小田朋美 – 作曲家、ヴォーカリスト、ピアニスト | & Premium (アンド プレミアム)

作曲家、ヴォーカリスト、ピアニスト 小田朋美


October 29, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/小田朋美 vol.5

October.29 – November.04, 2021

Saturday Morning

600x600bf-60
Title.
Skeleton Lines
Artist.
Meredith Monk

 数年前、興味本位で十日間の瞑想合宿に参加したことがある。この十日間はここでは書ききれないほどの面白いことが色々あったのだけど、ひとつとても印象に残っていることがあって、それは、周りの参加者と一切話してはいけないこと、そして、会話に限らず一切のアウトプットを禁じられていたこと。スマホはもちろんNGだし、紙に何かを書くことも、歌うことも、運動をすることも禁じられていた。

わたしは生真面目にその掟を固く守っていたが、最終日、思わず声が出てしまった。合宿の会場が緑の茂る山に囲まれた場所だったので、あまりに空気が美味しくて、「あ〜!」と高い声が出てしまったのだった。すると、スタッフがやってきて、わたしに一言聞いた。「それは歌ですか?」

 この企画をわたしが担当するのも最終週となり、まだまだ紹介したい音楽は山ほどありつつ、とっておきの音楽をと思っていたところ、メレディス・モンクがすぐに浮かんだ。モンクといったらセロニアス・モンクを思い浮かべるひとのほうが多いかもしれないけど、こっちのモンクもかなりやばい。(ちなみに「モンク」は修道士、修道僧という意味だそうで、そんなたいそうな名前を持った人生はわたしには想像もつかないけど、確かにふたりとも宗教的と言っていいほど自分の道を極めているひとだなと思う。名前って強い。)

彼女は、声の作曲家だ。わたしたちの身体の中にある声をこれでもかと掘り起こし、身体そのものを掘り起こす彼女の音楽を聞くと、馬鹿馬鹿しさと深遠さが一挙にやってくる。ミクロでありマクロ。内向を中途半端にではなく極限まで突き詰めたら、宇宙に出てしまった、みたいな。

 「それは歌ですか?」という人生で一度しか聞かれたことのない質問に、わたしは答えられなかった。どっちでもいいじゃん、と言ってしまえばそれまでだが、あの時以来、わたしは歌って何なんだろうと考え続けている。そして今は、メレディス・モンクを久しぶりに聴いて、けたけた笑いながら静かに泣きたくなっている。

アルバム『Impermanence』収録。

Sunday Night

61SPCva4HTL._SS500_
Title.
I’ve Got You Under My Skin
Artist.
Dinah Shore

 顔の半分が見えなくても、声が少しこもってても聴こえづらくても、無駄話が減っても、触れられなくても、レイテンシーがあっても、会話の間が取れなくても、まあ大丈夫。まあ、最低限のことはできるし。まあ、何より今は仕方ないのだし。まあ、まあ、まあ。

そんなまあまあを続けているうちに、はたと気がつくと、何かがカットオフされたような、フィルターがかかったような日々を過ごしている気がする。HighとLowが削られて、遊びも最小限で、良くも悪くもまとまった音楽のように。

 今回の曲、コール・ポーターの名曲をダイナ・ショアが歌った「I’ve Got You Under My Skin」と出合ったのは高校生くらいの頃で、ジャズ好きの母が持っていたオムニバスアルバムの中に入っていた一曲だった気がする。当時大した恋をしたこともないわたしだったが、禁断の恋の匂いが立ち込めるこの曲に一発に魅せられて、恋というのはこんなに苦しくて甘いものなのだな……と実際に恋愛するより先に実感した。

それから何度となくこの曲を聴き込み、ダイナ・ショアの歌とアンドレ・プレヴィンのピアノによるこのバージョンに親しみきっていたあと、おそらくこの曲の歌唱で一番有名であろうフランク・シナトラバージョンを聴いたら、あまりにも明るくて驚いた。シナトラは素晴らしいし、シナトラバージョンの軽やかな切なさにも良さはもちろんあるのだけど、シナトラが歌うこの曲を聴いても、全然苦しくならない。

 そんなことを思い出しながら、先日改めてこの曲(もちろんダイナ・ショアバージョン)を聴いたら、久しぶりに日常的な感覚としてのHighとLowが抜けた感じがした。全然まあまあじゃない愚かさ。まあまあじゃない優しさ。マスクどころか皮膚の下まで通過してくるような苦さと甘さ。

 まだ当分はフィルターが外れそうにない2021年、はやく突き抜けた楽しさが戻ってくると良いなと思うのはもちろんだけど、同時に、痛いくらいの苦さや苦しさも戻ってきてほしいなと思う。

アルバム『Dinah Sings,Previn Plays』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


October 22, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/小田朋美 vol.4

October.22 – October.28, 2021

Saturday Morning

img_sisei
Title.
Śisei (of Taipei 1986)
Artist.
荒内佑

 ふたつ以上の意味を持つ言葉が発音されたときに起きる誤解が好きだ。高校時代、友人が「校舎1階の水飲み場から金(きん)が出たらしい!」と騒いでいるので、わたしは「ほんと!?すごい!!」と興奮して、水の中でキラキラ光る砂金のようなものを想像しながら実際に見に行ってみたら、水飲み場から出たのは金ではなく菌だった。最近は、「アナーキーレオタード」という言葉を聞いてかっこいいなと思っていたら、「穴開きレオタード」だった。

意味の誤解によって生まれる思いもよらない横道、大体の場合はすぐに軌道修正されて元の道に帰ってきてしまうのだけど、その一瞬の逸脱のきらめき。音楽にも誤解はあるだろうか? これは、すなわち音に意味はあるかどうかという問いで、シニフィアン・シニフィエを出すまでも無く昔から考え尽くされてきたことだろうけど、そういうことをすっ飛ばして考えても、音楽にも誤解はあると思う、というか音楽って誤解を味わい楽しむものなんじゃないだろうか。

 「Śisei」と題されたこのアルバムのタイトルを目にしたとき、まず、「姿勢」と「市井」を思い浮かべたが、作者の本意は「刺青」だそうだ。それを聞いてなお、わたしはこのアルバムに姿勢も市井も感じるし、至誠も感じる。この企画のルールとして1曲ということなので今回はタイトル曲を選んだけど、交わりと交わらなさの温度が心地よく、変わりゆくものと変わらないものが浮かび上がってきて大きな模様が見えてくるこのアルバム、一曲目から聴くのがおすすめです。

アルバム『Śisei』収録。

Sunday Night

1200x1200bf-60
Title.
I’ll Sleep When I’m Older
Artist.
Bruno Major

 よくある話だろうけど、子供の頃、夜寝るときに、死ぬのが怖くて泣いていた。自分が死ぬのも怖いし、両親が死ぬことを考えるのも怖かった。

そんなとき、どうやって気持ちを落ち着かせていたかというと、ひとつは作曲家になろうという考え。ピアノ教師をしていた母の影響で楽譜に親しんでいたので元々作曲は好きだったけど、心を込めて音楽を作っていれば、自分が死んでも音楽は当分生きていてくれる気がして気持ちが和らいだ。

もうひとつは、いっぱい生きれば、おばあちゃんになるまで生きれば、こんな気持ちにはならないはず、という考え。根拠はなかったけど、子供ながらに時というものを信頼していて、時はすごいのだ、何十年後かは分からないけど、ずっと先のわたしはいまのわたしとは全然違うのだからきっと大丈夫だ、と自分に言い聞かせていた。

 「I’ll Sleep When I’m Older」を聴いて、そんなことを考えながら眠りについていた部屋の天井と、その先に続く想像の宇宙の景色が蘇った。年老いた子供が見る夢のような音景色は、甘美でありながらセンチメンタルとも少し違う。この曲だけでなくアルバム全体を通して貫かれる、過去と未来に注ぐ真っ直ぐな眼差し、自分を超えた大きなものに対する信頼、が故のシンプルさ。

30年前と全然違う自分になったかどうかは心許ないけど、子供のわたしが思った、きっと大丈夫、という感覚を思い出させてくれる大丈夫アルバムがわたしにはいくつかある。このアルバムもわたしにとってそんなアルバムです。

アルバム『To Let A Good Thing Die』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


October 15, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/小田朋美 vol.3

October.15 – October.21, 2021

Saturday Morning

image.php
Title.
Aquarela do Brasil
Artist.
Egberto Gismonti & Nana Vasconcelos

 ここ数年、しゃっくりがよく出る。酔っ払っているわけでもないのに、朝昼晩問わず、だいたい一日に1、2回は出る。しかも、わたしのしゃっくりは音がかなり大きい。美術館やコンサートホールなど残響の多い場所で突然しゃっくりに見舞われると、空間の隅々にまで届く大しゃっくりが響き渡るのだが、リバーブをたくさん含んだしゃっくりはけっこう面白い音だなと思ったりする。

そう言えばしゃっくりで出来た音楽ってあるのかな?と思って検索してみたけど、私の検索力では出てこなかった(もし誰か知っていたら教えてください)。ある程度の法則性はあるにしても、いつやってくるか分からず、しようと思ってできるものではないしゃっくりはレコーディング自体難しいのかもしれない。せっかくこんなにしゃっくりと仲が良いのだから、いつかしゃっくり音楽を作ってみたいけど。

そもそも、しゃっくりに限らず良い音や面白い音はいつやってくるかなんて分からなくて、レコーディングという限定された空間と時間で捕まえられる音なんて本当にほんの一部だ。鰻みたいにスルスルと手の中から逃げていってしまう数多の音たち。を捕まえようとして、音楽家達は日々ハンターのように耳を光らせて生活している。

 などとつらつら考えていたら、本物のしゃっくりではないけど、しゃっくりみたいな音楽を思い出した。それが今回の曲、エグベルト・ジスモンチ&ナナ・ヴァスコンセロス「Aquarela do Brasil」(作曲:アリ・バローソ)。こんな文脈(?)で紹介するのは申し訳ない素晴らしいアルバムなのだけど、アルバム1曲目の「ブラジルの水彩画」と訳されるこの曲は、原曲はきっと皆さんも一度はどこかで耳にしたことがあるであろうブラジルの名曲をカバーしたもの。エグベルト・ジスモンチの自由自在なハーモニーとナナ・ヴァスコンセロスのしゃっくりのような軽快なヴォイスパーカッションが絡み合いながら徐々に輪郭を表すメロディーがやみつきになる、珍アレンジにして名アレンジの一曲。良いしゃっくりを捕まえたみたいに、すごい瞬間がいっぱい詰まったアルバムです。
アルバム『Duas Vozes』収録。

Sunday Night

R-7751804-1448041723-5705.jpeg
Title.
Dream 1 (before the wind blows it all away)
Artist.
Max Richter

 ドラえもんののび太は即寝が得意技らしく、寝ようとしてから眠るまでの最速記録は0.93秒だそうだが、わたしものび太に引けを取らない即寝人間で、移動中の車や電車はもちろんのこと、15分程度のバイトやリハーサルの休憩時間でも寝れるし、むしろレジでお客さんを待ってる最中に立ったまま寝てしまったことがある(もちろん怒られた)くらい寝るのが得意だったのに、最近めっきり寝つきが悪くなってしまった。

 音楽を聴いていて眠ってしまうのは、退屈していることの表れのように捉えられて、一般的には失礼という感じなのかもしれないけど、わたしはそうも思わない。音楽がBGMとして世の中に溢れるようになって久しく、ながら聴きが当たり前になってしまった今(それを良しとするかは別としても)、眠りながら音楽を聴くことだって全然ありだと思うし、夢うつつで音楽を聴くのは至福の時間だ。無意識? 半意識? こそが捉えられる音も、きっとある。

 「ポストクラシカル」という言葉を生み出した作曲家のマックス・リヒターが作ったこのアルバム『Sleep』は、タイトル通り眠りのための音楽で、長さがなんと8時間もある。不眠解消法としてメトロノームをゆっくり鳴らすという方法があると聞いたことがあるが、神経科学者の助言を得て作られたというこの作品は、BPM40、人間の心拍よりもゆっくりなテンポで進んでいき、ベースラインは少しずつ下降していく(ちなみに、わたしが大好きな曲のひとつにバッハの「ゴルトベルク変奏曲」があり、バッハは不眠に悩む知り合いの伯爵のためにこの曲を書いたそうだが、この曲もゆっくりなテンポで、ベースラインがだんだん下がっていく)。

 元・即寝人間としてはすぐに寝られなくなってしまったことはちょっと寂しい気もするけど、眠りにつくまでの時間が長くなった分、ゆっくりと意識が沈んでいく感覚を味わえるようになったと考えれば、それも悪くないのかもしれない。今や隙あらばスマホやパソコンから情報を得ようとしてしまう私たちだけど、自分の身体からの情報を聴く時間も大切だなと思うし、眠りというものを捉え直すきっかけとして、日曜の夜にぜひ。
アルバム『Sleep』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


October 08, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/小田朋美 vol.2

October.08 – October.14, 2021

Saturday Morning

600x600bf-60
Title.
El Aanga – Griffin
Artist.
Hamza El Din

 都内某日、とある喫茶店。店主の絵が飾られているけど雰囲気は全然飾ってない、タバコの吸えるこの喫茶店では、さまざまな会話が交わされていた。そもそも店主がお客さんと山本リンダの話で盛り上がりすぎて、わたしが店に入って来たことに気付いていない。マスク越しに少し大きめの声で自分の存在を知らせて、席につく。

この日は、「鹿皮シェイカー」を購入するために、フレームドラム奏者・制作者の久田祐三さんと待ち合わせしていた。このシェイカーはとても変わった音のするシェイカーで、以前も購入したのだけど、ある日この楽器を使っていたら「自分もぜひ欲しい!」と知り合いに頼まれたので、またさらに仕入れることになった。

テーブルに積み上げられたシェイカーを振って楽器を選定しながら、久田さんと色んな話をする。喫茶店でシェイカー振ってて大丈夫かと一瞬心配になるも、タバコの煙にも寛容な喫茶店だからか、みんなそれぞれのテーブルでのストーリーに没頭しているからか、誰も気にしていない様子。喫茶店のポリリズム。

 害獣駆除されてしまった鹿の皮で制作されたフレームドラム、そしてさらに余った皮を利用して作られたシェイカー。楽器は常に命と関わっている。太鼓は動物の皮が起源だし、ホルンは今でこそ金属だけどもともと象や牛の角だったし、三味線は猫や犬の皮、ヴァイオリンは木、弓は馬毛……他にも枚挙にいとまなく、動物や植物の命を分けてもらってできているのが楽器であり、音楽だ。

 自分が思い入れのある音楽を紹介することがこの企画の趣旨だとは承知しつつ、最近出合った音楽をリアルタイムに紹介できるのもウェブメディアの醍醐味だなと思うので、今回は久田さんに教えてもらって新しく出会った、フレームドラムの音楽を。エジプトのウード奏者、ハムザ・エル・ディンのアルバムから。
アルバム『Available Sound – Darius』収録。

Sunday Night

41XT0GBD03L._AC_
Title.
Fragile
Artist.
伊藤君子

 用があって久しぶりに実家に帰り、置いてきてしまったCD棚を眺める。

思い入れのあるアルバムもたくさんあるが、なんでこのCDを買ったんだろう? と思い出せないものもある。誰かに紹介されたんだろうか? 何か興味を持つきっかけの曲が入っているのだろうか? と手に取ってまじまじ眺めていると、直接関係なさそうなことを突然思い出したりする。空港の構内から覗いた青空の形、当時付き合っていた人が住んでいた家の匂い、駅のホームで友達に言われた言葉、CD棚は自由連想の宝庫。

学生時代のコレクションだからかクラシックが中心で、他のジャンルは極端に少なく、自分の偏りを反省したりするが、その中で、黄緑の背表紙&赤いジャケットのこのアルバムが目を引いた。

 先週に引き続いてカバー曲で、Stingの名曲を伊藤君子さんが歌った「Fragile」。このアルバムは武満徹作曲の「MI・YO・TA」が聴きたくて買った記憶があるが、小曽根真さんプロデュースによるアルバムが全体を通して素晴らしく、何度も聴き込んだ。その中でもこの曲はお気に入りだったが、当時The PoliceもStingも知らない無知なわたしは、伊藤さんのオリジナル曲だと勘違いして聴いていて、原曲を知るのは少し後のこと。

10代でこの「Fragile」を聴いた時、自分の思春期的な心象に共振させて聴いていた気がするが、今は、自分という存在を超えて人間そのもの、世界そのものの儚さを歌うこの曲に惹かれる。本当に良い曲って、カバーされてもなお輝くもの。
アルバム『Once You’ve Been In Love』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


October 01, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/小田朋美 vol.1

October.01 – October.07, 2021

Saturday Morning

91zJxRlRl6L._AC_SL1500_
Title.
Agape
Artist.
Nicholas Britell

 中学生のときにはじめて買ったサウンドトラックのCDは、ドラマ『ケイゾク』のサウンドトラック(作曲:見岳章)だった。このドラマ自体が好きだったこともあるけど、とにかく音楽が印象的で、日常生活のなかで何度も頭の中でこのドラマの音楽を反芻していて、ある時ついにCDを買った。のはいいのだけど、CDで改めて聴いてしまうとちょっと違う感じがするというか、脳内で再生しているのが一番気持ち良いということに気が付いた。

その時から「脳内サントラ」という楽しみを覚え、日常生活の色んな場面で、様々な映画・ドラマの音楽を繰り返し脳内再生していたのだけど、最近ちょっとその楽しみが減ってきている気がする。なんでだろう、歳だから? 忙しいから? などと思ったりもするが、一番思い当たるのはスマホの登場。ぼーっとする時間が減ってしまい、それに従って脳内サントラを楽しむ時間も減ってしまったのかもしれない。

 先日、朝目覚めて、カーテンの隙間から差し込む一筋の光が目に入ったとき、この曲「Agape」が脳内に流れてきた。久しぶりの感じだなと思いながら、すぐに起き上がらないで、ぼーっと横たわりながら脳内サントラをゆっくり聴く。

『ビール・ストリートの恋人たち(原題:If Beale Street Could Talk)』という映画のサウンドトラックであるこの曲のメロディは、劇中で色彩(アレンジ)を変えながら何度も登場する。作曲家ニコラス・ブリテルによるアレンジの妙、映像・ストーリーとのマリアージュは本当に見事だし、こんなに慎ましく、豊かで、心に残るトラックを聴いたのは久しぶり。

 ずっと思い出せなかった記憶の断片たちが浮かんでは消えながらゆっくりと輪郭を表すような、素晴らしいアルバムです。映画と併せて是非。
アルバム『If Beale Street Could Talk(Original Motion Picture Score)』収録。

Sunday Night

71LMsxZkPdL._AC_SY355_
Title.
Beatles Songs für Singstimme und Instrumente: IV. Michelle II
Artist.
Luciano Berio (Songs by John Lennon & Paul MacCartney)

 「Siempre(=永遠に)」。最近観た映画『イン・ザ・ハイツ』のなかで、ホームパーティーで主人公たちがレコードをかけて踊っているとき、レコードの傷によって「Siempre」というフレーズが何回も繰り返されてしまう場面があった。映画も、音楽も、文学も、日常も、忘れられないたったひとつの何かが残るだけでいいとわたしはよく思うのだけど、あの場面のことをわたしはきっと忘れないと思う。

 音楽は繰り返しに満ちているけど、わたしたちの生活は音楽と比べられないくらい繰り返しに満ちているし、繰り返ししかないとも言える。繰り返しばかりの日常なんだから音楽くらい繰り返さなくたっていいじゃないと思ったりもするけど、やっぱり音楽が繰り返しと相思相愛でなかなか離れられないのは、音楽と日常の仲が良いからだろうか。

 このビートルズの名曲を編曲したのはルチアーノ・ベリオというイタリアの作曲家。当時彼の妻で歌手のキャシー・バーベリアンからの依頼によってこの曲を編曲することになったそうだけど、原曲とはまた全然違う魅力をまとったこの編曲版に、わたしはずっと心惹かれていた。この編曲では楽器たちがそれぞれの歌を持ち、動物の声のように、木々のざわめきのように、水の流れのように、世界そのもののように響いて、その中に人間がいて、彼女(彼)は愛を歌っている、でも人間は主役ではないと感じる。

 この歌で何度も繰り返されるのは、たったひとつのこと。世界中にありふれていて、いつの時代も繰り返し歌われてきたこと。繰り返すけど、同じではないこと。繰り返しながら、変わっていくこと。

 人間が主役ではないということに安堵を覚えながら、日々の繰り返しを愛したくなる一曲です。
アルバム『Transformation』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


作曲家、ヴォーカリスト、ピアニスト 小田朋美

神奈川県出身。作曲家、ヴォーカリスト、ピアニスト。東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業後、音楽活動を開始。ソロ活動をはじめとし、「CRCK/LCKS」のメンバー、「cero」サポートメンバーと活動するほか、二代目 高橋竹山の演奏会ピアニストや、CM、ドラマ、映画などの映像音楽制作も行う。13年に1stソロアルバム『シャーマン狩り』、17年にミニアルバム『グッバイブルー』を発表。Eテレで放映中の『天才てれびくんhello,』の音楽を担当。映画『東京喰種トーキョーグール【S】』(川崎拓也 平牧和彦監督)『素敵なダイナマイトスキャンダル』(冨永昌敬監督)の音楽を菊地成孔とともに担当。

Profile photo : Kana Tarumi

Latest Issue静かに過ごす時間が、必要です。2021.11.19 — 880円