Music

土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/mabanua vol.4July 26, 2019

July.26 – August.01, 2019

Saturday Morning

Title.
Time Flies
Artist.
藤原さくら
手前味噌で申し訳ないのですが、自分がサウンドプロデュースした曲です。アーティストであるさくらちゃんと、余計な仕事感覚なく、のびのびと作らせてもらえたEPがこの『green』です。僕は普段自分の仕事案件の曲はリリースされても聴き返すことはあまり無いのですが、この曲は珍しくプライベートでもよく聴く1曲になっています。アコースティックなんだけど踊りたくなる、伸びやかなんだけど力強い、そんな不思議な雰囲気を持った曲。土曜日の朝にピッタリだと思います。
アルバム『green』収録。

Sunday Night

Title.
Chill Pill (Experiment 2)
Artist.
Hawk House
UKのグループで、J Dillaイズムをとてもセンス良く引き継いでいるのがこのHawk Houseだと思います。メロウなんだけど怪しさや緻密さを併せ持つ、今のUSシーンではなかなか生まれなさそうな懐かしくも新しいサウンドを聴かせてくれます。女性ボーカルがいるのも特徴で、後半の彼女のボーカルがまた最高です。人けの無い夜道、または下町を1人で歩く際に聴いて欲しいですね。
アルバム『A Handshake to the Brain』収録。
&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。

もっと読む


日本人ドラマー、プロデューサー、シンガー mabanua


ブラック・ミュージックのフィルターを通しながらもジャンルに捉われないアプローチで全ての楽器を自ら演奏し、国内外のアーティストとコラボして作り上げたアルバムが世界各国で話題に。また、プロデューサーとして100曲以上の楽曲を手がけ、多数のCM楽曲や映画、ドラマ、アニメの劇伴も担当。またToro y Moi,Chet Faker,Madlib,Thundercatなど海外アーティストと多数共演。さらに、Shingo Suzuki、関口シンゴとのバンド “Ovall” としても活動し、大型フェスの常連となる。また、ビートメイカーBudamunkとのユニット “Green Butter“、タブラ奏者 U-zhaan と共に “U-zhaan × mabanua”、ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文のソロプロジェクト “Gotch BAND” のメンバーとしても活動。最新アルバム『Blurred』が発売中。


Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 127すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。2024.05.20 — 930円