Movie極私的・偏愛映画論。

This Month Themeチャーミングなキャラクターに出合える。

Groundhog Day / October 20, 2016 『恋はデジャ・ブ』

Selector

塩川いづみ(イラストレーター)

012_premium_fix

じわじわくる中年男性のチャーム。

 彼の名前はビル・マーレイ。チャーミングなキャラクターと言われて真っ先に頭に浮かんだのが彼、劇中の役名ではなく俳優ビル・マーレイなのでした。
私と同世代の方がみていたらゴーストバスターズの博士役、近年だとロストイントランスレーションが印象的かもしれません。一貫して飄々として、どこか人を小馬鹿にして諦観しているような演技(演じているか素なのかわからないですが)、そんな彼の出演作の中で内容ともに好きな『Groundhog day』。

 彼が演じる高慢で鼻持ちならない主人公フィルが、退屈な田舎町の祭事に取材に行き、そこでどういう訳か同じ一日のループから抜け出せなくなってしまうというストーリー。朝起きると昨日と同じ一日が始まる。どんな罪を犯しても、たとえ絶望して車で崖から落ちても翌日6時にはリセットされてまた同じ日が始まってしまう。共有したい良い思い出も翌日にはフィル以外誰も覚えていない。コメディタッチで描かれてはいるものの、死は選べないし明日も永遠に来ない なんて、考えたら本当に恐ろしい話!
しかしそんな悲観的な状況も、画面に彼がいると牧歌的に見えてしまうのが不思議。絶望したと思ったら、この状況を前向きに利用して好きな女性をものにしようと奮闘するフィルが可愛い。台詞だけでなくちょっとした仕草や佇まいにも感じるユーモアがこちらに安心感をもたらせてくれるのは彼の真骨頂ではないかしら。そしてストーリーは後半から哲学的な意味合いをおびて、一日一日を大事に過ごすことにフィルが気づき始めたところから状況が好転していく……。

 人生で一番美しい頃合いの俳優たち、磨き抜かれた美を備えた女優たち、チャーミングのプロフェッショナルがごまんといる映画の世界で、この一見疲れたおじさんに惹かれてしまうのはどうしてだろう。理屈じゃなく、真顔で腰掛けているだけで じわじわくる中年男性のチャームこそ本物なのかもしれない。

illustration : Yu Nagaba
movie_chart1018
ライトなラブストーリーを想像してしまう邦題と内容がそぐわない。コメディタッチでテンポよく進む中で問いかけてくるのは「あなたはどう生きるか」だ。主人公が酒場で「ひとつの場所から出られず, 毎日同じことの繰り返しならどうする?」と問いかけた時、店で飲んでいた客が「おれの人生だな」と答えるシーンは印象的。
%e6%81%8b%e3%81%af%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%82%a6%e3%82%99
Title
『恋はデジャ・ブ』
Director
ハロルド・ライミス
Screenwriter
ハロルド・ライミス
ダニー・ルビン
Year
1993
Running Time
101分
『恋はデジャ・ブ』
発売中 DVD ¥1,410(税抜)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

Izumi Shiokawa塩川いづみ(イラストレーター)

長野県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。広告、雑誌、商品などで活動するほか、展示会で作品の発表もしている。最近の仕事にCLASKA shop&gallery“DO”のオリジナル商品「SWAY」「MAMBO」、京都一保堂茶舗オリジナル商品イラストレーションなど。作品集に『between YOU&ME』(ELVIS PRESS)『3着の日記』(ひがしちか・前田ひさえと共著/土曜社)東京在住。http://shiokawaizumi.com