&Essential Things by MARGARET HOWELL

May 20, 2022 / 〔PR〕 〈マーガレット・ハウエル〉のリネンカーディガン。
& Essential Things
愛用者が語る、〈マーガレット・ハウエル〉の服。

モデル・俳優の菊池亜希子さんが語るその良さとは。

〈マーガレット・ハウエル〉愛用者にブランドの魅力を聞く連載。今回は、モデルで俳優の菊池亜希子さんが登場。菊池さんが「帰る場所」と語る、その思いについて語ってもらいました。

 
マーガレット・ハウエル 菊池亜希子 リネン
カーディガン 左/メンズコレクションの定番で、これまでよりも着丈、身幅、肩幅、裄丈、襟リブ幅を若干広げ、ポケットサイズも一回り大きく設計、ドライ仕上げの風合いでさらにリラックスしたスタイルに。カラーはチョーク、カーキ、ネイビーの3 色展開。リネンカーディガン¥30,800。 右・中/北フランス産の、細番手のリネンを使用した繊細な表情が魅力。スタイルはやや短めの丈にシンプルなVネック、太い前立てと大きなボタンがアクセントになっている。カラーはホワイトとダークグリーンの2 色展開。リネンカーディガン各¥30,800 

世代も性差も超えて、いつでも自分に似合う服が見つかる。

〈マーガレット・ハウエル〉を愛用するようになったのは、母親の影響が大きいと話す菊池亜希子さん。

「母が好きだったんです。私同様、背が高くて似合う服がない中、マニッシュな雰囲気で、長く着られる服だからと薦められたのがきっかけでした。今、気分的に私が袖を通していないものは母に貸し出し中。姉も体型が似ているので家族で着まわしています。基本的にはスタンダードなアイテムばかり。年齢に関係なく着られるのはすごいことですよね」
 
一方で菊池さんは、ニットをメインにアイテムによってメンズも取り入れる。ブランドが用いる素材が身に着ける人の体型や動きに合わせて変化しやすく馴染みやすいため、性別関係なく着られるという。

「最初からメンズを選ぶことも多いですし、夫に借りて良かったのでそのまま着ていることも。生地がすぐに体に馴染んでくれるのでメンズを着ても着心地は良いし、見た目にも不自然な感じにはなりません」

この日は、右ページにもあるメンズのリネンカーディガンに白いTシャツ、黒のトラウザーズとシンプルなコーディネート。

「ベーシックだからこそ、体にフィットするものが大事。このトラウザーズはウエストの位置が腰に引っかかる少し上で、ちょうどお腹まわりにピタッと寄ってくれる。ありそうでない安定感だと思います」

仕事でもプライベートでもさまざまなファッションを楽しんでいる菊池さんだが〈マーガレット・ハウエル〉は自分の思考をフラットに戻してくれる存在でもあるという。

「服が好きで、ヴィンテージばかり着てる時期があったり、ガーリーなものに惹かれるときもあったり。気分に差があるほうですが、どちらも自分だと思っています。テイストはあっちこっち行きますが〈マーガレット・ハウエル〉を着ると『やっぱり好きだな』って思う。幾つになっても自分に似合う服が見つかるから、ちょっと離れても帰る場所がある、そんな安心感があるんです」

 
 
PROFILE

菊池亜希子 Akiko Kikuchi

1982年生まれ。モデルとしてデビュー後、俳優や書き手としても活躍の幅を広げる。主な出演作に映画『森崎書店の日々』『海のふた』など。著書に本誌連載をまとめた『好きよ、喫茶店』他、編集長を務める『菊池亜希子ムック マッシュ』はシリーズ累計56万部を突破。2022年夏には出演映画『幻の蛍』が公開される。

モデル 俳優 菊池亜希子
 

菊池さんが愛用しているアイテム。

丸首のプレーンなメンズニットを愛用。「元々は夫へのプレゼントだったのですが、私が気に入ってしまってそのまま着ています(笑)。インナーを着込むこともあるので、ニットは特にメンズのサイズ感を好んで購入することが多いです。上質な質感で、肌触りもすごく気持ちいいので手放せないですね」
丸首のプレーンなメンズニットを愛用。「元々は夫へのプレゼントだったのですが、私が気に入ってしまってそのまま着ています(笑)。インナーを着込むこともあるので、ニットは特にメンズのサイズ感を好んで購入することが多いです。上質な質感で、肌触りもすごく気持ちいいので手放せないですね」
「シャツは特に好きでよく着ますし、いろいろなブランドを持っていますが、フリルシャツの中でいちばん最初に買ったのがこの〈マーガレット・ハウエル〉のものでした。なんとなく甘い感じのアイテムは自分には似合わないと思っていましたが、これはフリルが折り紙のように重なっていて直線的に作っているからか、他のフリルとちょっと違う。フェミニンすぎないのがお気に入りです」
「シャツは特に好きでよく着ますし、いろいろなブランドを持っていますが、フリルシャツの中でいちばん最初に買ったのがこの〈マーガレット・ハウエル〉のものでした。なんとなく甘い感じのアイテムは自分には似合わないと思っていましたが、これはフリルが折り紙のように重なっていて直線的に作っているからか、他のフリルとちょっと違う。フェミニンすぎないのがお気に入りです」
「15年前くらい前に購入した薄手の赤いカーディガンは、長く愛用していますが、コンディションがとてもいい。肌触りも気持ちよく、ベージュなどシンプルな色味のアウターの中に着ることが好きで、よくそういうコーディネートをしていました。そういえばベージュのシンプルなコートを持ってたと思い出して探したのですが見つからなくて、おそらく母の元にあると思います(笑)」
「15年前くらい前に購入した薄手の赤いカーディガンは、長く愛用していますが、コンディションがとてもいい。肌触りも気持ちよく、ベージュなどシンプルな色味のアウターの中に着ることが好きで、よくそういうコーディネートをしていました。そういえばベージュのシンプルなコートを持ってたと思い出して探したのですが見つからなくて、おそらく母の元にあると思います(笑)」
 

着まわしが効く、〈マーガレット・ハウエル〉のアイテム。

シンプルなデザインで、ボクシーなフィットとリブ部分のディティールに特徴を持たせたリネンニット¥27,500。北フランス産の細番手のリネンと上質なシルク糸を撚糸した肌あたりの良い素材でリネン特有のチクチク感も少ない。
シンプルなデザインで、ボクシーなフィットとリブ部分のディティールに特徴を持たせたリネンニット¥27,500。北フランス産の細番手のリネンと上質なシルク糸を撚糸した肌あたりの良い素材でリネン特有のチクチク感も少ない。
極細の綿糸を日本に数台しかないハイゲージの機械で編み立てた、柔らかく、着心地の良いタンクトップ。メランジ調の色合いは特殊な染色方法によるもの。ラフでリラックスした雰囲気でシャツやニットのインナーとしても幅広く使える。左、中央 各¥8,250、右¥8,250 
極細の綿糸を日本に数台しかないハイゲージの機械で編み立てた、柔らかく、着心地の良いタンクトップ。メランジ調の色合いは特殊な染色方法によるもの。ラフでリラックスした雰囲気でシャツやニットのインナーとしても幅広く使える。左、中央 各¥8,250右¥8,250 
右/しっかりとした打ち込みの平織りコットンシルク素材によるドローストリングのトラウザーズ¥42,900。左/コットンとリネンの交織素材で、落ち感やしわの入り方、柔らかさなどリネンの特徴を楽しめる。トラウザーズ¥31,900 
右/しっかりとした打ち込みの平織りコットンシルク素材によるドローストリングのトラウザーズ¥42,900。左/コットンとリネンの交織素材で、落ち感やしわの入り方、柔らかさなどリネンの特徴を楽しめる。トラウザーズ¥31,900 

●問合せ/マーガレット・ハウエル ☎03‒5467‒7864

公式サイトはこちら

Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円