& Premium (アンド プレミアム)

Eyesあの人が見つけたモノ、コト、ヒト

編集者 西谷真理子


July 19, 2018 「コレット・ウシャールさんときものの新しい顔」。 西谷真理子

2018.07.19

「コレット・ウシャールさんときものの新しい顔」。

ヨーロッパの舞台衣装デザイナーとして活躍するかたわら、京都の「地点」という劇団のために、衣装をデザインしているベルギー人のコレット・ウシャールさん。ふだんはブリュッセルに住んでいるが、地点の新作の衣装を担当するときには、京都に滞在して7人の俳優のために衣装を製作し、舞台の初日を見届けて帰って行く。コレットさんは、きものが好きで、きものについて深く考え、きものの本質をつかんでいる。古いきものをどこかから見つけて来ては、巧妙に解体して「地点」の衣装に使う。かと思うと、ユニクロの安い服を使って、チェーホフの「三人姉妹」の衣装を仕立ててしまったりする。既存の戯曲を自在に変容させる地点の三浦基さんの演出手法と、コレットさんの衣装の仕立て方とは、「脱構築」と呼びたい共通点がある。彼女の、日本人にはなかなか真似のできない、きものをリメークするセンスについて京都の「ひなや」のオーナーの伊豆蔵直人さんに話したら、なんと、伊豆蔵さんは、ひなやが扱うヴィンテージきもののプロモーションビデオ(下の「ひなや」をクリック)にコレットさんと地点の俳優たちをキャスティングしてしまった。上の地点の作品「忘れる日本人」の舞台と、動画の中で俳優たちがきものと戯れる様子とを見て、きものの広がりを感じてほしい。リンクの中にはコレットさんのインタビューもあるので、こちらもどうぞ。普段は、ヨウジヤマモトをすてきに着こなす女性なのである。

 
 
nishitani-06
神奈川芸術劇場(KAAT)で6月に上演された地点公演「忘れる日本人」より。写真提供:地点

March 26, 2018 GARMENTで新しい香りの楽しみ方を。 西谷真理子

2018.03.26

GARMENTで新しい香りの楽しみ方を。

実はとても香水が好き。でもある香水専門家(男性)の前で好きな香水を列挙したら、男性を寄せ付けない匂いばかりですね、と言われた。香りの、実体がないのに記憶に強く残るところがいい。かつて、好きな香水は伊勢丹のメンズ館1階に売っていて、そこに通っては、紳士に好まれる香りに陶然となっていた。近頃は時代が私に寄り添ってきたのか、メンズ館の香水売り場は、2013年から本館に移り、パルファンコーナーとなって玄関左手の広い地所を得ている。心躍るニッチな香水ブランドはさらに拡張している。写真は、昨秋から加わった、日本人が作る香りのブランドGARMENTだ。服を着こなすように、その日の気分を、色のイメージの「ベース」と、個性付けしてくれる「フィルター」という香り各4種類から選んで、重ね付けしようと提案する。服の素材をチェックするように香りを嗅ぎ分けて、その日の気分を表現できたらすてきじゃない?

 
nishitani-05
GARMENTは、1988年生まれの山下武尊さんのブランド。

December 07, 2017 フィンランドのイカすダサさ。カウリスマキの新作映画「希望のかなた」 西谷真理子

2017.12.07

フィンランドのイカすダサさ。
カウリスマキの新作映画「希望のかなた」

アキ・カウリスマキの最新作「希望のかなた」がすばらしい。難民3部作の2作目というシリアスな映画なのに、お腹を抱えて笑ってしまう(ストーリーは観てのお楽しみ)。今回オッと思ったのは、これまでフィンランドのダサさ、と思って来た部分が、なぜか違った。登場人物は相変わらず癖のある風貌で、ハリウッド的なスターの顔をしていないし、目を引く衣装も着ていない。が、イカすのだ。生真面目な主役の端整な着こなしも良ければ、シニアのロックスターも深い!ふと、パリコレでもダサいファッションが最先端なことを思い出した。

 
nishitani-04
© SPUTNIK OY, 2017
12月2日(土)より、渋谷・ユーロスペース他で全国順次公開。

『希望のかなた』
(原題:TOIVON TUOLLA PUOLEN/英語題:THE OTHER SIDE OF HOPE)

監督・脚本:アキ・カウリスマキ
出演:シェルワン・ハジ、サカリ・クオスマネン
2017年/フィンランド/98分/フィンランド語・英語・アラビア語/DCP・35㎜/カラー
配給:ユーロスペース 

12月2日(土)より 渋谷・ユーロスペース他にて 全国順次公開


September 21, 2017 ドレスが復権!高山エリさんのドレス偏愛。 西谷真理子

2017.09.21

ドレスが復権!髙山エリさんのドレス偏愛。

京都精華大学で、ファッションの仕事をめぐる集中講義を9月の初旬に行い、スタイリストの髙山エリさんに一日講師をお願いした。「好き」の考察がこの日のテーマ。髙山さんは、山のような私物の服を持参してボディに着せた。ご本人の「好き」がこれ。ドレス、ドレス、ドレス、黒、赤、ピンク‼︎ 古着のドレスに混じって、ロンドンの注目ブランド〈モリー・ゴダード〉や〈コム・デ・ギャルソン〉、〈sina suien〉、〈クリスチャン・ダダ〉などのドレス、話題の〈バレンシアガ〉のダッフルも。本人は〈ヴェロニク・ブランキーノ〉の黒いロングドレスをさらりと着用。とても新鮮で失われた女子心をくすぐられたのだった。

 
nishitani-03
高山エリさんのサイト「Takayama eriドット混む東京」もどうぞ。
http://takayamaeri.com

July 10, 2017 畑の中の〈iai〉の美しい暮らし。 西谷真理子

2017.07.10

畑の中の〈iai〉の美しい暮らし。

ファッションは都会のもの、と思っていない?華やかな消費生活があって、ビジネスが回っている環境が必要だ、と。ところがそういう思い込みを裏切るような作り手が登場しつつある。例えば、この〈iai〉というブランド。まだ20代後半の居相大輝(いあいたいき)さんは、京都府福知山市の山間部、棚田に囲まれたのどかな農村で、古い農家を一軒借りて、服のショールームと居住空間に改造し、パートナーの愛さんと野菜を育て、せっせと服を作っている。服がある数仕上がると都会に売りに行く。立体裁断で日々生み出される服は、優しく美しく、大事にしなければバチが当たるような気がする。http://iaiiaiiai0512.tumblr.com/

 
nishitani-02b
庭では、愛さんが育てるいろんなハーブがいい香りを放つ。

April 27, 2017 黄色が流行る予感 西谷真理子

2017.04.27

黄色が流行る予感

リー・エーデルコート女史は、トレンドユニオンの2018-19秋冬流行予測セミナーで「黄色が重要になる」と予測した。来年の話だけど、今でもその兆しは感じられる。私も最近黄色が気になるもの。写真は、〈スズキタカユキ〉のプレスルームで偶然目に止まった黄色。いつもは生成りやベージュに黒などナチュラルな色味が中心のブランドなのに、この春夏はこんなゴールドに近い黄色が登場。これがなかなか好評だそうだ。やっぱりね!

 
nishitani-01
スズキタカユキの「光のイメージ」であり、かつ日本の色を意識したこの春夏の黄色のシリーズ。

編集者 西谷真理子

にしたに・まりこ/『装苑』『ハイファッション』の副編集長を経て、京都精華大学客員教授。編著に『ファッションは語りはじめた』『相対性コム デ ギャルソン』が。