& Premium (アンド プレミアム)

Movie

This Month Themeお茶の時間に心安らぐ。

Miss Potter / February 20, 2018 『ミス・ポター』文/伊藤葉子(『Tea Time』 編集長〈333DISCS〉代表)

027_premium_fix

ロンドンと美しい湖水地方を舞台に描かれる、ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターの伝記映画。

 結婚が女性の幸せで、上流階級女性の社会進出なんてとても考えられない、封建的なヴィクトリア時代。親が次々に持ってくる縁談を、30歳過ぎても断り続けたミス・ポターは、動物や自然を愛し、絵を描き続け「絵本を出版したい」という強い信念でいくつもの出版社を回ります。そしてそこで出合ったノーマンと、絵本作家として成功して行く半生が、笑いあり涙ありで描かれています。

 私はピーターラビットの作者がどんな人かを知らず、「新宿ガーデンシネマ」で鑑賞したのですが、あの時代に、夢を実現する為に努力を惜しまず行動しつづけたポターは、現代の女性から見てもとっても輝いていました。そしてこの映画ではじめて、ピーターラビットのお父さんがミートパイなっていた! という衝撃の事実を知ったり(あとでピーターの家系図を見て2度びっくり)。

 紅茶、ティーフーズ、陶磁器、インテリア好きの方にはさらに見所が満載で、ノーマンの家のコンサバトリー(温室)でのアフタヌーンティーはとくに素敵。

 ノーマンとの恋は悲しい結果となりますが、その後移り住んだ湖水地方で、大好きな美しい自然に救われたポターは、乱開発目前の広大な土地を守るために、本で得た収益で土地を購入していきます。ポターの遺言に従って、所有したすべての土地はナショナル・トラストに寄付されました。そのおかげで100年以上経った今でもピーターラビットに描かれた当時の世界が広がっています。動物や自然と共生するポター、余談ですが「Bunkamura」で行われた「ビアトリクス・ポター 生誕150周年ピーターラビット展」で、きのこのスケッチが大変詳細に描かれていたのも印象的でした。

 クリスマスにオルゴールに合わせてダンスをするシーンでノーマンが歌う「When you taught me how to dance」。そしてエンドロールでケイティ・メルアが歌う「When you taught me how to dance」で、悲しいけど、じんわりと感動に包まれる、心が安らぐ映画です。

illustration : Yu Nagaba
and_movie_chart_0206
ヴィクトリア時代の裕福な家庭に生まれ育ったビアトリクス・ポターの人生を『ブリジッド・ジョーンズの日記』のレニー・ゼルウィガーが演じています。自分の本を出版するにあたり、本の大きさやフォントまでもイメージしていて印刷所まで行く様子や、英国らしい調度品や食器、一部にアニメーションも導入されていてピーターラビットのキャラクターがCGで動き出すシーンなども必見。
Title
『ミス・ポター』
Director
クリス・ヌーナン
Screenwriter
リチャード・モルトビー・ジュニア
Year
2006年
Running Time
92分
『ミス・ポター』
価格 ¥1,800+税
発売元・販売元 株式会社KADOKAWA

Yoko Ito 伊藤葉子(『Tea Time』 編集長〈333DISCS〉代表)

音楽レーベル〈333DISCS〉代表。日本紅茶協会認定ティーインストラクター・ティーアドバイザー。2017年11月1日紅茶の日に「紅茶フェス」を開催、紅茶の季刊誌『Tea Time』を創刊。いつものティータイムが素敵な時間になる、読むと紅茶がもっと好きになる情報をお届けしている。