Food

January 21, 2023 文筆家・ツレヅレハナコさんのお取り寄せ。
“おいしい”の連鎖を楽しむ。 料理上手たちの、お取り寄せのある暮らし

2020年12月20日発売の本誌特集は『真似をしたくなる、お取り寄せ』。料理家をはじめ食の分野で活躍する人たちは、どんなふうにお取り寄せを使いこなしているのだろう。 味わいはもちろんのこと、作り手や、ともに分かち合う仲間との交流も大切に。身近で手に入る食材も上手に組み合わせながら日々の食卓を豊かに楽しむ6人に、おすすめの取り寄せリストと料理を教わった企画「料理上手たちの、とっておきのお取り寄せのある暮らし」から、ここでは文筆家・ツレヅレハナコさんを紹介します。

文筆家・ツレヅレハナコさん。"おいしい"の連鎖を楽しむ。料理上手たちの、お取り寄せのある暮らし ツレヅレさんのこの日のお取り寄せ。荷物が届いて、箱を開ける瞬間のワクワクがたまらないという。「店舗で購入するのとはちょっと違う楽しみですね」。常備しておきたい冷凍カレー、パンと、惣菜が詰まった瓶詰、日本酒、高知県産野菜など。
ツレヅレさんのこの日のお取り寄せ。荷物が届いて、箱を開ける瞬間のワクワクがたまらないという。「店舗で購入するのとはちょっと違う楽しみですね」。常備しておきたい冷凍カレー、パンと、惣菜が詰まった瓶詰、日本酒、高知県産野菜など。

日常のアップグレードと 仲間と分かち合うためと。

 

 酒のアテからご飯のおかずまで、自身のお取り寄せリストを紹介した本を出版している文筆家のツレヅレハナコさん。

「私の中でお取り寄せは2種類あって、一つは自分の日常のためにするもの。もう一つは誰かのためにするもの。前者は普段の自分の生活を豊かにしてくれる、本当に好きなものを食べたり飲んだりできるという日常のアップグレード。後者は自分が楽しいと思ったり、おいしいと
思うものをみんなでシェアして分かち合う喜びを享受するため」
 
 そもそも棲み分けが違うので自ずと頼む内容も変わってくるという。例えば、調味料や野菜は自分のため。

「土佐野菜は、高知の食文化が大好きなご縁で取り寄せていますが、素朴な野菜がたくさん入ってて、なんだかホッとする詰め合わせ。私は東京出身なので実家から野菜が送られてくる経験がないけれど、きっとこんな感じなのかと疑似体験できる。自分用にストックしておきたい代表格としては『ナッラマナム』のカレー。大阪にあるスパイス料理店で、日本人の若者二人でやっています。『いちじくと牛肉』や『春菊と鶏肉』などオリジナリティあふれる組み合わせが魅力でよく通ってましたが、冷凍便で通販していることを知って、それ以来常備するように。忙しい昼時に重宝していますね」
 
 一方、一人では食べ切れないものを仲間たちを集めて、みんなでシェアしたり、それぞれがお取り寄せを持ち寄るという会もよくやっている。

「『柿木畜産』の短角牛はそれこそ集まりに伺ったとき、家主が大量注文してくれたもの。本当においしくて、以来、牛肉で唯一取り寄せている生産者。私が頼むときはかたまり肉をワイン煮込みにしたり、今日のようにハンバーグを頼んだり。ワインのお供には『エソナ』の鶏のタルタルとミルクチョコレートレバーの瓶詰。『パンと』のパンとセット販売していて、一緒に届くのですがパンとの相性も良くて、めちゃくちゃおいしい。でもひと瓶は空けられないから、誰かを招くときに注文します」

 
3 年前に家を建てたツレヅレさん。こだわりのキッチンはゆったりとした動線が確保されていて使い勝手がいい。食べることが大好きな仲間同士でたくさんのお取り寄せを持ち寄って、ここでみんなで料理しながら飲んだり食べたりするのが至福のひととき。
3 年前に家を建てたツレヅレさん。こだわりのキッチンはゆったりとした動線が確保されていて使い勝手がいい。食べることが大好きな仲間同士でたくさんのお取り寄せを持ち寄って、ここでみんなで料理しながら飲んだり食べたりするのが至福のひととき。
『エソナ』のミルクチョコレートレバーと鶏のタルタルは『パンと』のパンに合わせて。「ミルクチョコレートレバーは他では食べられない味」 
『エソナ』のミルクチョコレートレバーと鶏のタルタルは『パンと』のパンに合わせて。「ミルクチョコレートレバーは他では食べられない味」 
真ん中に置かれたのは『千年鮭 きっかわ』の珍味、鮭の酒びたし。塩引鮭を1年の時間をかけ吊るしながら熟成させたもの。特別純米酒、玉川のアテにぴったり。高知県産野菜で作ったナスの煮浸しやカブのサラダと一緒に。
真ん中に置かれたのは『千年鮭 きっかわ』の珍味、鮭の酒びたし。塩引鮭を1年の時間をかけ吊るしながら熟成させたもの。特別純米酒、玉川のアテにぴったり。高知県産野菜で作ったナスの煮浸しやカブのサラダと一緒に。
バナナリーフに包まれて届く『ナッラマナム』のカレー。目玉焼きをのせて。
バナナリーフに包まれて届く『ナッラマナム』のカレー。目玉焼きをのせて。
 

 パーティに欠かせないアルコールもお取り寄せすることが多い。お酒が大好きなツレヅレさんがいつも燗で飲んでいるのは、取材で訪れ、感銘を受けたという京都・丹後にある酒蔵、『木下酒造』の玉川の特別純米酒。

「ここで扱っているほとんどのお酒が燗推しという骨太な日本酒なんです。これに新潟の老舗『千年鮭きっかわ』の鮭の酒びたしを。熟成された濃厚な鮭で、私的には日本酒最強のアテです」
 
 個人的なものをオーダーする喜びはもちろんあるが、それに増してお取り寄せをシェアすることはいろいろなメリットを感じているとツレヅレさん。

「それは味を分け合うだけでなくて、知らなかった情報を分け合うという意味もあります。それから、お取り寄せは送料がかかるものだけど、現地まで行く時間と交通費を考えたらむしろ安い。集まったときに割り勘して、それぞれが頼んだものを分け合って、少しずついろんな味
を食べられて、さらに持ち帰ることまでできると考えたらいいことしかない」
 
 さらに、料理好きが集まると、みんなで作りながら食べたり、飲んだり。そんな時間も楽しいという。

「それって、レストランで食べるのとはまた違った良さがありますよね。食いしん坊仲間たちと楽しいことをシェアしてると、巡り巡って自分にもいいことがあると思っていて。『こないだお取り寄せしてくれたから、今度は私が持っていこう』とおいしいものが我が家にやってくる(笑)。お取り寄せがつないでくれる嬉しい連鎖が生まれているんです」

 
メインは『柿木畜産』の牛肉100%ハンバーグの煮込み。肉自体がおいしくてきれいなので、どんな料理にも合う。『土佐野菜』のサツマイモの素揚げやほうれん草のソテーを添える。トマトときゅうりは豆のサラダに。柿はモッツァレラチーズと。
メインは『柿木畜産』の牛肉100%ハンバーグの煮込み。肉自体がおいしくてきれいなので、どんな料理にも合う。『土佐野菜』のサツマイモの素揚げやほうれん草のソテーを添える。トマトときゅうりは豆のサラダに。柿はモッツァレラチーズと。
注文したときに気をつけていることは収納スペース。冷凍品はしっかりスペースを空けておく。
注文したときに気をつけていることは収納スペース。冷凍品はしっかりスペースを空けておく。
セラーに並ぶアルコールの数々にはお取り寄せ品も多数。集まりに欠かせないので常備してある。
セラーに並ぶアルコールの数々にはお取り寄せ品も多数。集まりに欠かせないので常備してある。

ツレヅレハナコさんの取り寄せリスト

『エソナ』の瓶詰め惣菜と 『パンと』のパン


かつて東京・渋谷にあったワインバー『エソナ』が広島・尾道へ移転。渋谷時代の人気メニューだった惣菜を瓶詰めにしたのがミルクチョコレートレバーと鶏のタルタルの2品。「ミルクチョコレートレバーはちょっと甘めでもったりした食感がクセになるんです。鶏のタルタルはさっぱりしてるのに深い味わい」。現在は、数量限定で月に一度の不定期販売。賞味期限は製造から10日ほど。上記以外に、エビのタルタルや塗るポテサラも扱っている。同店の近所にある『パンと』は自家製酵母を使った暮らしになじむ食事パンが豊富。惣菜に合ったパンを一緒に送ってくれる。ミルクチョコレートレバー&カントリーブレッド ハーフ¥1,100。鶏のタルタル&スライス食パン¥1,100。

▶︎HOW TO ORDER  『パンと』のサイトから予約販売。瓶詰のみの販売は不可。それぞれのインスタグラムでも情報が随時UPされる。https://www.pantolife.net/
『エソナ』の瓶詰め惣菜と 『パンと』のパン

かつて東京・渋谷にあったワインバー『エソナ』が広島・尾道へ移転。渋谷時代の人気メニューだった惣菜を瓶詰めにしたのがミルクチョコレートレバーと鶏のタルタルの2品。「ミルクチョコレートレバーはちょっと甘めでもったりした食感がクセになるんです。鶏のタルタルはさっぱりしてるのに深い味わい」。現在は、数量限定で月に一度の不定期販売。賞味期限は製造から10日ほど。上記以外に、エビのタルタルや塗るポテサラも扱っている。同店の近所にある『パンと』は自家製酵母を使った暮らしになじむ食事パンが豊富。惣菜に合ったパンを一緒に送ってくれる。ミルクチョコレートレバー&カントリーブレッド ハーフ¥1,100。鶏のタルタル&スライス食パン¥1,100。
▶︎HOW TO ORDER  『パンと』のサイトから予約販売。瓶詰のみの販売は不可。それぞれのインスタグラムでも情報が随時UPされる。https://www.pantolife.net/

『ナッラマナム』のカレー

大阪で人気のスパイス料理『ナッラマナム』。行列の絶えない店で平日のランチタイムにしか食べられなかったバナナリーフ弁当がお取り寄せできる。いろいろな具材をバナナリーフに包み込んだオリジナルスパイス弁当は、鮎や牡蠣など、季節によって中身が変わる。ツレヅレさんが取り寄せているのは、3 種類のメイン料理や副菜、バスマティライスなどをバナナの葉で包んだセット。「冷凍便で届くので、多めに頼んでストックします。食べるときは電子レンジでチンするだけで簡単。温めることでバナナの葉で具材が蒸され、スパイシーな香りが際立ちます」。メインの食材以外に、副菜として生姜と切り干し大根のオイル漬け、小松菜のスパイス炒めなどが入っている。おまかせバナナリーフ包み弁当( 3 種)¥5,400。

▶︎HOW TO ORDER オンラインショップから。¥10,000以上で送料無料。https://shinplspice.thebase.in
『ナッラマナム』のカレー

大阪で人気のスパイス料理『ナッラマナム』。行列の絶えない店で平日のランチタイムにしか食べられなかったバナナリーフ弁当がお取り寄せできる。いろいろな具材をバナナリーフに包み込んだオリジナルスパイス弁当は、鮎や牡蠣など、季節によって中身が変わる。ツレヅレさんが取り寄せているのは、3 種類のメイン料理や副菜、バスマティライスなどをバナナの葉で包んだセット。「冷凍便で届くので、多めに頼んでストックします。食べるときは電子レンジでチンするだけで簡単。温めることでバナナの葉で具材が蒸され、スパイシーな香りが際立ちます」。メインの食材以外に、副菜として生姜と切り干し大根のオイル漬け、小松菜のスパイス炒めなどが入っている。おまかせバナナリーフ包み弁当( 3 種)¥5,400。
▶︎HOW TO ORDER オンラインショップから。¥10,000以上で送料無料。https://shinplspice.thebase.in

『千年鮭 きっかわ』の鮭の酒びたし

新潟県村上の鮭料理には千年の歴史があり、その特徴は発酵と熟成により生まれる、この地ならではのもの。寛永3(1626)年に創業した『千年鮭 きっかわ』は、代々、防腐剤などの添加物、化学調味料、酵母エキスなどを一切使わず、一から出汁を取り、天然素材で手間暇かけた手づくりを守り続けている。塩引鮭を1 年がかりで乾燥熟成させて出来上がるのが鮭の酒びたし。冬の寒さで乾きが進み、春風にあたって旨味が醸成され、梅雨を越し、初夏を待ってようやく完熟するという逸品だ。「そのままでもおいしいのですが、昔からの風習では、食べる前にお酒をかけて食べるので〝酒びたし〞と言われているそうです」。鮭の酒びたし ( 2 枚)箱入り¥3,532。

▶︎HOW TO ORDER オンラインショップから。¥10,800以上で送料¥300(代引き手数料別途)に(除外条件あり)。https://www.murakamisake.com/
『千年鮭 きっかわ』の鮭の酒びたし

新潟県村上の鮭料理には千年の歴史があり、その特徴は発酵と熟成により生まれる、この地ならではのもの。寛永3(1626)年に創業した『千年鮭 きっかわ』は、代々、防腐剤などの添加物、化学調味料、酵母エキスなどを一切使わず、一から出汁を取り、天然素材で手間暇かけた手づくりを守り続けている。塩引鮭を1 年がかりで乾燥熟成させて出来上がるのが鮭の酒びたし。冬の寒さで乾きが進み、春風にあたって旨味が醸成され、梅雨を越し、初夏を待ってようやく完熟するという逸品だ。「そのままでもおいしいのですが、昔からの風習では、食べる前にお酒をかけて食べるので〝酒びたし〞と言われているそうです」。鮭の酒びたし ( 2 枚)箱入り¥3,532。
▶︎HOW TO ORDER オンラインショップから。¥10,800以上で送料¥300(代引き手数料別途)に(除外条件あり)。https://www.murakamisake.com/

『木下酒造』の日本酒

天保13(1842)年、京都府京丹後市久美浜で創業した老舗の酒蔵。2007年からは、イギリス人のフィリップ・ハーパーが杜氏に。30年を超える酒造りの経験を基に、家付き酵母による自然仕込みの山廃や、江戸時代の製法を再現した酒など、挑戦的な酒造りを続けている。玉川は少し温度を変えて飲むと違う表情を見せるので、ロック、冷酒、常温から極端な熱燗や燗冷ましまで、さまざまに楽しみたい。「なかでもキレがある特別純米酒は海産物との相性も抜群。常温でもおいしく飲めますが、私は燗が好きです」。玉川特別純米酒 1.8ℓ ¥2,970。

▶︎HOW TO ORDER  『木下酒造』からは一般向け販売をしていないため、公式サイトに記載のある酒店をはじめ、各地の取扱店舗へ電話、ファクス、オンラインで注文。送付方法や支払いについては各取扱店舗にて確認を。https://www.sake-tamagawa.com/shoplist
『木下酒造』の日本酒

天保13(1842)年、京都府京丹後市久美浜で創業した老舗の酒蔵。2007年からは、イギリス人のフィリップ・ハーパーが杜氏に。30年を超える酒造りの経験を基に、家付き酵母による自然仕込みの山廃や、江戸時代の製法を再現した酒など、挑戦的な酒造りを続けている。玉川は少し温度を変えて飲むと違う表情を見せるので、ロック、冷酒、常温から極端な熱燗や燗冷ましまで、さまざまに楽しみたい。「なかでもキレがある特別純米酒は海産物との相性も抜群。常温でもおいしく飲めますが、私は燗が好きです」。玉川特別純米酒 1.8ℓ ¥2,970。
▶︎HOW TO ORDER  『木下酒造』からは一般向け販売をしていないため、公式サイトに記載のある酒店をはじめ、各地の取扱店舗へ電話、ファクス、オンラインで注文。送付方法や支払いについては各取扱店舗にて確認を。https://www.sake-tamagawa.com/shoplist

『土佐野菜』の詰め合わせ

数多くある野菜ボックスからツレヅレさんが惹かれたのは「野菜の通販というよりも、むしろ田舎から送られてくるものに近い印象だったから」。それがコンセプトにもなっている土佐野菜BOXは、高知で育った力強い野菜とともに〝土佐ばあちゃんからの便り〞や柑橘王国ならではの柑橘の果汁瓶、お裾分けの野菜など、時々おまけも入っているのが嬉しい。手に入りにくい珍しい土佐野菜もあるが、おいしい食べ方がわかるレシピも同封されている。1 回の通常購入のほか定期便もあり。詰め合わせ小サイズは品目数8 ~10品。2 ~ 3 人で1 週間分くらいが目安。例:原木シイタケ、かぼちゃ、小松菜、万願寺唐辛子、土佐にら、トマト、ミニトマト、四角豆、ナス、土佐金時(サツマイモ)。土佐野菜の詰め合わせ(小)¥3,974。

▶︎HOW TO ORDER オンラインショップから。一部地域を除き全商品送料無料。https://www.tosa-yasai.com/
『土佐野菜』の詰め合わせ

数多くある野菜ボックスからツレヅレさんが惹かれたのは「野菜の通販というよりも、むしろ田舎から送られてくるものに近い印象だったから」。それがコンセプトにもなっている土佐野菜BOXは、高知で育った力強い野菜とともに〝土佐ばあちゃんからの便り〞や柑橘王国ならではの柑橘の果汁瓶、お裾分けの野菜など、時々おまけも入っているのが嬉しい。手に入りにくい珍しい土佐野菜もあるが、おいしい食べ方がわかるレシピも同封されている。1 回の通常購入のほか定期便もあり。詰め合わせ小サイズは品目数8 ~10品。2 ~ 3 人で1 週間分くらいが目安。例:原木シイタケ、かぼちゃ、小松菜、万願寺唐辛子、土佐にら、トマト、ミニトマト、四角豆、ナス、土佐金時(サツマイモ)。土佐野菜の詰め合わせ(小)¥3,974。
▶︎HOW TO ORDER オンラインショップから。一部地域を除き全商品送料無料。https://www.tosa-yasai.com/

『柿木畜産』のハンバーグ

山形村短角牛を専門として、岩手県で繁殖、肥育、販売まで手がける『柿木畜産』。「ここの牛の魅力の一つ、赤身の味が濃厚で、噛むほどに旨味が溢れ出す感じがたまらない。次の日も胃もたれしません」。一般的に牛肉だけのハンバーグはジューシー感が足りなくなりがちだが、この短角牛肉100%で仕上げたハンバーグのたねは、2 種類の大きさの挽肉と脂の、最適なバランスを追求して開発されたもの。ゴロッとした肉の存在感と程よいジューシーさで食べ応え抜群。冷凍便で届くので、調理前に冷蔵庫でゆっくり解凍すると肉の味を損なわない。短角牛100%ハンバーグ1 個(160g)¥800。

▶︎HOW TO ORDER オンラインショップから。メールとファクスもあり。¥15,000以上で送料無料。農場作業しながらの対応のため発送まで数日かかることも。https://tankaku.thebase.in
『柿木畜産』のハンバーグ

山形村短角牛を専門として、岩手県で繁殖、肥育、販売まで手がける『柿木畜産』。「ここの牛の魅力の一つ、赤身の味が濃厚で、噛むほどに旨味が溢れ出す感じがたまらない。次の日も胃もたれしません」。一般的に牛肉だけのハンバーグはジューシー感が足りなくなりがちだが、この短角牛肉100%で仕上げたハンバーグのたねは、2 種類の大きさの挽肉と脂の、最適なバランスを追求して開発されたもの。ゴロッとした肉の存在感と程よいジューシーさで食べ応え抜群。冷凍便で届くので、調理前に冷蔵庫でゆっくり解凍すると肉の味を損なわない。短角牛100%ハンバーグ1 個(160g)¥800。
▶︎HOW TO ORDER オンラインショップから。メールとファクスもあり。¥15,000以上で送料無料。農場作業しながらの対応のため発送まで数日かかることも。https://tankaku.thebase.in

 

ツレヅレハナコ
Turedurehanako

食と酒と旅を愛する文筆家。著書に『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)、『食いしん坊な台所』『女ひとり、家を建てる』(ともに河出書房新社)、『ツレヅレハナコの愛してやまないたまご料理』(サンマーク出版)、『ツレヅレハナコのお取り寄せ』(立東舎)など多数。

掲載号はこちら

photo : Tetsuya Ito edit & text : Chizuru Atsuta

Latest Issue楽しく部屋を、整える。2023.01.20 — 920円