とにかく「しまう家」の、アイデアと工夫。House of Ingenuity

Living Dining Room_テレビを片付け、白壁を覆わない。とにかく「しまう家」の、 アイデアと工夫。February 12, 2024

夫婦揃って建築士である青柳綾夏(あやか)さんと創(はじめ)さんが暮らす、ふたりが設計した家。とにかくしまうアイデアいっぱいの家、ここではリビングルームのアイデアを紹介します。

キッチンから連続するリビングダイニングルームは、8畳あるかないか。それでも「キッチンの冷蔵庫と同様に、見た目のノイズになりがちなテレビも、扉の中に収納することにしたら、それだけで感覚的に広々。テーブルや窓は大きく、でもソファは置かないなど差し引きして、バランスを取るようにもしています。ぬいぐるみなどは寝室に飾っていますが、子どもの学習関連のものは、まだそう多くはないので、それらはいったん表に出さない暮らしを試しています」と創さんは話す。テラスや吹き抜けから入る光が珪藻土の天井や壁、マットなホワイトオーク材の床にやさしく反射するのも、部屋を伸びやかに見せるのにひと役買っている。

 
観るとき以外は収納して、テレビの存在感を消してしまう。

真っ黒なテレビモニターの存在感は大きい。「子どもも観ますし、情報収集するためにも、最も滞在時間の長い1階にテレビを置かないわけにはいきませんでした。それで、部屋の隅の凹みに押し込む形で専用コーナーを作り、扉も付けて、存在感を消す作戦に」
観るとき以外は収納して、テレビの存在感を消してしまう。

真っ黒なテレビモニターの存在感は大きい。「子どもも観ますし、情報収集するためにも、最も滞在時間の長い1階にテレビを置かないわけにはいきませんでした。それで、部屋の隅の凹みに押し込む形で専用コーナーを作り、扉も付けて、存在感を消す作戦に」
大きなダイニングテーブルを置いて、部屋を狭く見せない。

「狭いと小さな家具を選びがちですが、思い切って、大きめなものを置いたほうが、空間にダイナミックさが生まれます」。ダイニングテーブルは〈カール・ハンセン&サン〉。地上3mの高さに位置するテラスの眼前に遮る建物がないため、開放感もある。
大きなダイニングテーブルを置いて、部屋を狭く見せない。

「狭いと小さな家具を選びがちですが、思い切って、大きめなものを置いたほうが、空間にダイナミックさが生まれます」。ダイニングテーブルは〈カール・ハンセン&サン〉。地上3mの高さに位置するテラスの眼前に遮る建物がないため、開放感もある。
窓とカーテンは、開けたそばから戸袋に入れられる仕組みに。

テラスと”リビングダイニング”の境の大きな窓は引き込み式。「まわり階段と壁の間にスペースができたので、戸袋にしています。それでもまだ余裕があったので、そこにはカーテンをしまっておけるように、レールを戸袋の中まで延ばしてあります」
窓とカーテンは、開けたそばから
戸袋に入れられる仕組みに。


テラスと”リビングダイニング”の境の大きな窓は引き込み式。「まわり階段と壁の間にスペースができたので、戸袋にしています。それでもまだ余裕があったので、そこにはカーテンをしまっておけるように、レールを戸袋の中まで延ばしてあります」
学習机を持たない長女の持ち物は、階段下収納へ。作品は内側に貼る。

「今のところ、長女には学習机を用意せず、リビング学習をさせています。それで、教科書やドリル、プリントは、勉強するテーブルに近い、2階の屋上に上がる階段下を活用して作った棚の中を定位置に」。同じ階段下、もう半分のスペースは冷蔵庫置き場。
学習机を持たない長女の持ち物は、
階段下収納へ。作品は内側に貼る。


「今のところ、長女には学習机を用意せず、リビング学習をさせています。それで、教科書やドリル、プリントは、勉強するテーブルに近い、2階の屋上に上がる階段下を活用して作った棚の中を定位置に」。同じ階段下、もう半分のスペースは冷蔵庫置き場。
ソファは置かない。代わりに”プフ”を 使い、中には今着ない衣類を入れる。
ソファは置かない。代わりに”プフ”を使い、中には今着ない衣類を入れる。

長女の未詠ちゃんが寛ぐのはソファ代わりにしている、モロッコのプフ。「ほんとうは大きなソファが置けたらいいんですが、部屋が狭くなるので断念。ただ、プフは、現地でもそう使うらしいですが、中にシーズンオフの衣類をしまっておけるんですよね」

House of Ingenuity とにかく「しまう家」の、アイデアと工夫。

キッチンの表に出ているものは、一日に複数回、ほぼ毎日使うもののなかの、さらにデザイン性の高いものに絞って。家電や、大小バラバラな鍋、保存容器などのように、機能的であっても、くつろぎの妨げになり得るものは扉の中にしまい、すっきり見せる。
キッチンの表に出ているものは、一日に複数回、ほぼ毎日使うもののなかの、さらにデザイン性の高いものに絞って。家電や、大小バラバラな鍋、保存容器などのように、機能的であっても、くつろぎの妨げになり得るものは扉の中にしまい、すっきり見せる。
 

夫婦揃って建築士という、青柳綾夏(あやか)さんと創(はじめ)さんが暮らすのは、ふたりが設計した家。予算が限られていたため、あえて相場より安い特殊な土地を探し、見つけたのは、高低差が4m以上ある建坪約24㎡の土地。家の一部は傾斜地に食い込むようにして立つ。コンパクトな家になることは明らかだったが、「ふたりして物を出しておきたくないタイプ。にもかかわらず、片付けが苦手なので、物の居場所を決めた上での収納の確保が大きな課題となりました」と綾夏さん。創さんいわく、「辿り着いた答えは、機能や場所をまとめ合わせること。省スペースを図るのはもちろんのこと、何より”しまいやすく””しまい込める”家づくりです」。階段途中にキッチンが現れ、バスルームは階段の踊り場で、階段は洗い場といった具合。とにかくしまうアイデアいっぱいの家を拝見する。

約50㎡の狭小地で、許容建坪は約24㎡。地下2階分を掘って、床面積を広げた。まわり階段で上下階を移動する、1フロア1室×4階建て。階段の踊り場が玄関を兼ね、階段上下は収納棚にするなどして、省スペースを実現。吹き抜け兼明かり取りを通じ、全階が繋がる。
約50㎡の狭小地で、許容建坪は約24㎡。地下2階分を掘って、床面積を広げた。まわり階段で上下階を移動する、1フロア1室×4階建て。階段の踊り場が玄関を兼ね、階段上下は収納棚にするなどして、省スペースを実現。吹き抜け兼明かり取りを通じ、全階が繋がる。
青柳綾夏 / 青柳 創 1級建築士

青柳綾夏 / 青柳 創一級建築士 / 一級建築士

妻の綾夏さんは筑波大学大学院修士課程修了。東京・杉並区で〈アオヤギデザイン〉を主宰、住宅や商業施設なども手がける。夫の創さんは東京藝術大学大学院修士課程修了。現在は設計事務所勤務。夫妻は4年前、現在小学4年生の未詠ちゃんと今の家に引っ越してきた。

photo : Yuka Uesawa illustration : Shinji Abe (karera)  edit & text : Koba.A

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円