Book

選・文 / smokebooks / January 27, 2022 本屋が届けるベターライフブックス。『ひとりよがりのものさし』坂田和實 著 (新潮社)

This Month Theme“居心地のいい部屋”作りの参考になる本。

「居心地のいい」とはなにか?「環境」と「流行」。整然がいい、雑然がいい。育ってきた環境が人それぞれであるように「居心地のいい」も人それぞれ。「流行」「居心地のいい」は時代とともに変わるものでもある。30代の僕がおしゃれと感じる空間を作っている人たちを辿っていくと突き当りに『古道具坂田』があった。それは僕だけでなく古いものに心を奪われる若者たちの「居心地のいい」の流行の突きあたりでもあった。
じっくり『ひとりよがりのものさし』と改めて向き合って、このタイトルこそ、古いものを扱う商いをしてきた人特有の言いまわしだと気が付けた。けっして本音をそのまま言葉にはしない、謙遜と自信の組み合わせ。
あえて、憧れを言葉にできたことは自分も「そこ」に少し近づけたのかもしれない。
(北澤孝裕) 


BOOKSHOP smokebooks

美術、デザイン、絵本を中心に和書・洋書幅広く、古書から新刊まで取り扱っている。また、雑貨や文房具、CDやレコードなどの販売もしていて、生活に新たな彩りを与えてくれる掘り出しものにも出合える。 ●千葉・みのり台店 住所:千葉県松戸市稔台1–21–1 あかぎハイツ113号室 営業時間:(火~日曜) 12:00~18:00  定休日:月曜 ●東京・清澄白河店 住所:東京都江東区三好3-9-6 営業時間:12:00~18:00 定休日:月、金曜

smokebooks.net

Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円