土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/伊藤ゴロー vol.3 | Music | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

December 20, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/伊藤ゴロー vol.3

December.20 – December.26, 2019

Saturday Morning

Title.
Bleue
Artist.
Ky
パリを拠点に活動する仲野麻紀とヤン・ピタールのユニット、Ky(キィ)。モダンでメタリックなサックスの響き、ウードの音色はユーラシアの砂漠を行き来するグリオのようだ。2人のアンサンブルは、時間線を跨ぎながら虚に空間を漂う。冒頭のエリック・サティの曲はアルメニアの洞窟修道院で歌われる聖歌のようにも聴こえる。白日夢に見たサハラブルー。
アルバム『Désespoir Agréable』収録。

Sunday Night

Title.
Voyage
Artist.
Anja Lechner
子供の頃から寝つきが悪い。今でも、そう簡単には眠れない。なにかやり残したことがあるような気がして、(実際にあるのですが)心配で眠れないのです。アニヤ・レヒナーはフランソワ・クチュリエの「ノスタルジア」という作品でも共演している女性チェリスト。静謐で祈りのようなチェロの音色は永遠の欠片。これを聴きながらおとなしく眠れるかな、と思う。
アルバム『Moderato Cantabile』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら


作曲家/ボサノヴァ・ギタリスト/音楽プロデューサー 伊藤ゴロー

ボサノヴァ・フィーリングを感じさせる独自の楽曲で、ロック~クラシック~ミニマルとジャンルを横断し音楽を探求。独特のストリングス・アレンジやハーモニーはコードの魔術師と呼ばれる。ソロ以外にもボサノヴァ・デュオ「naomi & goro」としても活動中。坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏、「ジャキス&パウラ・モレレンバウム」との共演は海外でも話題を呼んだ。2017年、アルバム『アーキテクト・ジョビン』がハイレゾ音源大賞、ブラジルディスク大賞2位を受賞。近年は、原田知世のアルバムをプロデュース。最新アルバム『Candle Lights』収録曲「冬のこもりうた」は、現在公開中映画『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』の主題歌となり異例の大ヒット。 V.A.『ゲッツ/ジルベルト+50』他、多数のアルバムをプロデュース。映画『君は月夜に光り輝く』『思い、思われ、ふり、ふられ』、TVアニメ『アルテ』を始め多くの映画音楽を担当。2020年1月1日一般発売、Negiccoのkaede 1stフルアルバム『今の私は変わり続けてあの頃の私でいられてる。』 収録曲、「永遠の断片(かけら)」(作詞・作曲・編曲:伊藤ゴロー)を楽曲提供。 http://itogoro.jp