& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

October 04, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/中嶋朋子 vol.1

October.03 – October.10, 2019

Saturday Morning

Title.
Hang on St. Christopher
Artist.
Tom Waits
少し攻撃的な自分にさえ、抗うことを手放させてくれる。やってくるのは心地よさ。ヒリヒリとした夏の残り香がある時なんか、なおさら。毒を持って毒を制す——そんな感じで。
トム・ウェイツは言う。ウェイツという名を名乗る人々のルーツには“音楽を奏で時を知らせる”役割があったと。本当かどうかはわからないけど、そうなのだとしたら、ジリジリと焦げつくようだった、夏の熱を冷ませない私に、巡るべき“時”を告げてもらおう。
彼の歌声は夜が似合うけど、あえて朝に。この曲と共に「私はワタシなんだ!」と突き進むのもいい。時は自分で創り出すものなのかもしれない。
アルバム『Franks Wild Years』収録。

Sunday Night

Title.
Cancion Mixteca
Artist.
Ry Cooder
優しさと哀しみ、ほんのりとした甘やかさに包まれたい。ちょっと遠くなってしまった思い出や、帰れない場所、帰れない時を、優しく、そっと手を重ねて掬いあげる。いつもなら遅い朝によく聞く。ただ秋だから、虫の音と共に、薄紙を剥がすように、何かが浄化される——癒しの夜として。
映画『パリ、テキサス』のナスターシャ・キンスキーの深い瞳と、鮮やかなピンクのニットワンピース。十代の頃、初めて会った樹木希林さんに、「あなたナスターシャ・キンスキーに似てるから、キンスキー中嶋って呼ぶわ」と言われて心踊った。素敵な人からの粋なひとこと。
手を伸ばすばかりのノスタルジー。この曲に寄り添ってもらうしかない。
アルバム『Paris, Texas (Original Motion Picture Soundtrack)』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら


俳優 中嶋朋子

1971年東京都生まれ。映画、舞台、テレビドラマを中心に活動。パーソナリティーを務めるTBSラジオ『ラジオシアター〜文学の扉』では、小説の名作から1冊の本を選び、その中の名シーンを毎回ラジオドラマ化。フランスの劇作家ヤスミナ・レザによる4人芝居の舞台『正しいオトナたち』(https://www.tadashiiotonatachi.com/)、劇団た組『誰にも知られず死ぬ朝』(https://takumi.themedia.jp/posts/6778540)が待機中。ナレーションを担当する宇宙や地球にまつわる謎を1つずつ解き明かしていく番組、BSプレミアム『コズミック フロント☆NEXT』が毎週木曜22時に放送中。