Magazine

&Premium No. 127 Tasty Homemade Recipes / すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。May 20, 2024

Tasty Homemade Recipes / すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。

今月の特集
「すぐ作りたくなる、手料理のアイデア」

料理は毎日のこと。献立やレパートリーに悩んでしまう人も少なくないと思います。例えばそんなとき、料理好きの友人が「とにかく簡単でおいしいから、作ってみて」と手軽なメニューのヒントをくれたとしたら…… すぐにでも試してみたくなりませんか。今号の『&Premium』は、そんな料理上手たちの〝伝言〞を集めた一冊です。キッチンに立つことを楽しむ38人を訪ねて教えてもらったのは、自分や家族のために、身近な材料で作る気取らない家庭料理。どのひと皿にも、ちょっとした独自の工夫が凝らされています。料理のプロには、献立や段取り、盛り付けのアイデアなども伺いました。新しく挑戦したひと皿がおいしくできたときの嬉しさはきっと、Better Life に繫がっているに違いありません。

Tasty Homemade Recipes / すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。

家で料理を楽しむ38人の、とっておきのひと皿。

見た途端、食べたそばから「どんなふうに作るの?」とレシピを知りたくなるような、楽しくておいしい家庭料理。すぐにでも真似したくなる、38人の料理上手たちのとっておきのひと皿を披露してもらいました。

小木志を美さんがたどり着いた、レタスの外葉をむしゃむしゃ、半熟目玉焼きを崩しながら食べる「フレッシュレタスたっぷりのレタスチャーハン」。
小木志を美さんがたどり着いた、レタスの外葉をむしゃむしゃ、半熟目玉焼きを崩しながら食べる「フレッシュレタスたっぷりのレタスチャーハン」。
常備菜から導かれた雪浦聖子さんの「水晶鶏の山椒ナッツソースがけ」と、基本を遂行しつつアドリブをきかせた林 道雄さんの「キャベツを食べるパスタ」。
常備菜から導かれた雪浦聖子さんの「水晶鶏の山椒ナッツソースがけ」と、基本を遂行しつつアドリブをきかせた林 道雄さんの「キャベツを食べるパスタ」。
クリス智子さんが友人を招いた際に会話をしなが作るという、白ワインのお供にぴったりな「タコとセロリのガーリック炒め」。
クリス智子さんが友人を招いた際に会話をしなが作るという、白ワインのお供にぴったりな「タコとセロリのガーリック炒め」。
たれが主役の恩田ルーシーさんの「ハーブ香るレモンとクミンの中華和え麺」と、“自家製マヨ”が決め手の吉岡恵美子さんの「ウフマヨネーズ 魔法の胡椒がけ」。
たれが主役の恩田ルーシーさんの「ハーブ香るレモンとクミンの中華和え麺」と、“自家製マヨ”が決め手の吉岡恵美子さんの「ウフマヨネーズ 魔法の胡椒がけ」。

料理家から学ぶ、献立と段取り、盛り付けと器使い。

料理で悩むのはレシピだけでなく、手順や盛り方、器使いなどの周辺のことも。料理教室も開催する小堀紀代美さん、渡辺康啓さんには献立と段取りを、長尾智子さんには盛り付けと器使いを教えてもらいました。

小堀紀代美さんに教えてもらったのは、オーブンを利用する間にほかの料理を進行する、スパイスたっぷりの無国籍エスニック4品。
小堀紀代美さんに教えてもらったのは、オーブンを利用する間にほかの料理を進行する、スパイスたっぷりの無国籍エスニック4品。
鶏肉の下拵えから始まり、オーブンで野菜を調理している間に卵焼き、和え麺と手順を進める。取り分け皿で混ざるとさらにおいしくなる組み合わせ。
鶏肉の下拵えから始まり、オーブンで野菜を調理している間に卵焼き、和え麺と手順を進める。取り分け皿で混ざるとさらにおいしくなる組み合わせ。
いつもの料理をいつもの器に……もいいけれど、毎日の食卓をもっと心弾むものにする小さな工夫とヒントを、長尾智子さんに学びました。
いつもの料理をいつもの器に……もいいけれど、毎日の食卓をもっと心弾むものにする小さな工夫とヒントを、長尾智子さんに学びました。
例えば定番おかずのポテトサラダは、じゃがいもの上に具をのせたり、深さのある皿にぴっちり詰めたり、大きなスプーンでラフに盛り付けたり。
例えば定番おかずのポテトサラダは、じゃがいもの上に具をのせたり、深さのある皿にぴっちり詰めたり、大きなスプーンでラフに盛り付けたり。

手軽に、効率よく、おいしく、を調理家電で叶える。

ふだんの料理も、優秀な調理家電を使えばより手軽に、効率よく、簡単においしくが叶う。そこで今回は、シェフや料理人に、型通りの使い方だけでない、アイデアやコツを取り入れたレシピを考えてもらいました。

料理人の竹花いち子さんが考案してくれたのは、ホットサンドメーカーを使ってバンズの代わりに麺で具材を挟んだ「焼きそばサンド」。
料理人の竹花いち子さんが考案してくれたのは、ホットサンドメーカーを使ってバンズの代わりに麺で具材を挟んだ「焼きそばサンド」。
相場正一郎さんによるホットプレートを使った「ポークソテー」と、野村友里さんがミキサーで作った「季節のスープとデュカのアボカドトースト」。
相場正一郎さんによるホットプレートを使った「ポークソテー」と、野村友里さんがミキサーで作った「季節のスープとデュカのアボカドトースト」。

他にも、盛りだくさんの内容で「すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。」をお届けします。

定期購読のご案内

『アンド プレミアム』が毎月、割引価格でお手元に届きます。

定期購読 (1年)

通常購入の場合 年間 ¥11,160

1年間の定期購読料金 ¥7,700

¥3,460お得!
送料も無料!

※通常価格¥930×12冊の合計金額。
特別定価の号も、定期購読ならお値段据え置き。

定期購読 (1年) のお申込みはこちら

定期購読 (2年)

通常購入の場合 2年間 ¥22,320

2年間の定期購読料金 ¥14,600

¥7,720お得!
送料も無料!

※通常価格¥930×24冊の合計金額。
特別定価の号も、定期購読ならお値段据え置き。

定期購読 (2年) のお申込みはこちら

※2024年4月19日以降、定期購読料金を改定します。1 年間¥7,900、2 年間¥15,000。

Backnumber バックナンバー

  • To a Beautiful Town / 日本の美しい町を旅する。
  • Tasty Homemade Recipes / すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。
  • 126-image-h1
  • &Premium No. 125 TIMELESS STANDARDS / スタンダードと、センス。
  • Kyoto Solo Trip / やっぱり、ひとりでも京都。
  • COZY ROOMS / 部屋を、整える。
  • ANKO & KINAKO / あんこと、きなこ。
  • PRACTICAL KITCHENS / 暮らしの真ん中に、心地よい台所。
  • 100 THINGS FOR BETTER LIFE / 毎日を気持ちよく過ごす、100のこと。
  • TO BE ELEGANT / エレガンス、であること。
  • MY HOME, MY LIFE / 心地よい住まいを、考えてみた。
  • THE BETTER LIFE BOOK / 暮らしの本。

Pick Up 注目の記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 128日本の美しい町を旅する。2024.06.20 — 930円