& Premium (アンド プレミアム)

Car life

『&Premium』No.5 2014年5月号「&CAR LIFE」より / July 08, 2019 私とクルマ。 SATOKO IMAZU × JEEP CHEROKEE

SATOKO IMAZU × JEEP CHEROKEE
SATOKO IMAZU × JEEP CHEROKEE

最後まで一緒にいるつもり。

「仕事柄荷物も多いし、自分でクルマを手に入れるなら四駆に乗りたかったんですよね。そんなところから選んだ赤いボディに、インテリアはベージュのジープチェロキーなのですが、実はこのコが2代目。”先代”は交通事故で廃車になってるんです……。正面衝突のけっこうな大事故で、現場検証に来た警察の方にも、『このクルマじゃなかったら君の命が危なかったよ』って言われて、ああ守ってもらったんだなあと。その事故までは大きなトラブルもなく、デザインなどもすごく気に入っていたので、まったく同じカラーで同じ年式のクルマを、かなり待って手に入れました。角張ったデザインが好きなのはもちろん、ラゲージの広さなど使い勝手もかなりいい。古い外車ならではの不具合もそこそこに出るけれど、エンジン自体はとても丈夫。走行距離は今10万㎞を超えていますが、本当に”乗り潰す”ところまでは付き合いたいと思ってるんです。たとえば、バハ・カリフォルニアで開かれる過酷なデザートレース『バハ1000』にこのクルマで出て引退させる……なんて憧れますね(笑)」

今津聡子

いまづ・さとこ/写真家。大阪府生まれ。若木信吾に師事し、2004年よりフリーランスに。http://www.satokoimazu.com

ジープ チェロキー

ヘビーユースに耐える、信仰者も多いアメリカ車で、1974年から展開。今津さんが乗るのは初代もこの2代目も’94年式。

photo : Tetsuya Ito text : Sawako Akune