肉球嗅ぎながら。 – MY SWEETIE 541 | シバイヌ モクのベターな日々。 | & Premium (アンド プレミアム)

シバイヌ モクのベターな日々。

MY SWEETIE 541 / July 08, 2021 肉球嗅ぎながら。

肉球嗅ぎながら。 柴犬 モク

だんだん暑い季節になると、モクの肉球は匂います。モクたちワンコのボディには汗腺というものがなく、舌を出してハァハァすることと、肉球でのみ体温調節をするのです。だからこの時期のモクの肉球は、ややしっとりめ。そして少し匂いがします。かーちゃんはその匂いを「茹でた枝豆臭」といって喜んで嗅ぎたがります。ちょっと変態っぽいですが、これも愛情なのでまぁいいです。ということで、モクもちょっと自分の肉球を嗅いでみますね。うん、茹でた枝豆だ。


シバイヌ モク

東京・八王子生まれ、都内“某一丁目”にかーちゃんと暮らすオスの柴犬。性格は限りなく猫に近く、人見知りで甘ったれな13歳。毎朝の散歩は1時間、かーちゃん帰宅後の散歩は30分、あとはだいたい寝て暮らしている。好物はかーちゃんが時々カリカリにのせてくれるササミの茹でたやつ。週末は海に行くことが多いけれど、水は大の苦手で、もちろんカナヅチの陸サーファーでもある。
Latest Issue暮らしの中の、大人のスタンダード。2021.09.18 — 880円