Food

その日の気分で様々に楽しめるバリエーション豊かなメキシコの朝タコス。April 30, 2023

2023年4月20日発売の特集「朝を楽しむための28のこと」。陽射しを浴びたり、深呼吸したり、散歩したり、ゆったりと朝食をとったり……。さまざまな視点から、朝を楽しむための28のことを特集しています。丁寧に自炊をして朝食を楽しむのももちろんいいけれど、たまには朝からゆっくり店で食事をするのいい。ここでは、友人や家族と外で朝食をとる文化があるメキシコの本場のタコスが楽しめる専門店『ロス・タコス・アスーレス』を紹介します。

メキシコの朝タコス。朝を楽しむための28のこと。 ロス・タコス・アスーレス

好みのタコスとサボテンジュース。 現地の朝ごはんを旅気分で。

友人や家族と外で朝食をとる文化があるメキシコ。なかでもタコスとフレッシュな果物や野菜のジュースは、おにぎりとお味噌汁のような身近な朝食メニュー。タコス専門店『ロス・タコス・アスーレス』では、オリジナリティ溢れる本場のタコスを味わうことができる。搾りたてのサボテンジュースとともに、メキシコ気分を体感してみては。

『ロス・タコス・アスーレス』

メキシコ人オーナーのマルコ・ガルシアさんが伝えるのは、その日の気分で様々に楽しめるバリエーション豊かな本場のタコス。ブルーコーンを店内で自家製粉し、焼きたての香ばしいトルティーヤで具材を包んで出すという現地でもなかなかない本格派だ。豚肉を低温調理したメキシコの定番料理「カルニータス」をカリッと仕上げてオリジナルの味にアレンジするなど、具材にも手間をかける。手作りのサルサで食すタコスは、さっぱりしたサボテンジュースとの相性も抜群。

Los Tacos Azules

左から、レンコンチョリソー、しらすのオムレツ(2個)各¥570、カルニータス¥700。自家製のサボテン・ジュース¥850。▷東京都世田谷区上馬1‒17‒9 ☎03‒5787‒6990 9:00~15:00(土日~16:00) 月火休

photo : Norio Kidera text : Asuka Ochi

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円