Magazine

&Premium No. 110LOVE OF OTORIYOSE / 真似をしたくなる、お取り寄せ。December 20, 2022

真似をしたくなる、お取り寄せ。

今月の特集
「真似をしたくなる、お取り寄せ。」

作家の向田邦子さんはエッセイの中で、お取り寄せがおいしいのは「思いもうける」からだと書いています。思いもうける(設ける)とは、〝期待する〞〝心の準備をする〞ということでしょうか。到着を待ちわびたり、大切な人とおいしさを分かち合うことを考えたりする「思いもうける」楽しみは、ネットで買い物をすることが当たり前になった今でも、もちろんあります。生産者と直接つながり、その思いを理解して味わう準備をすることや、お気に入りを見つけ出すために思いを巡らせることも「思いもうける」楽しみのうち。そして、お取り寄せのある暮らしをよりいっそう豊かなBetter Lifeにしてくれているのだと『&Premium』は思います。今号のテーマは「真似をしたくなる、お取り寄せ」。お取り寄せを上手に使いこなして、日々の暮らしを楽しんでいる人たちを訪ねました。

真似をしたくなる、お取り寄せ。

料理上手たちの、お取り寄せのある暮らし。

料理家をはじめ食の分野で活躍する人たちは、どんな風にお取り寄せを使いこなしているのだろう。味わいはもちろんのこと、作り手や、ともに分かち合う仲間との交流も大切に。身近に手に入る食材も上手に組み合わせながら日々の食卓を豊かに楽しむ6人に、おすすめの取り寄せリストと料理を教わります。

料理家・冷水希三子さんのお取り寄せ。チーズと卵は北海道から。千葉県の無農薬ハーブを束ねたブーケはおもてなしの際に。
料理家・冷水希三子さんのお取り寄せ。チーズと卵は北海道から。千葉県の無農薬ハーブを束ねたブーケはおもてなしの際に。
誰かのためにお取り寄せすることが多くなったという福田春美さん。とっておきのお茶やお菓子、湯気のあがった蒸籠の中の点心も、定番のお取り寄せ品。
誰かのためにお取り寄せすることが多くなったという福田春美さん。とっておきのお茶やお菓子、湯気のあがった蒸籠の中の点心も、定番のお取り寄せ品。
宮崎のちりめんじゃこを軽く炒めたものをキッチン脇に常備している料理家のウー・ウェンさん。北海道のマイタケは、白米と一緒に炊き込みご飯に。
宮崎のちりめんじゃこを軽く炒めたものをキッチン脇に常備している料理家のウー・ウェンさん。北海道のマイタケは、白米と一緒に炊き込みご飯に。

食いしん坊32人がそっと取り寄せている、全国の名品。

北は北海道から、南は沖縄まで。日本各地には、真摯においしいものを作り、全国へ届けてくれる作り手がたくさん。地方からもお取り寄せを楽しんでいる食いしん坊32人に聞いた、とっておきの逸品とは。

作家・エッセイストの平松洋子さんが楽しんでいるのは、宮城・南三陸の海の幸。瓶詰めの子持ちめかぶは、茹でたうどんに絡めるだけで十分おいしい。
作家・エッセイストの平松洋子さんが楽しんでいるのは、宮城・南三陸の海の幸。瓶詰めの子持ちめかぶは、茹でたうどんに絡めるだけで十分おいしい。
女優の石橋静河さんは蜂蜜を。昔から家族と親交のある山形県の養蜂家から取り寄せているそう。
女優の石橋静河さんは蜂蜜を。昔から家族と親交のある山形県の養蜂家から取り寄せているそう。

旬を取り寄せて、贈る。手みやげ12か月。

フードライターのPさんこと渡辺紀子さんが、四季折々の気分に寄り添う、お取り寄せできる手みやげをセレクト。誰かへの贈り物にはもちろん、自分へのご褒美にも嬉しい、季節のおいしいものがずらり。

春夏秋冬、12か月のおすすめ手みやげ。1月はガレット・デ・ロワや美しい寒氷を。
春夏秋冬、12か月のおすすめ手みやげ。1月はガレット・デ・ロワや美しい寒氷を。
寒時時季には豆腐の鍋セット。春の足音が近づいてきたら、目にも楽しい花ちらしを手みやげに。
寒時時季には豆腐の鍋セット。春の足音が近づいてきたら、目にも楽しい花ちらしを手みやげに。

他にも「平野紗季子 箱を開けると、そこに幸せが。」「昭和の文化人が愛した、あの味。」など、盛りだくさんの内容で「真似をしたくなる、お取り寄せ。」をお届けします。

定期購読のご案内

『アンド プレミアム』が毎月、割引価格でお手元に届きます。

定期購読 (1年)

通常購入の場合 年間 ¥11,160

1年間の定期購読料金 ¥7,700

¥3,460お得!
送料も無料!

※通常価格¥930×12冊の合計金額。
特別定価の号も、定期購読ならお値段据え置き。

定期購読 (1年) のお申込みはこちら

定期購読 (2年)

通常購入の場合 2年間 ¥22,320

2年間の定期購読料金 ¥14,600

¥7,720お得!
送料も無料!

※通常価格¥930×24冊の合計金額。
特別定価の号も、定期購読ならお値段据え置き。

定期購読 (2年) のお申込みはこちら

Backnumber バックナンバー

  • Kyoto Solo Trip / やっぱり、ひとりでも京都。
  • COZY ROOMS / 部屋を、整える。
  • ANKO & KINAKO / あんこと、きなこ。
  • PRACTICAL KITCHENS / 暮らしの真ん中に、心地よい台所。
  • 100 THINGS FOR BETTER LIFE / 毎日を気持ちよく過ごす、100のこと。
  • TO BE ELEGANT / エレガンス、であること。
  • MY HOME, MY LIFE / 心地よい住まいを、考えてみた。
  • THE BETTER LIFE BOOK / 暮らしの本。
  • TO A BEAUTIFUL TOWN / 旅をしたくなる、美しい暮らしのある町。
  • WAY OF LIFE / あの人は、どう生きてきたのか。
  • BETTER MORNING / 朝を楽しむための28のこと。
  • IN GOOD TASTE / センスのいい人が、していること。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円