Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

October 12, 2018 土曜の朝と日曜の夜の音楽。(homspun) 今月の選曲家/小林和人

October.12 – October.18, 2018

Saturday Morning

Title.
John Forbid(Live)
Artist.
Jennah Bell
秋空にとり残され、いつまでも漂う千切れ雲の様に、悔いともつかぬ気持ちだけが浮かんでいる。
オークランド生まれのシンガーソングライター、ジェナ・ベルによる、物憂げな旋律に力強い歌声が印象的なこの曲を聴くと、遠い記憶とともに仕舞い込まれていた、ある感情が呼び覚まされる。
比喩に満ちた重層的な歌詞から滲むのは、再び現れなかった相手への未練。
誰しも少なからず覚えたことがあるかもしれないこの感覚を、作詞家の松本隆氏は、かつて「なつかしい痛み」と表現した。「後悔」の対義語は、「納得」だろうか、それとも「諦め」だろうか。
朝からそんな事を考えるなんて、という声が聞こえてきそうである。
EP『Live At Mother NY』収録。

Sunday Night

Title.
Mike Vick
Artist.
Killiam Shakespeare
この数年というもの、良くも悪くもインターネットを介して新たな音に出会う機会が増えた。
フィラデルフィアを拠点とする彼らの事も、ジェナ・ベルの近況をYouTubeで探していた時に偶然出会った。この楽曲自体には彼女は参加してないないが、憂いを帯びたフレーズからは、様々な情景を思い起こさせる。今月末には新たな作品も発表されるとの事で、同時代の音楽を享受する楽しみがまた増えた。
明日の事を考えながら、眠りに就こう。
アルバム『Killiam Shakespeare』収録。

生活用品店 店主小林和人

1999年より国内外の生活用品を扱う店『Roundabout』(ラウンダバウト)を運営。2008年には、物がもたらす作用に着目する場所 『OUTBOUND』(アウトバウンド)を開始。 両店舗の全ての商品のセレクトと展覧会の企画のほか、執筆やスタイリング、ホテルの家具コーディネートなども手掛ける。著書に『あたらしい日用品』(マイナビ)、『「生活工芸」の時代』(共著、新潮社)がある。 
Instagram
Roundabout
OUTBOUND