Interior

狭くても自分らしい部屋作りの秘訣。マーチャンダイザー・堤谷美雪さん「正直な〝好き〞を集めて」。February 09, 2023

2023年1月20日発売の『&Premium』の特集は「楽しく部屋を、整える」。狭い部屋や古い家を自分たちらしく整えて、豊かに、楽しくベターライフを送る人たちを取材しました。
狭さがもたらす落ち着き、古さゆえに感じることができる味わい……、一見するとマイナスに思える点だってアイデア次第で素敵な暮らしを実現するポイントになることが学べる特集です。ここでは、マーチャンダイザー・堤谷美雪さんの狭くても自分らしい部屋を訪ねます。

NAME Miyuki Tsutsumitani  OCCUPATION Merchandiser

光がさんさんと入る部屋。「寒いけど、やっぱりブラインドが好きで」と堤谷美雪さん。
光がさんさんと入る部屋。「寒いけど、やっぱりブラインドが好きで」と堤谷美雪さん。
「理由なく好き」というピンクのリボンをお気に入りの器にのせてディスプレイ。石や鳥モチーフの雑貨もつい集めてしまう。
「理由なく好き」というピンクのリボンをお気に入りの器にのせてディスプレイ。石や鳥モチーフの雑貨もつい集めてしまう。

自分だけの、密やかな〝好き〞が詰まった1K。

 雑貨を中心としたバイイングやマーチャンダイジングの仕事に携わる堤谷美雪さん。職業柄、部屋にはたくさんモノがあるのかと思いきや、31㎡の小ぶりな1Kの部屋は意外にもすっきりしていて、驚いた。

「日々、様々な商品を扱いますが、それはあくまでもお客様に届けたいものやニーズに合ったもの。目は肥えてきているかもしれませんが、自分が本当に何が好きかについては、まだフワフワしていて。だから、そんなにモノが増えないんです」

 ベッドとリビングスペースをゾーニングするために置いているステンレスのオープンシェルフは、「今、好きなもの」を並べる小さなギャラリー。器やオブジェなど、仕事を忘れて好きなものを好きなように飾る。

「好きだな、いいなって思う気持ちや基準って人それぞれで、言葉にするのは難しい。私の場合は淡いピンクやターコイズブルー、繊細な紐やリボンとか。理由を聞かれてもうまく説明できないんですけど(笑)」

展覧会のフライヤーなど、ビジュアルが好きだったものを壁に。仕事のイン
プットにもなる。
展覧会のフライヤーなど、ビジュアルが好きだったものを壁に。仕事のイン プットにもなる。
キッチンのニッチに作り付けられた棚に食器やキッチン道具を収納。賃貸物件でも気の利いた造作がされたところも気に入ったポイント。
キッチンのニッチに作り付けられた棚に食器やキッチン道具を収納。賃貸物件でも気の利いた造作がされたところも気に入ったポイント。
〈ウリヨ・クッカプーロ〉のチェアに座って本を読んだり、お茶を飲んだり。ひとりで過ごす時間も大切にしている。
〈ウリヨ・クッカプーロ〉のチェアに座って本を読んだり、お茶を飲んだり。ひとりで過ごす時間も大切にしている。
「踊る女の子たちにキュンとして」買った大型のビジュアルブックは床置きでディスプレイ。隣はダチョウの卵。
「踊る女の子たちにキュンとして」買った大型のビジュアルブックは床置きでディスプレイ。隣はダチョウの卵。

 部屋を見ると、たしかに至る所にそれらがあって、他人には取るに足らないものでも、彼女には宝物なのだとわかる。「好き」というささやかで切実な想いとは、あるいはそういうものなのかもしれない。

「この部屋を内見したときも、好きだなと思ったんです。お風呂はバランス釜の古い物件ですが、天井が高くて光が綺麗に入る。賃貸には珍しい塗り壁や無垢の床材もよくて」

 家具には一目惚れした〈ヴィトラ〉のラウンドテーブルと、ポイントとなっている黒い留め具に合わせて、チェアはブラックの〈ウリヨ・クッカプーロ〉を選んだ。

「かわいい雑貨が好きだけど、武骨なインテリアも好き。そこでバランスを取っているのか何なのか、ちょっとまだ言葉にできませんが……、今はその〝好き〞という気持ちに素直に従って、新しい感覚を広げていきたいなと思っているんです」

 人がいいと感じるものが自分にとってそうとは限らないし、〝好き〞を誰かに理解してもらう必要もない。ただ正直に好きでいること。それこそが本当に幸せな、モノや暮らしとの付き合い方なのかもしれない。

書棚の上やカーテンレールの上など、小さなデッドスペースにも、こっそりとお気に入りの器やオブジェが。
書棚の上やカーテンレールの上など、小さなデッドスペースにも、こっそりとお気に入りの器やオブジェが。
ガラス製の器はまとめて収納するとオブジェとしても美しい。とくに好きなものはキッチン脇のいつも目に入る棚に。
ガラス製の器はまとめて収納するとオブジェとしても美しい。とくに好きなものはキッチン脇のいつも目に入る棚に。
玄関のシューズボックスも作り付け。扉のないオープンさを生かして、好きな靴や生活道具を〝見せる収納〞に。
玄関のシューズボックスも作り付け。扉のないオープンさを生かして、好きな靴や生活道具を〝見せる収納〞に。
キッチンが独立した1K。ニッチを利用し た作り付けの棚がいくつもあり、ディスプ レイ欲を満たしてくれる部屋。
キッチンが独立した1K。ニッチを利用し た作り付けの棚がいくつもあり、ディスプレイ欲を満たしてくれる部屋。
PROFILE

堤谷美雪 マーチャンダイザー

東京・青山にある複合文化施設「スパイラル」勤務。販売する雑貨やインテリアなどの企画や販売戦略を担当するマーチャンダイジングに携わる。

堤谷美雪

photo : Kazumasa Harada illustration : Shinji Abe (karera) edit & text : Yuriko Kobayashi

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円