& Premium (アンド プレミアム)

Car life

『&Premium』2016年12月号「&CAR LIFE」より / January 27, 2020 私とクルマ。お店にも心にもジャストフィット。 KEIKO KURITA × FIAT PANDA

KEIKO KURITA × FIAT PANDA
KEIKO KURITA × FIAT PANDA

お店にも心にもジャストフィット。

「仕事の足として乗るためにコンパクトで可愛いクルマを探していたときに出合ったこの一台。自分のお店の外観もブルーなので、第一印象で『ピッタリかも!』
と思って、すぐに購入を決めました。元々クルマ好きだったこともあり、これまで色々な車種を乗り継いできましたが、このクルマは自分にジャストフィットだなと感じています。以前に乗っていたものよりボディも小さく非力だけど、今の私にはその脱力感が合っている気がして。角張っていながら、丸みを感じるフォルムも、開放的なリアまわりも、そして何より鮮やかなカラーも。とにかく可愛いんです。リーフが開く仕様なので、通勤時に開けっ放しにしておけば、季節の変わり目をリアルに感じられるのも気持ちいいですね。独特のシフトパターンをしているので、納車してもらったばかりのときは、動かし方が全然わからなくて、初めて説明書とじっくり向き合ったりもしましたが(笑)、今はこのクルマと一緒に成長している気がしてそれも楽しい。これまでのどんなクルマより、このパンダとの距離感が一番近い気がします」

栗田敬子

くりた・けいこ/ヨットのセイルで作るオリジナルバッグを製作。自身がオーナーを務める〈Watts JIYUGAOKA〉で販売も行う。

フィアット・パンダ

イタリア・フィアット社の製造する小型ハッチバック車で、栗田さんの愛車は2003年にデビューした2代目モデル。2008年式。

photo : Tetsuya Ito
※この記事は、『&Premium』2016年12月号「&CAR LIFE」に掲載されたものです。