ヴィクトワールの素敵な暮らし。LES AVENTURES DE VICTOIRE

キュウリとミントが爽やかな〈ビュリー〉の香水。〈ビュリー〉ブランドディレクター・ヴィクトワールの素敵な暮らし。vol.19 LES AVENTURES DE VICTOIREOctober 20, 2023 / 〔PR〕

Victoire de Taillac オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー OFFICINE UNIVERSELLE BULY VICTOIRE DE TAILLAC ヴィクトワール・ドゥ・タイヤック
Victoire de Taillac オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー OFFICINE UNIVERSELLE BULY VICTOIRE DE TAILLAC ヴィクトワール・ドゥ・タイヤック

Victoire de Taillac ヴィクトワール・ドゥ・タイヤック

パリの総合美容専門店『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』のブランドディレクター。新たな菜園の香りのコレクションにまつわるストーリーについて、庭づくりのエッセンスとともに紹介。

ポットに入ったミントの葉。蜜のように甘いミントティーを待つ時間も楽しいのです。ビュリー BULY ブランドディレクター ヴィクトワール・ドゥ・タイヤック 美容 コスメ
ポットに入ったミントの葉。蜜のように甘いミントティーを待つ時間も楽しいのです。

SCENT OF MOROCCO モロッコの香り。

 モロッコのタンジェで過ごした2年間は、人生で記憶に残る旅の一つです。視野が広がり、それまでの価値観が一転しました。当時の日常を彩るのは歴史への情熱、家族愛、精神性、人々の寛大さです。海が近く、庭に囲まれた場所で暮らし、波の音で目覚めることが、私は都会だけでの生活では満たされないのだと知るきっかけになりました。家族の食卓のために毎週木曜は朝市で季節の野菜や果物を買い、自家製パンも作っていた自由で穏やかな日々を思い出します。モロッコで新しい食材に出合い、味覚も進歩しました。
 私は、モロッコに行くまでキュウリを食べたことがありませんでした。オイルを少し垂らしただけのモロッコ風キュウリのサラダは、シンプルながら完璧な組み合わせです。このサラダに出合ってから、その繊細な爽やかさは私の食生活と家庭菜園で重要な意味を持ちました。青々とした香りのミントのハーブティーには慣れ親しんできましたが、熱くて蜜のように甘いミントティーはモロッコ以外では飲みません。どこでこれほどのミントが栽培されているのか想像できないほど、青果店やマルシェに山積みされているのです。キュウリとミントは、モロッコでの幸せな暮らしへの郷愁漂う夏の香りを私に運んできます。

今は過ぎ去った夏の香りを感じさせる、キュウリとミントのコンポジション。ビュリー BULY ブランドディレクター ヴィクトワール・ドゥ・タイヤック 美容 コスメ
今は過ぎ去った夏の香りを感じさせる、キュウリとミントのコンポジション。

NEW FRAGRANCE COLLECTION
「コンコンブル・ダンド・エ・マント・ドゥ・シリィ」の香り。

菜園の香りの新コレクション"レ・ジャルダン・フランセ"より「コンコンブル・ダンド・エ・マント・ドゥ・シリィ」の水性香水。爽快な海風とみずみずしさをたっぷりと含んだキュウリの軽やかな香りに、ムスクのまろやかさが加わり、ミントの爽快感が駆け抜けます。歴史や伝説にもたびたび登場するキュウリの爽やかな緑色は、みなぎる力と喜びを与えてくれます。優しい甘さのミントと地中海産ハーブの野性的で意気揚々としたアクセントが、心まで優しく包み込むのです。
OFFICINE UNIVERSELLE BULY
OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)</a/>は、1803年パリ創業の総合美容専門店。水性香水や植物オイルを始めとする自然派化粧品の他、オーラルケア、ヘアケア、ルームフレグランス、美容アクセサリーなどが揃う。レトロフューチャリスティックな視点から新旧が交差する2つの時代がテーマの新宿店。製品が並ぶ印象的なキャビネットは、ビュリー専属の家具職人と日本の高度なガラス加工技術の出会いによって実現した、バロック様式の美しい流線に融合させた透明感あるジャパネスクな装飾を施しています。OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー) ビュリー BULY オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー ブランドディレクター ヴィクトワール 美容 コスメ 新宿店

OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)は、1803年パリ創業の総合美容専門店。水性香水や植物オイルを始めとする自然派化粧品の他、オーラルケア、ヘアケア、ルームフレグランス、美容アクセサリーなどが揃う。レトロフューチャリスティックな視点から新旧が交差する2つの時代がテーマの新宿店。製品が並ぶ印象的なキャビネットは、ビュリー専属の家具職人と日本の高度なガラス加工技術の出会いによって実現した、バロック様式の美しい流線に融合させた透明感あるジャパネスクな装飾を施しています。

ブランドストーリーはこちら

異国の夢を描く新しい4種の香り。

太陽の光ふりそそぐ彼の地の記憶と希少な香りが織りなす、新しい4種の香りの水性香水。クラシックコレクションに加わった4種の香り(イリス・ドゥ・マルトアンブル・ドゥ・マダガスカルミルラ・デリトレーセードル・デュ・リバン)は、異国の夢を描く贅沢なアコードで、まったく新しい香りの天地を広げています。

4種の香り(イリス・ドゥ・マルト、アンブル・ドゥ・マダガスカル、ミルラ・デリトレー、セードル・デュ・リバン)ビュリー BULY ブランドディレクター ヴィクトワール・ドゥ・タイヤック 美容 コスメ

●問合せ/オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(ビュリージャパン) ☎︎0120−09−1803

photo : Mohamed Khalil

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円