Music

ライター・竹田ダニエルさんが選ぶ土曜の朝と日曜の夜の音楽。vol.2September 08, 2023

September.08 – September.14, 2023

Saturday Morning

Title.
NEW DANCE
Artist.
XG
XGの「好き」が全部詰まっている曲! 「GRL GVNG」「TGIF」そして「NEW DANCE」。全く異なるジャンルの曲を軽やかにやりこなし、毎回ベストを更新し続けて、どんどん輝きを増してる。 誰が聴いても幸せになれるし、とにかく元気が出る!曲を聴くたびに、「人生はパーティー、楽しんだもん勝ちだよ」と鼓舞してくれるようなXGのポジティブなエネルギーが伝染していく。どうしても起き上がれないと思うほど体が重くても、気づけば「NEW DANCE」の名前の通り、寝起きの土曜の朝から一人で新しいダンスを踊っちゃったりして。
アルバム『NEW DNA』収録。

Sunday Night

Title.
Broken Clocks
Artist.
SZA
SZAのディスコグラフィーの中でも、ファンの中で根強い人気を持つ名曲中の名曲。どうしても縁が切れない元恋人と過ごした時間、無駄にしてしまった時間、無駄ではなかった時間、取り戻せない若さ、そして巻き戻せない時間。何度でも同じ間違いを繰り返してしまう自分、そしてどうしても愛を諦められない自分。残されたのは思い出と記憶だけなのに、毎日忙しくて息をする時間もないのに、自分の道を歩むためには過去も抱きしつつ、前に進み続けなければならない。言語では説明しづらい、そんなノスタルジックで孤独な感情を、SZAはストーリーを描きながら抱擁してくれる。感傷的な一人の時間を過ごしたい日曜の夜、少し冷え始めた夜風を浴びながらじっくりと聴きたい。
アルバム『Ctrl』収録。



&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。

もっと読む


ライター 竹田ダニエル

1997年生まれ、カリフォルニア出身、在住。「音楽と社会」を結びつける活動を行い、日本と海外のアーティストをつなげるエージェントとしても活躍する。2022年には、文芸誌「群像」での連載をまとめた初の著書『世界と私のA to Z』(講談社)を刊行。9月28日頃に『#Z世代的価値観』(講談社)を発売。そのほか、現在も多くのメディアで執筆中。

twitter.com/daniel_takedaa

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円