ:まるふく農園 キッチンクロス提供:FLUFFY AND TENDERLY
器:インド食器、スウェーデンアンティークのグラスほか

菓子研究家 長田佳子

<プロフィール>

菓子監修 長田佳子〈foodremedies〉
菓子研究家。レストラン、パティスリーなどでの修業を経て、YAECAフード部門「PLAIN BAKERY」でメニュー開発、お菓子の製造を担う。2015年に独立。〈foodremedies〉という屋号でハーブやスパイスなどを使ったまるでアロマが広がるような、体に素直に響くお菓子を研究している。著書に『季節を味わう癒しのお菓子』(扶桑社)、『全粒粉が香る軽やかなお菓子』(文化出版局)などがある。

Latest Issueやっぱり、台所は大切です。2021.05.20 — 880円