Nichiyohin骨董王子の日用品案内。

No. 75 / December 10, 2016 加山晴子のティーポット

1210

埼玉県の陶芸家、加山晴子さんの作る作品は、他にはない多彩な色が魅力的です。画家としての経歴や沖縄で作陶されていたことが、このようなおおらかな作風や色使いに表れているようです。少し大ぶりで肉厚な形も、安定感があってバランスの良さも魅力。実際、このティーポットでお茶を淹れたら、ゆっくりとした心地良い時間がイメージできて楽しさが膨らみます。

Photo:Naoki Seo
takahirogoko_b_color_6x6
Selector

郷古隆洋

ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て2010年に Swimsuit Department を設立。輸入代理店をはじめ、世界各国で買い付けたヴィンテージ雑貨などを販売する「BATHHOUSE」を運営するほか、店舗のインテリアコーディネートやディスプレーなども手がける。2015年9月には、日本で初の開催となるモダニズムショーを主宰した。→ swimsuit-department.com