& TRIED IT オモムロニ。さんが使ってわかった これ、ここがいいよね。

June 07, 2022 オモムロニ。さんが、今月試してみたもの〈ツヴィリング 〉のヨーロピアンティーケトル
〈キューリグ〉のコーヒー&ティーマシン

& TRIED IT オモムロニ。さんが使ってわかった これ、ここがいいよね。
 

話題のアイテムは次々出てくるけれど、気になるのはその実力。そこで、自ら使って納得したものしか選ばないオモムロニ。さんが、暮らしのなかで、じっくり試してわかったことをレポートする連載。今回は、自宅で気軽に本格的なドリンクを味わえるアイテムを紹介。

 

1. Electric Kettle _ ZWILLING

Electric Kettle _ ZWILLING オモムロニ。電気ケトル ツヴィリング
Electric Kettle _ ZWILLING オモムロニ。電気ケトル ツヴィリング

ブラックなど全4色。紅茶や緑茶以外にも、ミルクティーやチャイなども楽しめる。ストレイナーはボタンひとつで取り出し可能。「液晶タッチパネルで操作できるのも楽でした。保温して、そのまま食卓でサーブすることを考えたら、もう少しコードが長かったら嬉しいかも」。 W20×D20×H26cm 1.7kg ¥16,500(ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン ☎0120‒75‒7155)

「ゆで卵や出汁まで作れちゃう、電気ケトル」

お茶をそのまま作れるストレイナー付きの電気ケトルが登場。「1.7ℓと大容量で安定感があります。ガラスだと中の様子が見られて、お茶の濃さも色でしっかりわかります。ストレイナーの目もかなり細かくて、茶葉がこぼれ落ちることもなかったです。40〜100°Cまで、6段階の温度設定が選べて、30分の保温機能付き。耐熱ガラスで、ほとんど熱くなりません。蒸らし時間のタイマー機能もあって、ゆで卵や出汁も、鍋を使うよりも簡単に作れちゃう。匂いや色移りも気になりませんでした。開け口が広いので、おたまも楽々入るし、手を突っ込んでしっかり洗えるので、清潔を保てますね」

 

2. Coffee and Tea Machine _ KEURIG

Coffee and Tea Machine _ KEURIG オモムロニ。キューリグコーヒーメーカー
Coffee and Tea Machine _ KEURIG オモムロニ。キューリグコーヒーメーカー カプセル

ペーパードリップ方式を採用。カプセル内に窒素を充填し、豆や茶葉の酸化を防ぐ構造。「カフェインレスタイプがあったり、バリエーションが豊富です。私は『小川珈琲』がお気に入り。 直前に使ったカプセルの香りや味も、気になりませんでした」。今後も随時、種類が追加予定。 W18×D31.8×H30cm 3.8kg スターターセット ¥14,850(キューリグ ☎0120‒070‒066)

「あの人気店のコーヒーやお茶が味わえる!」

カプセルは、『丸山珈琲』『辻利』といった名店とオリジナル開発したものなど、20種類以上。「誰もが一度は聞いたことのあるブランドのコーヒーや紅茶、緑茶を、これだけの種類味わえるのはすごい。カプセルをセットしたら、ボタンを押すだけと操作も簡単。長押しすると、さらに蒸らして濃い味に抽出できる。抽出量も70〜300mℓまで自由に選べて、大きなマグで飲みたい私にはぴったり! タンクも1.5ℓと大容量で、こまめに水を入れる必要なし。お湯だけの抽出もできて、インスタントスープを作れたり、白湯を飲めるのが、本当に便利でした。業務用っぽい見た目とロゴもいいですね」

 

photo : Satoshi Yamaguchi illustration : Shapre
アンドプレミアム 2022年7月号より


雑貨コーディネーター オモムロニ。

著書『DAILY GIFT BOOK 気持ちが伝わる贈りものアイデア』(文藝春秋)が発売中。

instagram.com/omomuroni

Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円