&Essential Things by MARGARET HOWELL

March 19, 2022 / 〔PR〕 & Essential Things
〈マーガレット・ハウエル〉のリネンシャツ。

愛用者・ユナイテッドアローズの栗野宏文さんが語るその良さとは。

〈マーガレット・ハウエル〉愛用者に、ブランドの魅力について聞く連載。第1回は、日本のファッション界を牽引する栗野宏文さんが登場。お気に入りのシャツについて語ってもらいました。

 
春夏シーズンを代表する素材として試行錯誤を重ねて開発したリネンシャツ。どれもフィニッシュ工程で いバイオウォッシュを かけ、リネンの余分な毛羽を取り、 に当たることで感じるチク チク感を 消。 合い出しのタンブラー乾燥をかけ、仕上げにフ ラットな表面を作る工夫を施した。カラーはスタイルによって異 なる。左から、太めの前立てに大きな襟が個性的。プルオーバー タイプのシャツ 39,600、スタイルはマニッシュな 囲気。カラ ーレスシャツ 31,900、着丈もありリラックスしたスタイルが魅 力。レギュラーカラーシャツ 30,800
春夏シーズンを代表する素材として試行錯誤を重ねて開発したリネンシャツ。どれもフィニッシュ工程で軽いバイオウォッシュをかけ、リネンの余分な毛羽を取り、肌に当たることで感じるチクチク感を解消。風合い出しのタンブラー乾燥をかけ、仕上げにフラットな表面を作る工夫を施した。カラーはスタイルによって異なる。左から、太めの前立てに大きな襟が個性的。 プルオーバータイプのシャツ¥30,800、スタイルは甘くなりすぎないマニッシュな雰囲気。カラーレスシャツ¥31,900、着丈もありリラックスしたスタイルが魅力。ロングシャツ¥39,600

伝統と革新が共存し、やがてタイムレスなアイテムに。

長年〈マーガレット・ハウエル〉のシャツを愛用している栗野宏文さん。ユナイテッドアローズ上級顧問でありクリエイティブディレクターとしてファッション界の第一線で活躍する栗野さんが最初にブランドと出合ったのは1980年代初頭。シャツといえばビジネスかフォーマルでの着用が主流だった時代に、メンズシャツからスタートし、コレクションを披露した女性デザイナーの登場はとてもインパクトがあったという。

「バイイングしたダブルカラーのシャツはよく売れました。確か2万8000円くらい。当時、若手社員の給与が10万円程度だった時代に買い付けするたびに反響があった。シンプルなシャツなんだけど作りがいい。襟型や生地、ステッチ幅などちょっとしたデザインが入っていて、やりすぎていない。そのバランスが絶妙で画期的でした。ぱっと見、目立つデザインではなくても、着ると違うという深みのあるものを感じましたね」

良い服とは身に着けて気分が高揚するものであり、気分が落ち着くもの。〈マーガレット・ハウエル〉のシャツはファッションが果たすべき両方の側面を備えていると栗野さん。自身が持つ、英国のデヴィッド&ジョン・アンダーソンの生地を使ったシャツや、旅に欠かせないリネンシャツ、40年前に買ったものもいまだ現役だ。これまで何枚も愛用しているが、同業者から見てブランドの魅力はどんなところにあるのだろう。

「優れたプロダクトには、トラディショナルとイノベーティブ、常に両方が揃っています。登場は革新的でありながら、時を経てタイムレスなものになっていく。〈マーガレット・ハウエル〉のシャツもそれに近い。今ではデザインされたシャツはたくさんあるけれど、40年前のものをそのまま着られる、今見ても新鮮というものはあまりありません。流行りとは関係なく、オーセンティックなのに、アップデートされているから古くならない。確固としたスタイルとセンスがあるからこそ、長く愛されているのだと思います」

 
 
PROFILE

栗野宏文 Hirofumi Kurino

1953年生まれ。大学卒業後、スズヤ、ビームスを経て1989年、ユナイテッドアローズ(UA)創業に参画。バイヤー、クリエイティブディレクターとして活動する傍ら、執筆、DJ 活動も行う。2004年、英国王立美術学院より名誉フェローを授与。現在、UAの上級顧問およびクリエイティブディレクション担当。

栗野宏文
 

栗野さんが長年愛用しているアイテム。

夏の出張や旅にマストだというリネンシャツは現在3枚持っている。「洗ってすぐ乾くので、夜洗って部屋に干しておくと次の日には着られる。速乾性だけでなく通気性も良く、着ていてとても気持ちいいんです。リネンはすぐ成長する植物なので、土壌を傷めにくい。地球環境にいい素材ということも魅力ですね」
夏の出張や旅にマストだというリネンシャツは現在3枚持っている。「洗ってすぐ乾くので、夜洗って部屋に干しておくと次の日には着られる。速乾性だけでなく通気性も良く、着ていてとても気持ちいいんです。リネンはすぐ成長する植物なので、土壌を傷めにくい。地球環境にいい素材ということも魅力ですね」
40年前に購入したコットンのダブルカラーのシャツは、当時付き合い始めた現在の妻へプレゼントしたもの。「柔らかく細い糸で織られた素晴らしい生地で、肌に近いような柔らかな質感。ステッチやボタンなど、随所にディテールのこだわりが感じられます。シャツのセオリーをきっちり踏まえたシャツだと思います」
40年前に購入したコットンのダブルカラーのシャツは、当時付き合い始めた現在の妻へプレゼントしたもの。「柔らかく細い糸で織られた素晴らしい生地で、肌に近いような柔らかな質感。ステッチやボタンなど、随所にディテールのこだわりが感じられます。シャツのセオリーをきっちり踏まえたシャツだと思います」
左/20年ほど前にロンドンで購入したバンドカラーシャツ。「老舗サプライヤーの生地と色が気に入っています。マーガレット・ハウエルが作り出すニュアンスのある絶妙な色み、ブルー、グレー、ネイビー、ベージュ系が特に好きですね」右/ダブルポケットシャツもロンドンで。「青と白の2枚買いました。エポレット(ショルダーピース)付きでアウターのように着ることもできるのが魅力です」
左/20年ほど前にロンドンで購入したバンドカラーシャツ。「老舗サプライヤーの生地と色が気に入っています。マーガレット・ハウエルが作り出すニュアンスのある絶妙な色み、ブルー、グレー、ネイビー、ベージュ系が特に好きですね」右/ダブルポケットシャツもロンドンで。「青と白の2枚買いました。エポレット(ショルダーピース)付きでアウターのように着ることもできるのが魅力です」
昨年買った半袖のリネンコットンシャツ。「リネン100%と同じくらい通気性が良く、気持ちがいい。前立てはプレーンに見えますが、数ミリ単位で幅を広めにして、さらにボタンスタンスも大きくすることで、よりカジュアルな印象になっています。シャツとしての完成度が高い一枚ですね」
昨年買った半袖のリネンコットンシャツ。「リネン100%と同じくらい通気性が良く、気持ちがいい。前立てはプレーンに見えますが、数ミリ単位で幅を広めにして、さらにボタンスタンスも大きくすることで、よりカジュアルな印象になっています。シャツとしての完成度が高い一枚ですね」
 

これからの季節の定番にしたい、リネンの新作アイテム。

オーガニックリネンを使用し、着心地にこだわったパジャマは、ソフトな肌当たりとリラックスしたスタイルが特徴。左から、パジャマシャツ¥28,600、パジャマトラウザーズ¥30,800
オーガニックリネンを使用し、着心地にこだわったパジャマは、ソフトな肌当たりとリラックスしたスタイルが特徴。左から、パジャマシャツ¥28,600、パジャマトラウザーズ¥30,800
春夏の定番、リネンを使用したジャージー素材のポロシャツ。襟は共糸を編み立てて使用し、ドロップした袖とひとつボタンが存在感のある一枚。左のチョーク、右のダークグリーンのほか、ネイビーと3色展開。各 ¥16,500(5月入荷予定)
春夏の定番、リネンを使用したジャージー素材のポロシャツ。襟は共糸を編み立てて使用し、ドロップした袖とひとつボタンが存在感のある一枚。左のチョーク、右のダークグリーンのほか、ネイビーと3色展開。各 ¥16,500(5月入荷予定)
新作のロングシャツと同じ"シャーティングリネン"を使用したシャツドレス。身頃に入った深めのプリーツがシルエットを引き立たせ、ポケットのデザインもキャラクターを持たせている。カラーは黒とオリーヴの2色。¥58,300(4月入荷予定)
新作のロングシャツと同じ"シャーティングリネン"を使用したシャツドレス。身頃に入った深めのプリーツがシルエットを引き立たせ、ポケットのデザインもキャラクターを持たせている。カラーは黒とオリーヴの2色。¥58,300(4月入荷予定)

●問合せ/MARGARET HOWELL/マーガレット・ハウエル ☎03−5467−7864 

公式サイトはこちら

photo : Masahiro Sambe  edit & text : Chizuru Atsuta

Latest Issue住まいのカタチと、暮らし方。2022.07.20 — 880円