& Premium (アンド プレミアム)

Eyesあの人が見つけたモノ、コト、ヒト

ギャラリスト 鶴野ゆか


February 15, 2018 チェンマイでのアートワークショップ 鶴野ゆか

2018.02.15

チェンマイでのアートワークショップ

少し前になるが、2人のアーティストを連れてタイ・チェンマイにあるHIV孤児院『バーンロムサイ』を訪れ、アートのワークショップを開催した。現地では子供達の笑顔と創造力に沢山のパワーを貰い、娘やスタッフ、アーティストたちと共に滞在したゲストハウス『hoshihana village』での一週間は、文字通り星のようにキラキラして花のように美しく優しい時間が流れていた。そして2018年の新年を迎え、ホームの子供達もみんな揃って元気に新年を迎えられたという知らせが、自分の家族同様に心から嬉しかった。今年も皆んな元気な笑顔で過ごせますように。

ワークショップの様子:
https://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10684

 
tsuruno-04
青空の下に次々と並べられていく作品たち。みんな立派なアーティスト!

October 02, 2017 モノクロームの青い空 鶴野ゆか

2017.10.02

モノクロームの青い空

フランスの芸術家イヴ・クラインは、親友である詩人パスカルと彫刻家アルマンと共にニースの海岸で寝転がり乍ら、3人で世界を分割することにした。その時、パスカルは空気を、アルマンは大地を、クラインは空を手に入れた。彼の作品と同じくらい、私はこの話が好きだ。そして秋晴れの空を見上げればいつもこの話を思い出す。その後、彼は青という色の可能性に没頭し、青色の作品だけを発表し続けた。我家の前に広がる池は、ここのところボート日和。澄んだ青空に抱かれてボートを漕げば、都内とは思えないゆったりした時間と共に彼が夢中になった色の中に確信した無限性を感じるのだ。

 
tsuruno-03
武蔵関公園(練馬区)の富士見池

July 03, 2017 「ヴェネチア・ビエンナーレ」のための特別なブローチ 鶴野ゆか

2017.07.03

「ヴェネチア・ビエンナーレ」のための特別なブローチ

2年に一度開催される世界最大の現代芸術祭「ヴェネチア・ビエンナーレ」の、57回目となる今回の日本館代表に岩崎貴宏さんが選ばれた。私の最近お気に入りジュエリーは、その出展に関する資金応援プロジェクトとして作られたピン・ブローチ。モチーフとなっているのは、シャープペンシルの芯で電柱を表現した初期の代表作で、18Kに姿を変えた作品は、オリジナルの作品同様にとても繊細で美しい。さて0歳の娘との初めての子連れ旅行となるヴェネチア行き。ちょっとした挑戦になりそうで未だ悩み中。

 
tsuruno-02
Venice Project 2017: TAKAHIRO IWASAKI meets TAKASHI KOJIMA

https://urano.tokyo/projects/01/

April 10, 2017 生まれたばかりの娘に贈った、はじめてのアート 鶴野ゆか

2017.04.10

生まれたばかりの娘に贈った、はじめてのアート

公私共々仲良しのアーティストである笠井麻衣子ちゃんには、毎年、干支をモチーフとした油絵を描き下ろしてもらっているのですが、今年は私の好きな鳥がテーマの作品になりました。
フェルメール作品『レースを編む女』の、一人で刺繍をする少女に小鳥を取り入れた作品で、「幸福感のある縁起の良い雰囲気の作品にしたかった」とのこと。なんて優しくて美しい作品なのだろう。
美しく羽ばたいて欲しいという意味を込めて美羽(みう)と名付けた酉年生まれの彼女にぴったりな作品。早速ベビーベッドの傍に飾って眺めては日々の幸せに感謝しています。

 
tsuruno-01
作品のタイトルは『いつも手伝ってくれる』

ギャラリスト 鶴野ゆか

つるの・ゆか/NY滞在後、2009年にコンテンポラリー・アートの〈ユカ・ツルノ・ギャラリー〉開廊。トップギャラリーが集う天王洲のアートコンプレックスを拠点に国内外の作家の展覧会を企画。
www.yukatsuruno.com
現在は長野を拠点に活躍する油彩画家・上田暁子の展覧会を開催中(2/17まで)
プライベートではオーガニックフレンチレストラン〈ALETTA〉のオーナーでもあり、1児1猫の母。
http://www.alettapark.com
インスタグラムもご覧ください。