Travel

August 13, 2022 2021年末にオープンしたばかりの茶室で、非日常を体験。
京都さんぽ部だより③『立礼茶室 然美』

&Kyoto

 京都を暮らすように旅する、本誌人気連載「&Kyoto」が1冊にまとまった「やっぱり京都、街歩きガイド」が発売中。現地在住のコーディネーター、大和まこさんが案内する全286軒を掲載しています。ここではその中から、夏のさんぽの目的地にしたい店を紹介。
 3件目は、東山&祇園エリアの『立礼茶室 然美』。ムックでは他にもこのエリアの注目店を紹介しています。詳しくはこちらから。

立礼茶室 然美
Ryurei Chashitsu Sabi

京都市東山区祇園町南側570−120 T.T2F ☎075−525−4020 13:00〜、16:00〜の一斉スタート 無休 予約は公式HPから。2021年12月のオープン。

kyotodayori-illust03
お茶とお菓子のペアリングコース¥5,500は月替わりの茶菓懐石。5種の和菓子とペアリングしたカクテルや日本茶を味わう。
お茶とお菓子のペアリングコース¥5,500は月替わりの茶菓懐石。5種の和菓子とペアリングしたカクテルや日本茶を味わう。
『かみ添』に別注した和紙に包まれた立礼茶室。
『かみ添』に別注した和紙に包まれた立礼茶室。
カシスメレンゲをのせ、メープル黄身餡を包んだ香草きんとんなど、幾重にも味や食感が重なった菓子は、一口ごとに驚きがある。カクテルはノンアルコールも選べる。
カシスメレンゲをのせ、メープル黄身餡を包んだ香草きんとんなど、幾重にも味や食感が重なった菓子は、一口ごとに驚きがある。カクテルはノンアルコールも選べる。
1階の『T.T』はブティックに加えギャラリーも併設。
1階の『T.T』はブティックに加えギャラリーも併設。
福村龍太らの器づかいも美しい。
福村龍太らの器づかいも美しい。

美しい空間ともてなしで味わう、お茶とドリンクのペアリングコース。

 新しく注目を集めるのは『立礼茶室 然美』。惜しくも急逝したデザイナー髙橋大雅が作りあげた総合芸術空間作品『T.T』の上階にあり、月替わりの茶菓懐石が楽しめる。洋のニュアンスをも纏った5種類の和菓子とペアリングで味わう茶やカクテルは、端正な空間やもてなしと相まって非日常へ誘ってくれるのだ。

 

edit & text : Mako Yamato illustration : Junichi Koka

Latest Issue大人になったら選びたいもの、こと。2022.09.20 — 880円