平井 千里馬 – 『スコープ』シャチョウ | & Premium (アンド プレミアム)

『スコープ』シャチョウ 平井 千里馬


Life with Lovely Things 02 / July 02, 2021 オンラインショップ『スコープ』シャチョウが愛用する、機能性と美しさの同居する日用品。

愛おしいものに囲まれた暮らしを訪ねた&Premium No. 92「部屋に、美しいもの、かわいいものを」特集。オブジェや雑貨はもちろん、毎日の生活で頼りになる日用品も取り上げています。ここでは本誌より、オンラインショップ『スコープ』シャチョウの平井千里馬さんの選ぶ「美しく、かわいく、それでいて使い勝手もいい日用品」を紹介。北欧と日本のものを中心に、塩梅のよいアイテムが並びます。

ジューサー No.2  東屋
ジューサー No.2 東屋
『スコープ』では入荷と同時に欠品する、果汁を余すところなく搾りきるジューサー。これはグレープフルーツにも使えるビッグサイズ。「使い始めるとスーパーの柑橘売り場がハッピー売り場に思えちゃう。〈東屋〉のものづくりは技法も試作も徹底的で、気軽には作られてないのが魅力。出しっぱなしでも野暮ったくないデザインもいい」と平井千里馬さん。

機能の積み重ねで完成した、形にこそ宿る美。

スコープアパートメントと名付けた家で商品を使って生活し、使った実感を伝える形で営まれるネットショップ『スコープ』。その代表がシャチョウの愛称で親しまれる平井千里馬さんだ。「ものは完全に使い勝手から見ています。見た目がよくても使いづらいものはアウトだし、狙ったものもおもしろくない。こう使いたくてこう作った、結果、美しいのがベスト」。最たるものが「ベルマン」のボウルだと平井さん。意外なのは華やかなハサミ。「機能性を求めるのと同時にオブジェや花を飾るのも好きだから、こんなハサミがポンとあったら最高だなって」

 
「ベルマン」ボウル  スクルーフ
インゲヤード・ローマンによる「ベルマン」シリーズのボウル。「『ベルマン』はグラスが有名ですが、僕はボウルがすごいと思ってる。多くのボウルは縁が欠けてしまうんですけど、これはくるっと外側に巻いて中空に仕上げてあるんです。だから縁が端とはならなくて、そうそう割れることがない。これこそ意匠と実用性を兼ね備えたアイテムだと思います」

「ベルマン」ボウル スクルーフ
インゲヤード・ローマンによる「ベルマン」シリーズのボウル。「『ベルマン』はグラスが有名ですが、僕はボウルがすごいと思ってる。多くのボウルは縁が欠けてしまうんですけど、これはくるっと外側に巻いて中空に仕上げてあるんです。だから縁が端とはならなくて、そうそう割れることがない。これこそ意匠と実用性を兼ね備えたアイテムだと思います」

「オマ」ガラスプレート  アラビア
ハッリ・コスキネンが手がけたテーブルウェアシリーズ、「オマ」のガラスプレート22㎝。「22㎝だと少し大きいんですけど、リムが大きいから使い勝手的には17㎝くらいかな。こういう無駄のない形も好きです。優雅でフルーツやサラダをのせたらとても美しいのに、どうだ!って見えっ張りな感じがしないバランスが絶妙。これぞハッリの最高傑作」

「オマ」ガラスプレート アラビア
ハッリ・コスキネンが手がけたテーブルウェアシリーズ、「オマ」のガラスプレート22㎝。「22㎝だと少し大きいんですけど、リムが大きいから使い勝手的には17㎝くらいかな。こういう無駄のない形も好きです。優雅でフルーツやサラダをのせたらとても美しいのに、どうだ!って見えっ張りな感じがしないバランスが絶妙。これぞハッリの最高傑作」

ジャンニーナ  ジャンニーニ
「銀色のものが集まっていると格好いいでしょう」とキッチンの一角に並ぶのはエスプレッソコーヒーメーカー。「ストレーナーまで全部金属のパーツだし、全然壊れる様子がない。置いてある姿もいいし、実際これでコーヒーを淹れたらおいしいし。洒落てるなと思う」。ドリップに加えてコーヒーの楽しみが広がったと、ミルクコーヒー用に愛用中。

ジャンニーナ ジャンニーニ
「銀色のものが集まっていると格好いいでしょう」とキッチンの一角に並ぶのはエスプレッソコーヒーメーカー。「ストレーナーまで全部金属のパーツだし、全然壊れる様子がない。置いてある姿もいいし、実際これでコーヒーを淹れたらおいしいし。洒落てるなと思う」。ドリップに加えてコーヒーの楽しみが広がったと、ミルクコーヒー用に愛用中。

 
キッチンツールキャニスター  スコープ
ニーズに合わせてサイズが異なり、全6種類あるオリジナルのキッチンツールキャニスター。「キッチンツールを立てて安定させるには、口がすぼまっていることが大切だけど、それは効率的に製造できないから作る人も少ない。けれど生活する中で足りないと思ったから、作ろうと。形は立派になりすぎず、ちょっと抜けてる感がおもしろいと思ってます」

キッチンツールキャニスター スコープ
ニーズに合わせてサイズが異なり、全6種類あるオリジナルのキッチンツールキャニスター。「キッチンツールを立てて安定させるには、口がすぼまっていることが大切だけど、それは効率的に製造できないから作る人も少ない。けれど生活する中で足りないと思ったから、作ろうと。形は立派になりすぎず、ちょっと抜けてる感がおもしろいと思ってます」

クラウス・ハーパニエミ ハサミ  フィスカース
「フィンランドの老舗刃物メーカー〈フィスカース〉のハサミは、だいたいオレンジ色かムーミン柄なんですよ。初めて見たとき、左右も表裏も柄が違うから、なんかすげえなって思ったんです。出して置きっぱなしにしておきたくなるデザインだし、もちろん切れ味も間違いない。持ち手が樹脂だからキッチンでも気を使いすぎることなくて、塩梅もいい」

クラウス・ハーパニエミ ハサミ フィスカース
「フィンランドの老舗刃物メーカー〈フィスカース〉のハサミは、だいたいオレンジ色かムーミン柄なんですよ。初めて見たとき、左右も表裏も柄が違うから、なんかすげえなって思ったんです。出して置きっぱなしにしておきたくなるデザインだし、もちろん切れ味も間違いない。持ち手が樹脂だからキッチンでも気を使いすぎることなくて、塩梅もいい」

ナイフブロック  サイド バイ サイド
無垢の木を張り合わせたナイフ立ては、オブジェのような存在感を放っている。「木の塊がキッチンに、どんとあるのがなんとも洒落てるなと。今ではそこにないと寂しい感じで、安心感もある。レシピ本やカッティングボードも立てられるしね」。キッチンの水回りで使うからと、表面をカンナ仕上げにカスタマイズして、どう変化するかを観察中だという。

ナイフブロック サイド バイ サイド
無垢の木を張り合わせたナイフ立ては、オブジェのような存在感を放っている。「木の塊がキッチンに、どんとあるのがなんとも洒落てるなと。今ではそこにないと寂しい感じで、安心感もある。レシピ本やカッティングボードも立てられるしね」。キッチンの水回りで使うからと、表面をカンナ仕上げにカスタマイズして、どう変化するかを観察中だという。

photo : Yoshiko Watanabe text : Mako Yamato
※『&Premium』No. 92 2021年8月号「部屋に、美しいもの、かわいいものを」より。

掲載号はこちら

『スコープ』シャチョウ 平井 千里馬

北欧と日本の器や道具、家具を扱うネットショップ『スコープ』は2020年に20周年を迎えた。’09年、〈アラビア〉の「パラティッシ」オーバルプレートの復刻を皮切りに、数多くのヴィンテージ復刻や別注品を手がけ、独自の道を邁進。

Latest Issue暮らしの中の、大人のスタンダード。2021.09.18 — 880円