Food

「春キャベツのハーブスープ」。冷水希三子さんに聞いたゆっくり体を目覚めさせるスープのレシピ。その1May 02, 2023

2023年4月20日発売の特集「朝を楽しむための28のこと」。陽射しを浴びたり、深呼吸したり、散歩したり、ゆったりと朝食をとったり……。さまざまな視点から、朝を楽しむための28のことを特集しています。ここでは、料理家の冷水希三子さんに聞いたゆっくり体を目覚めさせるやさしいスープのレシピから、「春キャベツのハーブスープ」の作り方を紹介します。

春キャベツのハーブスープ

「春キャベツのハーブスープ」。冷水希三子さんに聞いたゆっくり体を目覚めさせるスープのレシピ。その1 朝を楽しむための28のこと。
ハーブの爽やかな香りやスパイシーな香りがふわりと漂う。「塩味を加え、素麺や中華麺にかけてもおいしくなります」

春キャベツの甘味にハーブとスパイスが重なり、どこか〝アジアの風〞を感じられるような味わいに。「脂少なめな鶏ミンチを使ったので、朝に飲んでも重たく感じません。ライムを搾ったり青唐酢を加えたり、酸味や辛味を効かせても」

【材料(3~4人分)】
春キャベツ…1/4個 鶏ミンチ…100g 生姜… 1 かけ コリアンダーパウダー…小さじ1/3 水…500㎖ ディル… 5 g スペアミント… 5 g パクチー… 1 株 エクストラバージン オリーブオイル…小さじ2  塩…適量

【作り方】
1.春キャベツを一口大に切る。生姜はみじん切りに。ディルとスペアミント、パクチーをみじん切りにして合わせておく。

2.鍋にエクストラバージンオリーブオイルと塩、鶏ミンチを加える。中火で炒め、色が変わってきたら生姜とコリアンダーパウダーを加え炒める。

3.2に水を加え沸いたらアクを取り、春キャベツを加えくたっとなるまで煮て塩味を調え、1 で合わせたハーブを加える。

4.皿に盛り、エクストラバージンオリーブオイル(分量外)をたらす。

ある程度、鶏ミンチに火が通ったタイミングでスパイスを加えることで風味が出やすくなる。
ある程度、鶏ミンチに火が通ったタイミングでスパイスを加えることで風味が出やすくなる。
火を入れるとすぐに香りが飛んでしまうハーブ類は、スープの味が調った段階で最後に入れる。
火を入れるとすぐに香りが飛んでしまうハーブ類は、スープの味が調った段階で最後に入れる。

28 THINGS_SOUP

野菜の旨味、素材の色合いを楽しむ、
〝やさしいスープ〞がある生活を。

 朝、起きて、ゆっくりと体を目覚めさせるひととき——滋味深い、温かなスープがあれば、新しい一日が、軽やかで、穏やかなものになっていくものだ。たとえ、前日にハードなスケジュールをこなしたり、楽しい酒席で飲みすぎてしまったりしても。そのくらい、自分自身や大切な人を〝ケアする食べもの〞として、簡単に作れるスープという料理は頼もしい存在に思える。

 旬の食材のおいしさに向き合い、体にやさしいスープを作る冷水希三子さんに教えてもらったのは、野菜の旨味を真っすぐに感じることができる3つのスープ。

「私は〝おいしくて、気持ちいい〞ということを大切にしながら料理を作っています。特に朝は体が欲しているものを食べるようにしています。ふだんは、朝と昼を兼ねた食事にスープとパンをいただくことが多いかもしれません。いまの時季、心惹かれた食材は春キャベツ、新ジャガ、蕗薹(ふきのとう)、グリーンピースや空豆など。春の野菜は緑色のものが多く、それぞれのきれいな色を眺めているだけで気持ちよくなれるのが嬉しくて」

 調理する時間は、素材が持っている色の美しさに感じ入る豊かな時間でもあること——冷水さんのレシピは、そんなシンプルな気付きをもたらしてくれる奥行きがある。その上、アレンジして食す楽しさをも内包している。

「余ったときは冷蔵庫で保存を。2日間くらいは持つので、塩味を足して、素麺やパスタに絡めたり、茹でた餅を入れたりして好きに食べてみると新たなおいしさに出合えますよ」

冷水希三子 Kimiko Hiyamizu

料理家、フードコーディネーター。季節の素材を生かした料理を心がけ、雑誌や広告などで活動。食材の旨味を引き出した調理方法も支持を集める。著書に『スープとパン』『さっと煮サラダ』(ともにグラフィック社)などがある。

photo : Tetsuya Ito edit & text : Seika Yajima

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円