Interior

二間続きの和室をリビングに。古い家の面影を残した和洋折衷スタイル。【築43年の昭和の一軒家、和を残しつつ北欧テイストのDIY改装。】February 13, 2023

2023年1月20日発売の『&Premium』の特集「楽しく部屋を、整える」で紹介した、フリーライターの桒原さやかさんとスウェーデン人の夫、オリバー・ルンドクイストさんが長女の春ちゃん、長男の明ちゃんと住む家。古い家を手に入れ自分たちの手で改装。〝北欧のように〞を叶えるコツを、部屋の空間ごとに聞きました。次は北欧と和のテイストが調和したリビング。

ストーブの右手、組子に装飾が施された障子は以前からあったもので、家の”個性”だからと残した。ちゃぶ台のような〈アクタス〉の「F1テーブル」はメルカリで入手して。北欧 DIY改装 北欧、暮らしの道具店 イケア 『北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし』 (ワニブックス) 、『家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方』 (オレンジページ) 桒原さやか フリーライター・エッセイスト オリバー・ルンドクイスト
ストーブの右手、組子に装飾が施された障子は以前からあったもので、家の”個性”だからと残した。ちゃぶ台のような〈アクタス〉の「F1テーブル」はメルカリで入手して。

Living Room

畳サイドとフローリングサイドを 作り、古い家の面影を残す。

 リビングルームにした二間続きの和室の改装は、「ほかの部屋より落としどころに少し悩んだ」とふたりは言う。家のあちこちを順に改装するうち、「せっかく古い家を購入したのだから、その面影を一掃してしまうことがもったいない」と思い始めたからだそうだ。
 そこで辿り着いた結論が、二間のうち一方を畳敷きのままに、もう一方をフローリングにすること。他の部屋なら床柱や長押なども真っ白にペイントするところ、この二間では手を加えないことも決めた。その上で間の襖を外してひと続きにし、広さを確保。冬はマイナス10℃まで下がる松本では欠かせない薪ストーブを床の間に設える、和洋折衷の空間を完成させている。

和室らしさを残しながらも、椅子やアートで北欧の雰囲気をプラス。掛け軸のように垂らしているのは、主にヘルシンキで活動するテキスタイルデザイナー・島塚絵里の作品。北欧 DIY改装 北欧、暮らしの道具店 イケア 『北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし』 (ワニブックス) 、『家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方』 (オレンジページ) 桒原さやか フリーライター・エッセイスト オリバー・ルンドクイスト
和室らしさを残しながらも、椅子やアートで北欧の雰囲気をプラス。掛け軸のように垂らしているのは、主にヘルシンキで活動するテキスタイルデザイナー・島塚絵里の作品。

UNDER CONSTRUCTION

さすがに自分たちの手に負えなかった薪ストーブの設置は、地元の職人に依頼。プロの手に委ねるべきは見極めて。
さすがに自分たちの手に負えなかった薪ストーブの設置は、地元の職人に依頼。プロの手に委ねるべきは見極めて。
砂壁は漆喰で塗装。「市販の『漆喰うま〜くヌレール』を使ったら、何とかできました」とさやかさん。
砂壁は漆喰で塗装。「市販の『漆喰うま〜くヌレール』を使ったら、何とかできました」とさやかさん。
DKの改装を経て慣れてきたこともあり、畳からスギ板への張り替えは1日で。青いのは断熱材でネット購入も可能。
DKの改装を経て慣れてきたこともあり、畳からスギ板への張り替えは1日で。青いのは断熱材でネット購入も可能。

A FAMILY'S DIY RENOVATION

北欧でベーシックカラーといえば、白。インテリアなら、まず壁を白くし、そこにウッディベージュを加え、ややくすんだきれい色をトッピングすると”北欧風”になる。北欧 DIY改装 北欧、暮らしの道具店 イケア 『北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし』(ワニブックス)、『家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方』(オレンジページ)桒原さやか フリーライター・エッセイスト オリバー・ルンドクイスト
北欧でベーシックカラーといえば、白。インテリアなら、まず壁を白くし、そこにウッディベージュを加え、ややくすんだきれい色をトッピングすると”北欧風”になる。
 

知識より大切なのは楽しむこと。
失敗も心地よさでカバーできる!

 桒原さやかさんとオリバー・ルンドクイストさんは築43年の家を自ら改装しながら住んでいる。暮らしの手本は、結婚後に住んだ北極圏に位置する街、ノルウェーのトロムソの人々。
「誰もが、家が心地いいものであることにこだわっていました。とくに極寒の冬は家に籠もりがちになるからのようで、楽しみや暮らしやすさのためにDIYや改装を繰り返します。そうやって家を自分たちにぴったりのカタチに近づけていくんです」とさやかさん。オリバーさんによれば「北欧の人はなんでも自分で決めたい」のだとか。「納得する家づくりのため、面倒なんて平気、完璧かどうかも気にしません」
 2017年、日本に帰国して住む先に選んだのは「自然が近く北欧に似ていた」長野県の松本市。借家を経て、昭和の古い一軒家を購入。知識がなくても「YouTubeを見れば何とかなる(実際何とかなった!)」と、暮らしながら改装に取りかかった。古い家を選んだのは、格安だったのと、「大工さんが手がけたしっかりとした造りの昔の家を残したい」という思いから。トライ&エラー多めでようやくいい感じに仕上がってきて、3度目の冬を迎えている。

 
1階に6部屋、2階に3部屋あった家を4LDK+クローゼット&洗濯室に。ストーブの設置、窓ガラスの入れ替え以外のほとんどを家族で改装。裏山には畑も作った。北欧 DIY改装 北欧、暮らしの道具店 イケア 『北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし』(ワニブックス)、『家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方』(オレンジページ)桒原さやか フリーライター・エッセイスト オリバー・ルンドクイスト
1階に6部屋、2階に3部屋あった家を4LDK+クローゼット&洗濯室に。ストーブの設置、窓ガラスの入れ替え以外のほとんどを家族で改装。裏山には畑も作った。
 

桒原さやか Sayaka Kuwabara 
フリーライター・エッセイスト

オリバー・ルンドクイスト Oliver Lundquist 
フリーWEBディベロッパー

〈イケア〉〈北欧、暮らしの道具店〉で働いていたさやかさんとオリバーさんは同僚として出会い、結婚。ノルウェーで暮らした後に帰国し、松本に居を構える。著書に『北欧で見つけた気持ちが軽くなる暮らし』(ワニブックス)、『家族が笑顔になる 北欧流の暮らし方』(オレンジページ)。

photo : Mai Tanaka illustration : Shinji Abe (karera) edit & text : Koba.A

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円