双子のライオン堂 — Twins Lion Do | & Premium (アンド プレミアム)

Twins Lion Do 双子のライオン堂


選・文 / 双子のライオン堂 / June 10, 2021 本屋が届けるベターライフブックス。『歴メシ ! −世界の歴史料理をおいしく食べる』 遠藤雅司(音食紀行)著(柏書房)

This Month Themeキッチンに立つ楽しみが広がる本。

歴メシ!

レシピってタイムカプセルのようだなと思いました。本書は、歴史上の人物たちが食べていたであろう料理を現代でも作れるようにアレンジして紹介してくれます。数百年、数千年と食べ物それ自体は残せないけど、ソクラテスやマリー・アントワネットがどういったものを食べていたか知れます。材料などそのまま再現できないものもありますが、実際に食べられるのは面白いです。そうそう、この本に出てくる料理は、家族や友人とあーだこーだ言いながら一緒に作って食べても楽しいと思います。著者が最近出版された『古代メソポタミア飯〜ギルガメシュ叙事詩と最古のレシピ』(大和書房)もおすすめです。


選・文 / 双子のライオン堂 / June 03, 2021 本屋が届けるベターライフブックス。『はからない こねない まるめない 世界一自由で簡単なパンのつくりかた』根岸 ひとみ 著(ぶなのもり)

This Month Themeキッチンに立つ楽しみが広がる本。

IMG_0062

自宅でパンを作るのは大仕事。なんとなくパンは買ってくるもの、そう洗脳されて生きてきました。本書はそんな考えを変えてくれました。パンを作るのって、材料を細かく計量して、しっかりこねて、と大仕事のイメージ。結構体力も必要。だから、作りたい! と思ってもなかなか手が出せません。でもこのレシピなら、タイトルにもある通り「はからない こねない まるめない」でパンができちゃいます。大胆にも粉の計量はマグカップで良いって言ってます。簡単に美味しいものができちゃうので、パン作りが楽しくて、毎日だって焼きたくなっちゃいます。


選・文 / 双子のライオン堂 / May 27, 2021 本屋が届けるベターライフブックス。『カレンの台所』滝沢カレン 著(サンクチュアリ出版)

This Month Themeキッチンに立つ楽しみが広がる本。

IMG_5979

モデル、料理番組のMCとしても活躍している滝沢カレンさんによるレシピ本。正直レシピ本ってどれも同じだよなと思っていたのですが、この本は個性爆発。独特のワードチョイスで語られるレシピは読んでいて不思議と幸せな気持ちになります。定番のあの料理も少し違った見え方がするかもしれません。所々、これ本当に作れるんかい! とツッコミたくなりつつ、いつの間にかその料理が食べたくなっています。気がつけばエプロンをつけて台所に立っているでしょう。


Twins Lion Do 双子のライオン堂

2003年にネット古書店を立ち上げる。その後、2013年に「選書専門店」として実店舗をオープン。オーナーの竹田さん自ら選書を依頼した人たちのお薦めの本を置き、読書会やオンラインイベントを開催するなど、本との新しい出合いをさまざまな角度で提案している。
住所:東京都港区赤坂6-5-21
営業時間:15:00〜21:00(水〜土)
電話:050-5276-8698

liondo.jp

Latest Issueやっぱり、台所は大切です。2021.05.20 — 880円