Nichiyohin

〈スタジオドーナツ〉主宰・北畑裕未さんが愛用する、使い方を限定しない余白のある日用品。June 25, 2023

毎日使う道具や日用品、家具、そして日々を過ごす部屋を飾るもの。2023年6月7日発売のMOOK『&Interior / 住まいに、美しいものを』では、『&Premium』がこれまでに取材してきた、愛おしいものに囲まれてセンスよく暮らす人たちの住まいや、美しくて使い勝手もいい日用品リストなどを一冊にまとめました。ここでは、〈スタジオドーナツ〉を主宰する北畑裕未さんの愛用する日用品を紹介します。

CD ラジカセ「P-CASE」_パナソニック スタジオドーナツ 北畑裕未

CD ラジカセ「P-CASE」_パナソニック
プロダクトデザイナーの西堀晋がパナソニック在籍中にデザイン。「飽きのこないシンプルさが気に入ってかれこれ25年ほど使っています。ものを選ぶときは、無意識に素材感を重視しているかも。これはマットな質感が気に入っています。古い電化製品ですが、CDもラジオも聴くのでこういう一体型のラジカセが便利ですね」と北畑裕未さん。

自由に使って、作り手の意図を理解したい。

店舗やプロダクトのデザインを手がける北畑裕未さん。もの選びは空間全体のバランスを考えるところから。「まずは見た目。主張が強すぎると置き場所に困るから、シンプルなものがいい。ビジュアルより、使い勝手を優先して選ぶことはほぼないですね。だから、思っていた以上に便利だとわかると気分がよくなります」。使い方を限定しない余白のあるものが好き。場所や場面を問わずに使うことで、思わぬ発見をすることも。「〝こういうことを想定してデザインしたのかな〞とか、作り手の想いがなんとなくわかるとうれしいですね」

スチールハンガー_ワカワカ
アウター掛けとして使用しているハンガーは、ロサンゼルスを拠点に活動する奥田慎一郎によるブランド〈ワカワカ〉のもの。一点ずつ手作業で作られ、線画のような美しさ。「左右の肩の部分の長さを微妙に変えて、バランスをとっているのがすごい。真鍮ではなくスチール製というのも私にとってはミニマムな感じがしてちょうどいいんです」

スチールハンガー_ワカワカ
アウター掛けとして使用しているハンガーは、ロサンゼルスを拠点に活動する奥田慎一郎によるブランド〈ワカワカ〉のもの。一点ずつ手作業で作られ、線画のような美しさ。「左右の肩の部分の長さを微妙に変えて、バランスをとっているのがすごい。真鍮ではなくスチール製というのも私にとってはミニマムな感じがしてちょうどいいんです」

テープライター_ペンコ
壁紙やファブリックなどこまごまとしたサンプルはボックスに入れ、ラベリングして管理している。その時に活躍するのが、シールに文字を打ち込めるテープライター。「余計なものが付いていなくて、機能がシンプル。たまに文字の間隔が一定にならないこともあって、愛嬌のあるところもいいですね」。テープの色は種類豊富で北畑さんはクリアを愛用中。

テープライター_ペンコ
壁紙やファブリックなどこまごまとしたサンプルはボックスに入れ、ラベリングして管理している。その時に活躍するのが、シールに文字を打ち込めるテープライター。「余計なものが付いていなくて、機能がシンプル。たまに文字の間隔が一定にならないこともあって、愛嬌のあるところもいいですね」。テープの色は種類豊富で北畑さんはクリアを愛用中。

ハンドル付きシェーカーボックス_井藤昌志
シェーカー教徒が生み出した楕円形木箱を木工作家の井藤昌志が忠実に踏襲しつつ、ハンドルを付けた。北畑さんが選んだのはクールなブラックだが、木の温もりも感じられる。「持ち運びできるシェーカーボックスは珍しくて、キャンプに持っていくことも。ハンドルは固定ではないので、使わないときは本体に沿って倒せるところもいいですね」

ハンドル付きシェーカーボックス_井藤昌志
シェーカー教徒が生み出した楕円形木箱を木工作家の井藤昌志が忠実に踏襲しつつ、ハンドルを付けた。北畑さんが選んだのはクールなブラックだが、木の温もりも感じられる。「持ち運びできるシェーカーボックスは珍しくて、キャンプに持っていくことも。ハンドルは固定ではないので、使わないときは本体に沿って倒せるところもいいですね」

 
トイレットペーパーホルダー_スタジオドーナツ
ペーパーを横からさっと通すだけで簡単にセットでき、予備も置ける横長タイプ。「ホテルやレストランなどのトイレで使うことを想定して作ったオリジナルプロダクト。携帯電話やアロマキャンドルなど、ちょっとしたものが置ける棚板がさりげなく機能的。グリーンを飾っても素敵です」。空間で浮かないホワイト、ベージュ、グレーの3 色展開。

トイレットペーパーホルダー_スタジオドーナツ
ペーパーを横からさっと通すだけで簡単にセットでき、予備も置ける横長タイプ。「ホテルやレストランなどのトイレで使うことを想定して作ったオリジナルプロダクト。携帯電話やアロマキャンドルなど、ちょっとしたものが置ける棚板がさりげなく機能的。グリーンを飾っても素敵です」。空間で浮かないホワイト、ベージュ、グレーの3 色展開。

オフィスチェア「.04」_マールテン・ヴァン・セーヴェレン
背座が一体となったシェルが滑らかな曲線を描く、スリムな椅子。一見硬そうに見えるシート部分は弾力性のあるポリウレタン製で、体の動きに合わせて柔軟にしなる。「人間工学に基づいた作りで、長時間座っていてもストレスフリー。キャスター付きで便利です」。写真のグレーのほか、ミントやマンゴー、ブライトレッドなど鮮やかな色もラインナップ。

オフィスチェア「.04」_マールテン・ヴァン・セーヴェレン
背座が一体となったシェルが滑らかな曲線を描く、スリムな椅子。一見硬そうに見えるシート部分は弾力性のあるポリウレタン製で、体の動きに合わせて柔軟にしなる。「人間工学に基づいた作りで、長時間座っていてもストレスフリー。キャスター付きで便利です」。写真のグレーのほか、ミントやマンゴー、ブライトレッドなど鮮やかな色もラインナップ。

レザースリッパ_トートーニー
一枚革で、つま先部分だけ縫製して作ったシンプルな室内履き。素足で履いても気持ちがいいように革の表面を内側に、滑りにくくするため革の裏面を外側に。「軽くて薄いので、持ち運びも収納もしやすい。オフィスではお客様用のスリッパとして使っています」。ブラックのほかピンクやライトブルーなど全6 色。5Sから3Lまでサイズも豊富。

レザースリッパ_トートーニー
一枚革で、つま先部分だけ縫製して作ったシンプルな室内履き。素足で履いても気持ちがいいように革の表面を内側に、滑りにくくするため革の裏面を外側に。「軽くて薄いので、持ち運びも収納もしやすい。オフィスではお客様用のスリッパとして使っています」。ブラックのほかピンクやライトブルーなど全6 色。5Sから3Lまでサイズも豊富。

photo : Jun Nakagawa text : Mariko Uramoto


〈スタジオドーナツ〉主宰 北畑 裕未

 〈ランドスケーププロダクツ〉から独立し、2015年に鈴木恵太とともに〈STUDIO DOUGHNUTS〉を立ち上げる。『FOOD & COMPANY』や『the Blind Donkey』などの店舗デザインのほか、オリジナルプロダクトの開発も。

studio-doughnuts.com

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円